ルーバー窓から窓の交換として縦すべり出し窓に交換される方は実に多くいらっしゃいます。マンションであればカバー工事で窓の交換ができます。木造住宅であれば既存窓枠ごと取っ払ってしまって新たな窓枠を設置し新しい縦すべり出し窓を建て付ける工事を行います。「納まり」は工事業者と施主であるお客様とで打合せを行いますが、中にはカバー工事に消極的なサッシ業者、枠交換が不得手なサッシ業者など業者によって特徴もあります。施主はそのあたりの知識を身につけサッシ業者と対等に商談が出来る様になれば業者の選定にも失敗をする可能性が減っていくかと思います。

本日は、ルーバー窓から縦すべり窓への交換工事施工実績関連情報、枠ごと窓を取替えるメリット、デメリット、さらには、何故ルーバー窓から縦すべり出し窓に交換される方が多いのか、このあたりについて解説して行きたいと思います。

福岡市西区のガラス屋。窓ガラス交換、サッシ交換、窓リフォーム、玄関ドアリフォーム、浴室ドア交換、網戸作製(修理・張替え)、フロアヒンジ交換調整、ドアノブ修理交換、ドアクローザー交換、網戸修理交換、窓シャッター取付、内窓取付、窓とドアの事ならドアードへ!

ルーバー窓から縦すべり出し窓への交換(施工実績)

【既存ルーバー窓-施工前】

今回は2階の窓であるルーバー窓を交換させて頂きました。ルーバーの開閉にチェーンで開閉操作を行うタイプのルーバー窓です。チェーンでの操作が思うように行かなくなり交換の運びとなりました。そもそもルーバー窓自体あまり好みでなかったご様子です。

まずは、ガラス部分を取り除いて行きます。

ガラス部分とガラスのガイドを全て外すと写真の様な状態になります。今回は一部枠そのものを取り外し新しい枠を設置する工事ですのでさらに解体して行きます。極力開口部分を広くとる為です。

プライヤーやサンダーを使用して不要な部分をカットして行きます。

目的の部分までサッシを取り出し額縁を取付しました。ここから新規枠の設置、縦すべり出し窓本体設置を行って参ります。

新規枠と窓が取付けられました。レベル調整等は問題ありませんでしたので、まわりの化粧カバーなど設置して行きます。

ブルーの部分は傷が付かない為に出荷時から予め養生シートが巻かれていますので、最終外します。

この様な感じで仕上がります。もう1枚違ったアングルからもどうぞ!

バッチリです。ルーバー窓から縦すべり出し窓の交換完了しました。

ルーバー窓から縦すべり出し窓交換の作業時間

施工方法により異なりますが、おおむね3~4時間で工事完了する事が多いです。またサッシ業者によっては経験値の問題や諸々の要因が絡んできますがイメージ的には半日からかかっても1日というイメージです。当社では今回施工した程度の大きさであれば1日3窓程度は交換可能かと思います。

ルーバー窓から縦すべり出し窓交換の費用

費用は1窓10万円~15万円前後になる事が多いです。工事を行う窓の個数やガラスが通常の単板ガラス又はペアガラス(Low-Eなど)によっても費用は異なります。1窓20万円以上になる事は殆どないですが逆に5~6万円で工事費用が済む事も、ま~無いと思います。

窓の交換を枠ごと行うメリット、デメリット

窓交換を枠ごと行うメリットは大きく2つあります。

メリット1.窓の開口が確保できる。

カバー工事で窓交換を行うと最大のデメリットは窓の開口部分が狭くなると言う事です。カバー工事ではないので既存窓枠も撤去します。そのため既存の窓と同等の開口部分の確保が可能となります。

メリット2.下部の立ち上がりが無い

こちらもカバー工事のデメリットですが、カバー工事だと既存枠の上から新規枠の設置を行うのでどうしてもサッシの下部分の立ち上がりが気になります。既存枠を撤去する施工であればこの立ち上がりを無くす事もできますので掃き出し窓の施工には最適です。

デメリット1.防水処置に注意が必要

既存枠を取り外すという事は再度外壁との防水処置をしっかり行わなければなりません。カバー工事も同様なのですが、特に既存枠を取り外す工事の場合、外壁に傷をつけてしまった事でその部分から雨水が侵入するリスクも発生してしまいます。

デメリット2.コストアップ

窓の種類や施工場所または外壁をカットする範囲などにより別の業者に入ってもらわなければ作業が終わらないケースも出て来ます。この場合はカバー工事の方がコスト安になると思われますので、業者とよく打合せを行う必要があります。

ルーバー窓から縦すべり窓に交換する方が多い理由

ルーバー窓は断熱性や防犯性の問題から最近ではあまり使用されなくなっています。近年は縦すべり出し窓や横すべり出し窓が多く採用され、見た目も今風でありますし、ルーバー窓のデメリットである気密性の解消や防犯性の改善に繋がります。

