新規でお店を開店されるお客様よりご依頼があり店舗用引戸の工事依頼が入りました。内装はスケルトンで今から大工や電気工事店を入れてお店を仕上げて行く段取りです。何はなくても入口ドアが無い事には、防犯上も良くないので一番最初に必要な工事ですね。本日は店舗用引戸を施工した施工実績となります。よろしくお願いします。

大牟田市のガラス屋。窓ガラス修理交換、サッシ修理、窓リフォーム、店舗引戸工事、内窓取付施工、玄関リフォーム、雨戸修理交換、窓シャッター後付け施工、フロアヒンジ交換、丁番修理調整、ドアノブ交換、ドアクローザー修理調整、窓とドアの事ならドアードへ!

店舗には引き戸が良い?ドアタイプが良い?

店舗を新たに開店する場合、物件によって入口にドアや引戸が取付けられている事は極一般的です。しかし、店舗のコンセプトやイメージと異なる”入口”を変更したいと希望される方も少ないないと思います。今回の現場の様に商店街のケースであれば入口ドアがそもそも設置されておらず入居者がリフォーム工事を行う前提のスケルトン仕様も意外に多く存在ます。

この時に悩むのが、入口を引戸タイプにするかドアタイプにするかです。費用面や耐久性、お店のイメージ等を検討する事になると思いますが、業者としての参考意見を述べてみますので参考にしてみて下さい。

お店のイメージ

使用する部材により大きく変わります。一般的には引き戸は和風、ドアは洋風のイメージですが、予算が限られてくると選べる商品も見た目が安っぽくなってきます。ターゲット層にもよって異なりますが高級感を演出するのであればデザイン重視のドアが良いと思います。引き戸もデザイン重視で選ぶ事が出来ますが意外と種類が限定されています。イメージを演出される場合はドアがお勧めです。

費用面

今回採用した店舗用引戸は費用的にも抑える事ができ且つシンプルで意外と人気です。ドアや引戸を設置する部分の間口もドアにするか引き戸にするかを決める重要なポイントとなります。今回の現場は下記の様に間口が広く開いています。

この様な間口の現場に入口ドアを設置しようと考えると、大工さんに造作してもらい壁を作らなければならなくなります。そうなると新たなコストが発生してしまうので、このくらいバーンと開口が開いているのであれば迷わずに引戸で検討される事をお勧めします。退去時の原状回復にもコストがかかりますのでできればあまり手を加えずにおくほうが良いのではないでしょうか。

耐久性

新たに設置される入口なので10年程度は特に故障もなく使用出来ると思われます。ドアの場合はドアノブやドアクローザ、丁番が故障しやすい部品です。また引戸の場合だとサッシの開閉が重くなる故障があります。戸車と言われる部品が原因ですがやはり10年未満で故障する事は稀です。

業者としての経験則でお伝えすると引戸の方が故障は少ないと思います。特に店舗用引戸は重量も軽いのであまり部品に負荷がかかりません。”長持ち”と言う部分では引戸に軍配があがりそうです。

店舗引戸の新規設置工事代金は?

今回の店舗用引戸の工事費は約14.5千円(税込み)でした。3枚建ての引戸でLIXIL製を使用しました。店舗用引戸は引き戸の枠と障子(横に動くサッシ)がセットになっていて、障子の中身であるガラスやアルポリックと言う素材は別途の費用となります。

見積り項目としましては

1.店舗用引戸枠・障子セット(3枚建て)

2.障子上部、4mm型板ガラス(3枚分)

3.障子下部、アルポリック(3枚分)

4.サッシ枠、障子組立費

5.取付施工費

6.障子建て込み調整費

7.諸経費

この様な項目になってきます。

店舗引戸施工

【店舗用引戸、枠の取付け】

コンクリート用ビスでレール部分を設置している写真です。

手順としては、もともと大工さんが入口用間口を作製くれていたのでそのサイズで商品を発注し枠を取付けます。引き戸部分の障子を組み立てるのですが、別途用意したガラスとアルポリックをグレチャン納まりで組立3枚の障子を作って行きます。

