google-site-verification=bRF_7Ofs8-iRkrWNNQS-vjRrcIz_PbsaOpWS7ruyOrg

その他(窓・サッシ・フロアヒンジ)

ルーバーのオペレーター不具合


ルーバータイプのガラスの開閉に際しハンドルを回して操作するオペレータ。15年以上使用するとサビなどにより【固く】て回らなくなります。オペレーターの内部の稼働部分が折れてしまう事例も度々あります。一般では中々部品の注文も出来ません。お気軽にご相談下さい。

窓枠のゴム(グレチャン)交換

窓ガラスにとサッシに切れ目にゴム製の物があると思います。グレチャンやビートと呼びます。中にはコーキングと言うシリコンが打ってあるご住宅もあるのですが年数が経過するとカビで汚れているお宅が多いです。汚れだけならまだ良いのですが隙間が発生していた場合は注意が必要です。当然気密性も損なわれますしガラスにガタツキが出る事もあります。網入りガラスの場合は網(ワイヤー)の部分が錆て熱割れを起こす原因にもなります。早めに修理をする必要があります。

サッシの建付け調整・交換

サッシや建具の建付けが悪くなると窓やドアの開け閉めにストレスと感じる様になります。夏や冬の冷暖房の効率も悪くなるので建付けを調整する必要があります。サッシの建付けが悪くなる主な原因は戸車の不具合やサッシの枠の歪みもしくはサッシの歪みによる事が多いです。調整だけで終わる事が殆どです。

フロアヒンジ調整・交換

フロアヒンジは会社の玄関やコンビニ・店舗の入り口など多くの所で使用されています。扉の下部付根部分です。一日に多くの人が出入りする場所では10年以上も使用すると扉の開閉が勢いよく閉まったり、油漏れを起こす事もあります。フロアヒンジの不具合が原因で扉がしっかり閉まらずにそこに強い風で煽られて扉が壁に激突。扉のサッシが変形したりガラスが割れると言う事故も年間何件もご対応しています。扉の閉まりが悪くなったらフロアヒンジが原因かも。

アクリル板

アクリル板は浴室の折れ戸に多く使用されています。2~3mm程の厚みなので強く物が当たると「パキッ」と割れてしまいます。ガラスの様に飛び散る危険性は少ないものの割れ口は尖っていますので小さいお子さんなど大変危険です。アクリル板も在庫でストックしていますので迅速に交換可能です。

鏡の交換

鏡が割れて交換したい!という方よりもカルキで曇ったり腐食してカビの様な斑点が発生して交換を希望される方が多いです。洗面所や浴室の鏡には防湿ミラーと言う湿気に強く腐食を軽減できる鏡があります。お気軽にご相談下さい。

窓やドアの修理施工実績

トップページ

Posted by doorrd