潜在的にルーバー窓に不満を持っている顧客が窓の故障を機に別の窓に交換されると言う流れになっています。縦すべり出し窓に交換した際に室内側に網戸の取付けも出来ますので、窓を少しだけ開けてロックしておけば防犯上も安心ですし換気も出来ます。メリットが多い事が窓交換の決め手ではないでしょうか。

まとめ

本日はルーバー窓から縦すべり出し窓への交換施工実績とそれに関連する事項を解説、記事にしました。また何かの参考にして頂ければ幸いです。

ガラス交換を業者にお願いすると”え!?”この項目は何?と思われた方向けの記事となっております。事前に見積りをもらったけど今一つピンと来ない項目がある、いちいちガラス屋さんに電話して聞くのも億劫だし。。と思われている方はこちらの記事をご参照下さい。

早良区のガラス屋。窓ガラス修理交換、サッシ修理交換、玄関ドアリフォーム、ドアクローザ修理交換、網戸修理・網戸新規作製、ドアノブ交換修理、フロアヒンジ交換調整、アクリル板交換、建具修理交換、戸車交換、窓とドアのことならドアードにお任せ下さい!

一般的なガラス修理の見積もり項目あれこれ

一般的なガラス修理の見積もり項目には、ガラス代金出張費施工費が記されています。また業者によっては諸経費基本料金という項目があったりガラスの処分費を別で請求されるところもあります。ただこのあたりの項目はごく普通に見積り上目にするかと思います。駐車場代などの費用もお客様負担とする業者もいるようですが、例え見積り項目に入っていたとしても見積り段階では「依頼」をしていないので断っても請求される事はないと思われます。

ガラス修理の見積り項目に疑問。これはどういう意味ですか?

続いて、一般の方がこれってどういう意味?と思えるガラス交換時の見積り項目を考えて行きましょう。

養生費用

ガラスの交換を行う際にガラスが部屋の中や廊下などに落ちない様にガラス自体に養生テープなどを貼付け養生を行う事があります。また、窓の周辺や搬入経路にも養生マットやプラダンなどをあてがう作業などガラス交換とは直接関係がないものの、お客様の家財を守る目的で行う作業に対し発生する費用です。町のガラス屋で養生費を見積りに入れる業者は少ないと思いますが大きなガラス工事の際には珍しくない項目です。

設計費

設計費はドアや窓の交換工事を行う際に図面を引いたりする事で発生する費用です。直接工事には関係ありませんが、納まりを考える上で専門的に経験が必要で計算等で時間もかかる作業を行います。その際に発生するコストと言う意味合いです。ガラス交換に設計費が発生する事は原則ありませんが、当社のお客様で「ガラス交換に設計費が見積りに入っていた」とおっしゃる方がいらっしゃたので念のため記述しておきます。

運搬費

ガラス材料等を運搬する時に発生する費用です。住宅用の窓ガラスサイズ(900mm×1800mm以内)では運搬費を見積りに入れるガラス屋も少ないと思いますが、これが(1300mm×2000mm)の網入りガラスなど大きなサイズになれば運搬費として見積りに算入される可能性が高くなります。ガラス屋はガラス問屋からガラスを仕入れますが、その際にガラス問屋経由で現場まで持って来てもらう事も多々あります。その時に問屋から運搬費を請求されるのでその金額をお客様に負担して頂くと言う意味です。

搬入費用

マンションなど集合住宅や、車両が入らない場所などガラスを持ち運ぶのに大変な環境の時に見積りに算入されるのが搬入費です。こちらも通常のガラスサイズでは請求されませんが特別入り組んだ場所や大きなガラス交換を行う時に請求される可能性があります。

ガラス交換の施工費が高額になる工事場所とは

高い場所

高所作業と言われる項目が見積り書に入ります。高所作業は脚立などを立てて行う場合でも発生する事があります。勿論、2階以上の窓ガラス交換で足場が無い場合、高所作業車が必要になるケースもありその場合は高所作業車の費用と危険な工事になるのでその分の施工費が高く請求される事になり見積りにも算入されます。

人混み

人が行きかう中でガラス交換の作業を行うのは大変リスクが伴います。割れたガラスが通行人などにあたりでもしたら大問題です。人員を揃えて人の通行を誘導したり囲いを作り危険が無いように作業を行ったりしなければなりません。その為の人件費や備品使用分が別途見積りに反映される事があります。交通整備や囲い代など分かりやすく項目になっている事もあれば施工費として詳細は無しに金額が含まれている事もあります。

狭い場所

ガラス交換の作業をするスペースとしては体が自由に動きガラスを積んでいる車両や作業代へに行き来がスムーズに行く状況が最もベストです。一方、草木が生い茂った家の裏手でブロック塀と住宅の間の隙間が30~40cmの場所もあります。作業は極めて困難でまずは除草作業からスタートしなければならないケースなども実際にある話です。そうした場合はやはり通常作業より手間や難易度があがりますので、その分施工費が高く設定されている事があります。