下の写真がその障子と言われるものです。

枠をしっかりと取付次に障子を枠に建て込んで行きます。

戸車の調整や鍵のかかりの調整を行います。障子を開け閉めして問題なく動くかなど細かくチェックし工事完成です。

まとめ

本日は店舗用引戸の設置工事の施工実績を掲載しました。こちらのお店では飲食店を始められるという事です。複数店舗経営されているらしく新規オープンの段取りも慣れていらした様で色々な業者さんと打ち合わせの電話がひっきりなしにかかっていました。工務店を入れればコスト高になるのでご自身で業者を手配し分離発注されてるのではとお見受けしました。新規オープンには数百万円~数千万円のコストがかかると言われています。この辺りの経費分配も成功には欠かせないノウハウなんだろうな~と思いながら作業をしていました。商売繁盛・成功をお祈りしています。

「あまり長く住まないので雨戸の交換などはしたくない!出来るだけ安く雨戸修理をして欲しい!」この様なご要望でお問合せを頂きました。詳しくお話を聞いて行くと、現在関西にお住いの娘さんからのお問合せで、八幡西区のご実家の雨戸を修理して欲しいとの事。実家にはお父様が一人で暮らされており高齢の為、あとどのくらい実家で生活するかも分からないと言う趣旨のお話しです。もしかしたら施設に入ったり自分か福岡に住む妹の家で一緒に暮らすかもしれないと含みを持たされていました。その様な状況で何故雨戸を修理されるのか?と疑問をもったのでお聞きすると、お父様の習慣で就寝時には雨戸を閉められるご様子で、その際、雨戸の開け閉めがかなり大変そうなので「可哀そう」と姉妹で話し合いの末、雨戸修理の出来る業者を探されていると言う事です。なるほどなるほど、、全て理解出来ました。そういう事で、まずは雨戸の現状を拝見しに八幡西区のご実家に伺いました。

八幡西区のガラス屋。窓ガラス交換修理、サッシ修理交換、ドア修理、ドアノブ交換、雨戸修理、雨戸交換、窓シャッター後付け工事、ドアクローザ―交換調整、網戸修理(網戸作製・張替え)、玄関ドア交換、窓リフォーム、浴室ドア交換修理、窓とドアの事ならドアードへ!

雨戸修理の故障原因は何が多い?

今回は雨戸の戸板が走るレール部分の破損でしたが、実際に現場対応をする中で雨戸の故障原因となるものをまとめて見ました。

雨戸戸車の故障

一番多い雨戸の故障と言えば戸車です。雨戸は雨戸の枠が窓の回りに取り付けられていて、その枠を戸板と言われる雨戸の板が2枚~4枚程度横に移動して雨風を防ぐ働きをします。その戸板に下部分にはレールを走る為の戸車と言う滑車が取付けられています。この戸車が経年劣化で壊れる事が原因で戸板の滑りが悪くなり修理が必要なケースがあるのです。15年~20年ぐらいで発生する不具合ですが戸車を交換すれば問題は解決します。

雨戸の建付け

雨戸の建付けとは戸板の動きや状態が戸車もしくは戸車以外の要因で悪くなる事です。戸板が少し傾いてしまい、本来であれば隙間なく閉まらなければならない戸板同士に隙間が開いてしまったり、戸板がレールから外れてしまう症状や、戸車は悪くないのに戸板が枠にひっかかる状態などを”雨戸の建付けが悪い”といいます。その原因により修理方法は多様ですが、雨戸を交換しなければならない事態に発展する事もあります。

雨戸レールの不具合・破損

今回ご依頼頂いた八幡西区の現場もそうだったのですが、雨戸枠のレールが破損する事もあります。使用頻度や老朽化によるもので、通常は雨戸枠の破損や劣化で修理する事はあまりありません。原則雨戸交換が一般的なな解決方法です。ただ、当社の方では”補修工事”も得意としていますので「どうしても低予算で・・」という事であればレールの再生なども行います。

ロックの不具合

雨戸の戸板にはロックする鍵が取付けられています。その鍵部分が壊れてしまい鍵がかからなくなる不具合があります。鍵に関しても取替出来る事が多いですが経過年数によってはメーカー側で部品供給が出来なくなっている可能性もありますので一度調べてみる必要があります。鍵の部品さえあれば交換は簡単な事が多くDIYで解決できるのではないでしょうか。

雨戸修理の施工写真

八幡西区で2ヶ所の雨戸枠破損と戸袋外れを補修しました。

【雨戸修理施工前写真】

上記の写真は戸板が収まる”戸袋”です。本来はレールと一体になっていなければならないのですが、レールの破損により戸袋部分も外れてしまった様です。現地調査に伺った際は地面に置いてありました。

