google-site-verification=bRF_7Ofs8-iRkrWNNQS-vjRrcIz_PbsaOpWS7ruyOrg

福岡市西区でトイレに設置されているルバー窓のオペレーターハンドルと言う部品が取れかかっていて

その事が原因でルーバー窓がスムーズに開閉しないと言うご相談を頂きました。

築年数は約25年の分譲マンションでして「いろんな所にガタが来て困っているんですよね~」「先日もお風呂の蛇口が壊れて交換に4万円もかかったんですよね~もう大変!」と経年劣化による維持費に苦労されていらっしゃいました。

早速現場を拝見させて頂くと下の写真の様にオペレーターハンドルが取れかかっています。

写真では分かりずらいのですが実は中の稼働部品も少々曲がっていて(お客様が結構無理にルーバーを開閉されていた様なのでその事が原因かと考えられます。)いったん分解して内部の部品変形も直した上で組みなおす必要がありました。既設のネジ穴が大きくなっていて通常の取付は困難です。新しく大きめのビスを入れて固定し直す事にしました。

本来であればオペレーターハンドルそのものの交換をお勧する所ですが「蛇口の交換をして予算がない!」という事でしたので「応急処置」という事でご理解頂き、作業をさせて頂く事になりました。

【施工前】

【施工後】

とりあえず元に戻してルーバーの開閉も比較的スムーズになりました。お客様も「これでけ動けば大丈夫!あと10年は使えるでしょう?!」「いやいやお客様”応急処置”ですので・・・次悪くなったらオペレーターハンドルそのものの交換が必要ですよ。」とお伝えしました。

福岡市西区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

ルーバー窓オペレーターハンドルが取付けられている場所

オペレーターハンドルは最近でも広く住宅に普及している商品です。取付させている場所は

トイレ・浴室・廊下が多く、もちろん居室でも使用されています。明り取りと換気が行え、あまりスペースを必要としないので建築基準を満たす為、コストを抑える為にも必要な商品ですね。

ルーバー窓オペレーターハンドルの故障パターン

オペレーターハンドルの壊れるパターンとしては

・取付部分が外れてしまう

・内部部品の破損や変形

・ルーバーハンドルが重くて回らない

などが挙げられます、ある程度故障パターンは決まっていますが基本的に修理をするよりもオペレーターハンドル本体を交換する方が賢明です。

ルーバー窓オペレーターハンドルの耐用年数

耐用年数としては20年程度で壊れているようです。10年以内で故障しているオペレーターハンドルを今のところ見たことはありません。

それなりに長持ちというイメージですね。

ルーバー窓オペレーターハンドルの修理料金

オペレーターハンドルの修理料金ですが簡単な調整や補修で治る場合は10,000円前後です。

ただし本体交換になると本体(部品代)が必要になります。オペレーターハンドルは「住宅用」と「ビル用」があり「住宅用」は部品代が10,000円以内に収まることも珍しくありませんが「ビル用」になると2万円を超える事もあります。取付代は8,000円前後が一般的ではないでしょうか。

まとめ

本日はルーバー窓のオペレーターハンドルの修理とオペレーターハンドルに関してアレコレ記事にしてみました。お読み頂きありがとうございました。

戸畑区のお客様よりご入電を頂きました。

お客様「トイレの窓のクルクル回す窓があるでしょ?そのクルクル回す所が壊れてしまって。。。いくらで直せますか?」

私「クルクル回す窓はクルクル回すとガラスのひらいて換気が出来る窓でしょうか?」

お客様「そうです!そうです。いくらで修理出来ますか?」

この様なやり取りをさせて頂きました。基本的には拝見して見て見ないと分かりません。簡単な修理で終わるのか、オペレーターハンドルを交換しなくてはダメなのか。。「修理だけで終われば概算10,000円程度だと思いますよ。」この様にお伝えし「取り敢えず見積りは無料なので見積りだけお願いします」と言う感じでご訪問する事になりました。

戸畑区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

実際に現地に伺うと下記の様な状況のオペレーターハンドルを確認しました。お客様自身で試行錯誤、修理を試みた様ですが上手く行かずに当社にご連絡を頂いたと言う事です。

築40年程のマンションと言う事です。代替品を探す事も出来ますがお客様としては低予算で取り敢えず修理して欲しいと言うご希望です。幸いにも中の金具が曲がっているだけなので補修して上手く行く可能性はあります。

「お客様、取り敢えず調整修理の方向で作業させて頂きます。うまく行けば8,000円の修理費用で終わりますが最悪オペレーターハンドルそのものを交換しないと正常には動きません。最善を尽くしますので調整修理から作業させて頂いてもよろしいでしょうか?」

この様にお伝えし「やってみて下さい」と言う事で作業開始、下の写真が作業後の状況です。

ハンドル部分も組み上げて上手くルーバーと連動する事が出来ました。

まとめ

戸畑区でのオペレーターハンドル修理の実績を記事にしました。今回は上手く組み上げる事が出来ましたがこのパターンは基本的にオペレーターハンドルの交換になるケースが多いですね。お客様のご希望通りに作業できご満足頂く事が出来ました。

当社はガラスサッシ屋です。でも水道まわりの修理やリフォーム工事を行う事も可能です。博多区でドアクローザーの交換にお伺いした際に、ドアの塗装が剥がれて汚くなっているので、ついでに塗装とか出来ないですか?と言うご相談を頂きました。

では、ドアクローザーを取付する前に一度ドアの塗装を行いましょう。と言う事になり後日日程を調整し塗装工事に入りました。

【施工前の様子】

福岡市博多区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

塗装工事で一番大切な事は”養生”

この様に教わりました。プロの塗装屋は養生8割だそうです。本来塗装するつもりのない場所に塗料が付く事が一番最悪で取返しのつかない事態にもなりかねません。シールテープで際をしっかりガードしその上から養生用テープを貼付け2重にガードして行きます。床回りやクロスまわりもテープ付き養生シート マスカーを使用し広範囲に養生しました。

下塗り材シーラーで塗料の密着不良を防止

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_6854.jpg です

下塗り材を塗る前に既設の鉄扉ドアを綺麗にします。剥がれかかっている塗料やサビなどを”クリーニングディスク”などを使用し研磨します。ドア及びまわりの塗料する部分が綺麗になった所で下塗り材(シーラー)を塗って行きます。このシーラーは生地の塗料吸い込み防止(塗ムラ防止)の役目もありますが、今回は鉄扉なので塗料の密着不良を防ぐ目的で使用しています。

二度塗り目

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_6855.jpg です

通常はシーラーが一度目の塗装としてカウントされますので実際の中塗りは2度目の塗装と言う所です。ただ当社は塗装がメインのお仕事ではないので徹底的に綺麗になるまで塗って行きます。綺麗になるまでとは、塗ムラなどが無く表面が美しい仕上がりになるまでです。写真の状態では、まだまだ”ムラ”があります。

三度塗り(上塗り)

かなり綺麗になりました。ローラーと刷毛で丁寧に塗装。

鉄扉ドアの塗装完成

養生シートなどまわりの物を全て撤去しました。 最終的には4回塗って完成です。お客様からも凄く綺麗になって黒から白にしてもらったので玄関が明るくなった!とお喜びを頂けました。

まとめ

こちらの現場は午前中10時から工事に入らせて頂き16時頃に塗装完了しました。塗装→乾燥→塗装→乾燥と繰り返しますのでそれになりに時間がかかってしまいます。肝心のドアクローザー交換工事は後日行う事にし当日は現場を後にしました。ご利用ありがとうございました!