破損したレールです。これでは戸板を仕舞う事も出来ないですし、高齢者の方が使用するには少々危険です。何かの拍子にレールが外れ戸板ごと倒れかかって来る可能性もあります。逆にこの様な状況で使用出来ていたのかもちょっと疑問でしたが、当日は関西から帰省された娘さんと福岡にお住いの妹さんの立ち合いで詳しい使用方法は聞き取り出来ませんでした。

【雨戸修理施工後写真】

レール部分を新しくして行きます。使用出来るレールはそのまま使い、戸袋部分も定位置に戻して下から支えを当てて補強して行きました。

戸袋はしっかりと支柱で支え固定しました。

施工完了です。

戸袋部分とレール部分をしっかり繋いで戸板の動きなど細かくチェックし問題なしです。再生部分の新旧繋ぎ箇所には少々段差がありますが使用する上では全く問題ありません。

「わ~凄い!綺麗に直りましたね!」と大変お喜び頂けました。

雨戸修理を安く行うポイント

今回たまたまネットで当社を見つけて頂きご対応させて頂きましたが、そもそも「サッシ屋」と言われる業態の業者に問い合わせしても中々”補修工事”の対応をしてくれない事が知られています。

「サッシ屋」はサッシ(新品)を販売するのが最も重要な仕事なので原則はサッシ交換、今回の場合では「雨戸交換」をお客様に勧める事が予想されます。もちろんお客様のニーズが雨戸交換であれば良いのですが、「雨戸交換はしたくない、修理で安く済ませたい」方とはミスマッチと言わざるを得ません。雨戸の修理をご希望のお客様はまず、”修理の対応が可能なのか?”と言う点を強調して業者を探した方が無駄な時間を使わずに希望する業者に相談出来る可能性が上がります。もちろんサッシ屋の中でも当社の様に修理が得意な業者もいますので地元の業者に色々電話でお問合せすれば雨戸の修理を安く行ってくれる業者が見つかると思います。ネットで検索する場合は、あなたの家の近くに所在地がある業者なのかを調べてから電話をしましょう。

まとめ

本日は八幡西区で行った雨戸修理の施工実績と雨戸修理に関しての情報を記事にまとめました。参考にして頂ければ何よりです。

雨戸交換リフォームはコチラからご覧下さい。

昨日門扉のリフォームを行いましたので施工実績として掲載させて頂きます。

門扉と言っても玄関門扉ではなく、お庭から敷地を通って玄関に向かう門扉です。現況としましては錆び付いたフェンス門扉が設置されていました。別の工事を任せて頂く時に「可能であればこのフェンス門扉も新しくしたい」と言うご要望を頂き交換見積りを出させて頂きご注文頂きました。もともと犬を飼ってらしゃったらしく、犬が外に出て行く事を防止する目的で設置されていた様です。門扉は小さなお子さんがいらっしゃるご家庭やペットを飼われているご家庭でお問合せが多いエクステリア商品ですDIYも可能なので当施工例も是非参考にして下さいね。

直方市のガラス屋。窓ガラス交換、サッシ修理交換、ドア修理、ドアクローザ交換、ドアノブ修理交換、窓リフォーム、玄関ドアリフォーム、浴室ドア交換、アクリル板交換、内窓取付、網戸新規作製(修理・張替え)、フロアヒンジ交換、勝手口ドア修理、窓とドアの事ならドアードにお任せ下さい。

門扉リフォームの施工例

【施工前】

もともと設置されていた古いフェンス門扉の写真です。

ブロックにフェンス門扉の支柱が取付けられていましたのでブロックごと取り出して撤去しました。ブロックはハンマーで出来るだけ小さく砕いて土嚢袋に入れます。当社の様な業者は産業廃棄物として処分します。DIYで施工しようとされる方はブロックやガラの処分品は比較的処分が難しく極少量であれば処分可能な行政地区もありますが原則、自身で産廃業者に持ち込まなければならない可能性もあります。目星をつけておいた方がよいでしょう。

既存のフェンス門扉の写真右側にもフェンスが延びていますので新しい門扉には格子を追加で取付けて幅を確保します。

【格子】

格子を組み立てました。

通常の格子に左右支柱を取付けてそれらしくなりました。色味が同じなので1つの商品と言っても不思議ではない仕上がりになります。(のちほど)

【門扉の支柱取付】

レベル出しを行いモルタルで固定して行きます。地中にブロックが入っているので倒れる事はありません。

【門扉取付】

門扉を取付け完成して行きます。

先程用意した格子も取付しました。

最終的にジャリを敷き綺麗に仕上がりになりました。

門扉のリフォーム工程

門扉のリフォームを行う場合は、

1.既存門扉の撤去作業

2.新しい門扉の支柱レベル出し

3.支柱固定

4.扉取付

5.ハンドルや鍵などの取付調整

と、この様な工程になります。一番重要な項目は2と3です。しっかりと水平垂直を確認して支柱を固定する必要があります。ここさえ上手く出来れば扉の取付けやハンドルや鍵などの取付けは然程難しくありません。

門扉をリフォームするメリット

門扉は主に玄関に設置されていますが、門扉が古いままだと来客者の方が玄関ドアに行くまでに不便な思いをします。当社でいままで交換した門扉は、使用しない様にチェーンや針金で巻かれて開かない様に固定されていたり、門扉ハンドル部分が壊れて勝手に扉が開くので扉と支柱や、扉と扉に輪っかなどが掛けられて勝手に開かない処置がとられている物も多いです。玄関の一部である門扉がその様な状況だと言葉は良くありませんが率直に「古臭い」「貧乏くさい」印象は拭えません。

門扉をリフォームするという事は、来客者への配慮はもとより綺麗な住宅を演出できるワンポイントです。玄関ドアのリフォーム工事も流行っていますが、玄関ドアと同時、または玄関ドアよりも安価な門扉リフォームで玄関回りを綺麗に見せるメリットは大きいです。

まとめ

本日は門扉のリフォーム施工事例を掲載しました。門扉リフォームはDIYでも難易度が中の下レベルだと思います。自信のない方や綺麗に施工をされたい方は業者に依頼するのが確実かと思います。

福岡市中央区のオフィスビルのエントランス部分のフロアヒンジ交換を行いました。

こちらの現場はちょっとイレギュラーな現場でした。

通常フロアヒンジを交換する時に、トップピボットと言う部品も一緒に取り換える事があります。このトップピボットはフロアヒンジの真上で扉を支える軸の役割をしています。位置的には写真の所です。

中央区の現場では、通常はセットであるフロアヒンジとトップピボットが別のメーカーであるために、悪戦苦闘の末、収まった案件です。

福岡市中央区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

トップピボットを交換するケース

フロアヒンジを交換する時には、トップピボットを交換する事、もしくは交換せざるを得ない時があります。ご予算を抑えたいお客様には無理にトップピボットの交換をお勧めしません。フロアヒンジ本体とは別売りになっている事が大半なのであえてコスト高になる部品を注文する事はありませんし、トップピボットの不具合で扉の動作がおかしくなる事も殆どないからです(もちろんトップピボットに不具合であれば交換をお勧めします)。

この様な位置づけのトップピボットですが、どうしても交換しなくてはならないシチュエーションがあります。それは、トップピボットが固着して本来回転しなくてはならないネジが回転しない時です。

ちなみにトップピボットの実際の写真はこちらになります。

この部品が扉の上に設置されていて、「固定軸」と書かれている部分が扉に引っ掛かる事により扉が倒れてこない仕組みになっています。要はフロアヒンジとこの軸の2か所のみで扉は支えられていると言う事になります。とても大切な役割があるのです。

そして、扉を外してフロアヒンジを交換する為には、この「回転ネジ」の部分にマイナスドライバーを差し込み、回す事で、固定軸が動き扉がフリーの状態になる事で、扉を外すのですが、この”ネジが回らない”と言う事が多々あります。

体感ですが、3~4割はトップヒンジの内部で回転ネジと固定軸が固着しており軸が上がらない為に扉が外せない事態に遭遇します。

そういう時はどうするのかと言うと、軸をサンダーなどの工具を使用し切断するのです。そして扉を外した後にトップピボットを新しいものに交換し扉を収める作業工程となります。今回も現地調査の時に回転ネジの動きが悪かったのでフロアヒントとセットでトップヒンジも部品を取り寄せていました。所が、イレギュラーな事にフロアヒンジとセットになっているニュースター製のトップヒンジではなく、「大鳥機工」と言うメーカーのトップヒンジが取り付けられていました。

完全に”やられた”感じです。チェックミスといればチェックミスですが・・・反省です。

中央区のこちらの現場ではどうにかトップピボットのネジを回し扉が取り外せれば問題なく作業出来るのですが、トップピボットのネジが無情にも回りません。潤滑剤などを細かく何度も吹き付けましたがガンとして動く気配がありません。1時間以上は格闘したと思います。

そしてさらなる試練が、トップピボットの品番が分からないと言う事です。

品番の分からない部品は画像と各箇所のサイズで探す

材料屋さんに注文する時はメーカーと品番を聞かれます。今回のフロアヒンジはニュースターE140と言う物でしたが、トップピボットは刻印で「大鳥機工」という事は分かりますが品番が分かりません。この様な時は写真と各ネジ穴の間隔のサイズなどで同じような物を探すことになります。

ただ、扉もトップピボットのケースも外せない状況で細かなネジ位置や本体のサイズを測定するのは微妙に難しい作業です。取り敢えず同じ様な物を探し「ほぼほぼ間違いない」様な物を探して入手しました。

それでも、トップピボットを切断した後にやっぱり微妙に違って取付出来ない!とは行きません。後日改めて現場に入り慎重に同じトップピボットなのか検証して行きました。99%間違いないと判断。

フロアヒンジ施工実績

トップピボットを切断の前にもう一度回転ネジを回して見たところ、なんと「回りました」それも結構スムーズに。。前回の潤滑剤が一週間で効いたのか。。かなりラッキーな出来事です。せっかく新しい物もありますので、トップピボットとフロアヒンジを交換する工事を行いました。

【施工前】

フロアヒンジ本体は錆さびです。扉も取外しフロアヒンジ本体もケースから出して行きます。

かなり重量があるフロアヒンジで上下の固定部分がガッチリ噛んでいて中々外れませんでした。バールやハンマーを使用してどうにか本体の取り出しに成功。

油も出ていましたので綺麗にケース内を清掃して行きます。

フロアヒンジのケース内が綺麗になった所で本体を取付けます。

ちなみに重量が重いと言っていた本体はこの様な感じです。

鉄の塊ですね。一緒に作業をしていたスタッフが「船みたい」と言ってましたが、まさに船の様な重量感とその出で立ちです。

ケース内にガッチリ固定して動かない様にします。

トップピボットも新しい物に付け替えましたのでまた10年以上は安心かと思われます。

最後は扉をもとに戻し完了です。

まとめ

中央区のこちらの現場の扉も強化ガラスの大きなガラスが入っていました。重量を計算した所、56kg程ありました(ガラス重量の計算方法)二人で持てる重量でしたがガラスがむき出しなので注意が必要でした。下部に取り付けられている鍵も左右入れ替えをしバッチリ収まりました。トップピボットとフロアヒンジの相違が勉強になった現場でした。ありがとうございました。

元々はガラスの交換でお伺いしていたのですが、当社は住宅のメンテナンスであれば全て対応できますよ!とお伝えした所、「障子の張替えとドアの塗装も出来るのかしら?」とご相談されました。

もちろんどちらもご対応可能です!とお伝えし受注させて頂きました。

取り敢えず先にドアの塗装を終わらせて欲しいと言う事でしたので天気予報を確認し雨の降らない日程で工事予定を組みました。お客様より「塗装の時にこのボロボロの所も直せるかしら?」とご相談された部分。。

詳しく見てみると、ドアの下部、ドア本体から錆がボロボロと落ちてくる状態です。ドア表面の化粧板はどうにか無事でしたので「どうにかしましょう!」と言う事でパテ補修を行う事になりました。

春日市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

ドア塗装の工程

まずは、ドアを取り外します。

今回はドアの両面を塗装しますが、誠に残念ながら外側のドア塗装後の写真がありません。(撮り忘れていました汗)超綺麗に塗装できたので大変残念ではありますが、またの機会に撮影に行きたいと思っています。

ドアを取り外した次に、ドアに取り付けられている部品を取り外して行きます。

下の写真は部品を取り外す前、室内側の写真です。ドアクローザ・鍵、チェーン掛けなどがありますので塗装の時に邪魔になってしまいます。

ドア枠に取り付ける為の丁番も忘れずに外します。

画像の右下及び全体にドアが錆びている事が確認出来ます。右下は結構ひどい状態で錆がボロボロ落ちてきます。一部空洞化していました。

塗装をするにあたっては、現在の表面を研磨する必要があります。電動工具サンダーや細かい所はサウンドペーパーを使用して手作業でドア両面を磨いて行きます。

一度水で綺麗に洗い流し、一旦待機。

しっかり乾くまで待つ事になります。塗装の仕事は何度か上塗りをし綺麗に仕上げて行きますが、その度に待機をする事になり時間がかかる仕事です。

最初に下塗り用塗料を塗って行きます。

下塗り用塗料の役割は上塗り塗料との密着度を高める意味合いが大きくこの下地材を塗っていないと後から塗膜による塗料の剥がれる原因になったり塗料のノリが悪い原因になります。また素材の耐久性強化の期待もできますので塗装を行う時は必ず下地材を塗る様にします。

その後、乾燥時間を設けながら塗装工程を進めて行きます。

写真は、室内側の塗装が完了して乾燥させている状態です。錆が目立っていた所も綺麗になっていますね。

ドアのパテ埋め修理

先に塗装を行っている所を見て頂きましたが、同時にドア下部の錆びていた所もパテ埋め等の処理を行っていました。ちょっとそちらも説明しておきますね。

ドア本体の中身がかなり錆びて空洞化してた事は前述の通りですが、表面の化粧板とも乖離して行っていましたのでまずはそこの部分を接着する必要がありました。シール材を充填し圧着してます。ボロボロと剥がれる錆を十分に落としてパテ材をドア下部に施して行きます。

特に穴が空いていた部分には内部にパテを押し込めながら硬化パテを充填しました。

団子の様になっているパテですが後から綺麗にサンダーで形を整えて行きますのでご安心下さい笑。

パテと室内側の塗装が完了し塗装表面が乾いたタイミングでドアをドア枠に取り付けます。

最終的にドアの外側も綺麗に塗装し、ドアノブやドアクローザ、鍵などを取付けて完了となります。

まとめ

今回はドアの塗装とドアのパテ埋め補修作業の実績を記事にしました。このあと撮影者の私が別の現場に向かってしまったために最終仕上がりの写真を撮影できておらず大変残念です。作業スタッフには「塗装完了時の写真をお願いね!」と言っていたのですが、結果作業完了までに9時間(夕方18時30分)ほど時間がかかったので、ちょっと焦っていたようです。次回障子交換もさせて頂く予定なのでその際に完了写真を撮ってくると言ってました。

2019年12月、お客様より「大掃除を行っていた所、窓枠のパッキンの汚れが気になってどうすれば綺麗になるんだろう・・・と調べてみたらその汚れの大半が”カビ”と言う事が判明。大量にある窓枠のパッキンを全部綺麗にするためにはパッキン交換をした方が早いのではと思い問い合わせしました。窓枠のパッキンを交換する事は可能ですか?」

この様なお問い合わせが入りました。現場にお伺いし1階部分の窓枠ビート14窓の交換見積りを出させて頂きました。窓のタイプは様々で、大きめの掃き出し窓、中窓、欄間など1階部分の大半の窓のパッキン(ビート)汚れを気にされていました。それもそのはず、築年数こそ30年超えなのですが、内装は床やキッチン、壁紙クロスなど綺麗にリフォームされていてピカピカです。

お庭の手入れも行き届いており、庭木の剪定もスッキリ、お庭には色とりどりの砂利・石が綺麗に配分され敷き詰められています。

サッシの溝も新築並みに綺麗でほこり1つ付いてないです。確かにビートにカビが目立ちますね。。という事で必要なメーター数のビートをご用意して後日、窓枠ビート交換を2人で行いました。

大野城市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

掃き出し窓は全部で6窓、中残付きのサッシ枠をばらして行きます。

下記写真の様に横に寝かせてH(高さ)の框を外します。Hの框はどちらか1つ外すのですが、ガラスが抜きやすいように外さない方の框の上下ビスを軽く緩めておくのがポイントです。このビスが緩んでないとガラスを抜くのがかなり大変な作業となってしまいます。

サッシの溝幅とガラスの厚みで窓枠パッキン(ビート)を選定

ガラスの厚みとサッシの溝幅は多様です。一方、住宅用のサッシであればサッシ溝幅はおおむね9mm、11mmが多く、ガラスの厚みも3mm、4mm、5mm、6.8mmに収まる事が多いです。事前にサッシの溝幅とガラスの厚みを確認して適合するビートを選定します。

ガラスが割れたと交換に行くと、ガラスが撤去されておりビートだけよけてあるケースがあります。その時に「ゴムが切れているのでゴムの交換もして下さい。」と言われる事がありますが、ゴム(ビート)は角をわざと切っています。四方の角は上の写真の様にカットされているのが普通です。

本日は2人作業ですので切り台(作業台)を並べて作業を行いました。幸運にも車の通りも殆どない住宅街でしたので比較的作業は順調に進みました。

ガラスを浮かせてビートを交換して行きます。1窓にかかる時間はおよそ10~15分程度です。お客様が大掃除の残りはガラスとサッシの掃除だけ!とおっしゃっていたので、せっかくなのでサッシやガラスもガラスクリーナーを使って綺麗に拭きあげて差し上げました。

窓枠パッキン(ビート)交換に必要な道具

DIYでビートを交換したい方もいらっしゃると思います。既に記述した、サッシ溝幅とガラスの厚みが分かれば、ビートもネット販売されているみたいなので挑戦してみて下さい。その時の必要な道具ですが、サッシをばらす為にドライバー(インパクト)が必要です。後は、はさみ、もしくはカッターがあれば作業可能です。勿論ビートは必須です(笑)そうそう、作業用の手袋もお忘れなく。

下の写真は欄間(ランマ)です。欄間も4窓交換しました。掃き出し窓、中窓は3mmの透明もしくは4mmの型板ガラスでしたが欄間は2mmの透明でした。

下の写真は中窓です。

まとめ

14窓のビート交換とサッシ・ガラスの磨き作業を行いました。午前10時から作業を開始して終わったのが15時頃です。お会計の時に美味しいコーヒーを頂き色々お話しさせて頂きました。住宅の年季は入っているものの綺麗に手入れがされたお宅でした。自分の家もこれくらい綺麗にしたいと思った現場です。ご利用ありがとうございました。

福岡市西区でトイレに設置されているルバー窓のオペレーターハンドルと言う部品が取れかかっていて

その事が原因でルーバー窓がスムーズに開閉しないと言うご相談を頂きました。

築年数は約25年の分譲マンションでして「いろんな所にガタが来て困っているんですよね~」「先日もお風呂の蛇口が壊れて交換に4万円もかかったんですよね~もう大変!」と経年劣化による維持費に苦労されていらっしゃいました。

早速現場を拝見させて頂くと下の写真の様にオペレーターハンドルが取れかかっています。

写真では分かりずらいのですが実は中の稼働部品も少々曲がっていて(お客様が結構無理にルーバーを開閉されていた様なのでその事が原因かと考えられます。)いったん分解して内部の部品変形も直した上で組みなおす必要がありました。既設のネジ穴が大きくなっていて通常の取付は困難です。新しく大きめのビスを入れて固定し直す事にしました。

本来であればオペレーターハンドルそのものの交換をお勧する所ですが「蛇口の交換をして予算がない!」という事でしたので「応急処置」という事でご理解頂き、作業をさせて頂く事になりました。

【施工前】

【施工後】

とりあえず元に戻してルーバーの開閉も比較的スムーズになりました。お客様も「これでけ動けば大丈夫!あと10年は使えるでしょう?!」「いやいやお客様”応急処置”ですので・・・次悪くなったらオペレーターハンドルそのものの交換が必要ですよ。」とお伝えしました。

福岡市西区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

ルーバー窓オペレーターハンドルが取付けられている場所

オペレーターハンドルは最近でも広く住宅に普及している商品です。取付させている場所は

トイレ・浴室・廊下が多く、もちろん居室でも使用されています。明り取りと換気が行え、あまりスペースを必要としないので建築基準を満たす為、コストを抑える為にも必要な商品ですね。

ルーバー窓オペレーターハンドルの故障パターン

オペレーターハンドルの壊れるパターンとしては

・取付部分が外れてしまう

・内部部品の破損や変形

・ルーバーハンドルが重くて回らない

などが挙げられます、ある程度故障パターンは決まっていますが基本的に修理をするよりもオペレーターハンドル本体を交換する方が賢明です。

ルーバー窓オペレーターハンドルの耐用年数

耐用年数としては20年程度で壊れているようです。10年以内で故障しているオペレーターハンドルを今のところ見たことはありません。

それなりに長持ちというイメージですね。

ルーバー窓オペレーターハンドルの修理料金

オペレーターハンドルの修理料金ですが簡単な調整や補修で治る場合は10,000円前後です。

ただし本体交換になると本体(部品代)が必要になります。オペレーターハンドルは「住宅用」と「ビル用」があり「住宅用」は部品代が10,000円以内に収まることも珍しくありませんが「ビル用」になると2万円を超える事もあります。取付代は8,000円前後が一般的ではないでしょうか。

まとめ

本日はルーバー窓のオペレーターハンドルの修理とオペレーターハンドルに関してアレコレ記事にしてみました。お読み頂きありがとうございました。

戸畑区のお客様よりご入電を頂きました。

お客様「トイレの窓のクルクル回す窓があるでしょ?そのクルクル回す所が壊れてしまって。。。いくらで直せますか?」

私「クルクル回す窓はクルクル回すとガラスのひらいて換気が出来る窓でしょうか?」

お客様「そうです!そうです。いくらで修理出来ますか?」

この様なやり取りをさせて頂きました。基本的には拝見して見て見ないと分かりません。簡単な修理で終わるのか、オペレーターハンドルを交換しなくてはダメなのか。。「修理だけで終われば概算10,000円程度だと思いますよ。」この様にお伝えし「取り敢えず見積りは無料なので見積りだけお願いします」と言う感じでご訪問する事になりました。

戸畑区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

実際に現地に伺うと下記の様な状況のオペレーターハンドルを確認しました。お客様自身で試行錯誤、修理を試みた様ですが上手く行かずに当社にご連絡を頂いたと言う事です。

築40年程のマンションと言う事です。代替品を探す事も出来ますがお客様としては低予算で取り敢えず修理して欲しいと言うご希望です。幸いにも中の金具が曲がっているだけなので補修して上手く行く可能性はあります。

「お客様、取り敢えず調整修理の方向で作業させて頂きます。うまく行けば8,000円の修理費用で終わりますが最悪オペレーターハンドルそのものを交換しないと正常には動きません。最善を尽くしますので調整修理から作業させて頂いてもよろしいでしょうか?」

この様にお伝えし「やってみて下さい」と言う事で作業開始、下の写真が作業後の状況です。

ハンドル部分も組み上げて上手くルーバーと連動する事が出来ました。

まとめ

戸畑区でのオペレーターハンドル修理の実績を記事にしました。今回は上手く組み上げる事が出来ましたがこのパターンは基本的にオペレーターハンドルの交換になるケースが多いですね。お客様のご希望通りに作業できご満足頂く事が出来ました。

当社はガラスサッシ屋です。でも水道まわりの修理やリフォーム工事を行う事も可能です。博多区でドアクローザーの交換にお伺いした際に、ドアの塗装が剥がれて汚くなっているので、ついでに塗装とか出来ないですか?と言うご相談を頂きました。

では、ドアクローザーを取付する前に一度ドアの塗装を行いましょう。と言う事になり後日日程を調整し塗装工事に入りました。

【施工前の様子】

福岡市博多区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

塗装工事で一番大切な事は”養生”

この様に教わりました。プロの塗装屋は養生8割だそうです。本来塗装するつもりのない場所に塗料が付く事が一番最悪で取返しのつかない事態にもなりかねません。シールテープで際をしっかりガードしその上から養生用テープを貼付け2重にガードして行きます。床回りやクロスまわりもテープ付き養生シート マスカーを使用し広範囲に養生しました。

下塗り材シーラーで塗料の密着不良を防止

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_6854.jpg です

下塗り材を塗る前に既設の鉄扉ドアを綺麗にします。剥がれかかっている塗料やサビなどを”クリーニングディスク”などを使用し研磨します。ドア及びまわりの塗料する部分が綺麗になった所で下塗り材(シーラー)を塗って行きます。このシーラーは生地の塗料吸い込み防止(塗ムラ防止)の役目もありますが、今回は鉄扉なので塗料の密着不良を防ぐ目的で使用しています。

二度塗り目

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_6855.jpg です

通常はシーラーが一度目の塗装としてカウントされますので実際の中塗りは2度目の塗装と言う所です。ただ当社は塗装がメインのお仕事ではないので徹底的に綺麗になるまで塗って行きます。綺麗になるまでとは、塗ムラなどが無く表面が美しい仕上がりになるまでです。写真の状態では、まだまだ”ムラ”があります。

三度塗り(上塗り)

かなり綺麗になりました。ローラーと刷毛で丁寧に塗装。

鉄扉ドアの塗装完成

養生シートなどまわりの物を全て撤去しました。 最終的には4回塗って完成です。お客様からも凄く綺麗になって黒から白にしてもらったので玄関が明るくなった!とお喜びを頂けました。

まとめ

こちらの現場は午前中10時から工事に入らせて頂き16時頃に塗装完了しました。塗装→乾燥→塗装→乾燥と繰り返しますのでそれになりに時間がかかってしまいます。肝心のドアクローザー交換工事は後日行う事にし当日は現場を後にしました。ご利用ありがとうございました!