まとめ

本日はガラスの交換見積りをガラス業者から出して貰った時に「あれ?この見積り項目は何?」と思われた方の参考にして頂ければと記事にしました。

物がぶつかってガラスが割れたしまった時にガラス屋さんに緊急で「ガラス交換」をお願いすると思います。ただ、近所のガラス屋さんもいつもお店で待機している訳ではあります。建築現場でのガラス工事や予め予約の入っている仕事に出かけているという事も十分考えられます。またガラス屋さんはサッシ工事を行っているお店も多く意外と忙しくしています。

しかし、ガラスを割ってしまった当人も早くガラスを交換してもらわないと防犯上も良くないですし、割れたガラスは大変危険です。

そこで今回は、ガラスの交換を依頼したが直ぐに対応頂けない時のガラスの養生や、応急処置について解説したいと思います。

福岡市南区のガラス屋。窓ガラス修理交換、サッシ修理、ドア修理、建具修理、窓リフォーム、雨戸修理交換、窓シャッター取付工事、玄関ドアリフォーム工事、クレセント錠交換、フロアヒンジ交換調整、窓とドアの事ならドアードへ!

ガラスをすぐに交換出来ない時のシチュエーション

ガラスをすぐに交換してもらえない時には下記の様な事が考えられます。

・ガラス屋さんが忙しく直ぐに自宅に来てくれない。また自分でガラスサッシを外して持ち込み出来ない

・ガラスが特殊で工事までしばらく時間がかかる

・ガラス交換を行う予算がないので次の給料日やボーナスまで待ちたい

詳しく解説いたいます。

ガラス屋さんが忙しく直ぐに自宅に来てくれない。また自分でガラスサッシを外して持ち込み出来ない

ガラス屋さんがすぐに対応してくれないのは別の現場に行って忙しいからという可能性が高いです。従って電話などで問い合わせをし、自分で割れたガラスが入ったサッシや建具を取り外してお店に持ち込む事も検討してはいかがでしょうか?その際にも当記事に書かれている”養生”をしっかり行い怪我のない様に持ち込まなくてはなりません。

ただ、「持ち込みはちょっとご遠慮頂いています」や「持ち込んでもらっても職人がいなのでガラスの入れ替えは出来ない」と断られる事もります。

ガラスが特殊で工事までしばらく時間がかかる

特注品のガラスと言う物があります。サイズが横幅90cmを超える物、高さが180cmを超える物は少々特別なガラスとなってきます。中には横幅が130cm、高さが250cmなどと言うガラスもありますが、明らかに”大板(おおいた)”と言われるサイズですぐに工事をしてくれるガラス屋さんはあまりいないでしょう。

また、建具などに使用されている”加工ガラス”も製作までに時間がかかり直ぐにガラスの入れ替えはできません。

ガラス交換を行う予算がないので次の給料日やボーナスまで待ちたい

ガラス屋さんの事情だけではなく、当人の懐具合で、すぐにガラス交換が出来ない事があります。給料日までガラス交換を行う経済的な余裕がない場合です。最近ではクレジットカードや交通系電子マネーで決済できるガラス屋さんもいますが、昔ながらのガラス店では現金精算が基本なので現金の持ち合わせがないとガラス交換をしばらく見合わせなければならない事となります。

ガラスの養生方法、応急処置について

色々な理由ですぐにがらす交換が出来ない方向けにガラスが割れてしまった場合の養生や応急処置について解説いたします。

ガラスの養生に必要なアイテム

まず、ガラスが割れて養生をする時に必要なアイテムです。これは極力怪我をしない為の備えなので「え~そこまでしないとダメなの?」とのご意見もあるかとは思いますがより安全に進めて行きたいと思います。

スリッパ

室内であれ、割れたガラスの付近を裸足で歩くのは危険です。スリッパや靴で履いて養生を行う様にしましょう。

手袋・軍手

ガラスは鋭利な刃物と同じように皮膚が切れます。手袋や軍手も切れる可能性がありますので、手袋や軍手をしているからと言って油断してはいけません。またすべり止めがついた手袋・軍手でないと滑ってしまう可能性がありますので注意してガラスを持って下さい。

バケツ

大きなガラスは手袋等を装着した手でもってバケツにいれます。事前にバケツなどの入れ物を用意していた方がよいでしょう。

塵取り・ほうき

細かく割れてしまったガラス片は箒で掃いてバケツにいれましょう。

段ボール・プラダン・べニア板

割れたガラスを養生(応急処置)する為に使用するアイテムは、段ボール・プラダン・べニア板のいづれかです。段ボールはホームセンターやお店で無料で貰える可能性がありますが、プラダン(プラスチック段ボール)とべニアはホームセンターで購入する事となります。地域によって価格は変わると思いますが、プラダンで1枚500円前後、べニア板で1,000円以内のイメージです。

養生テープ・シリコン

段ボール・プラダン・べニア板を貼り付ける為のアイテムです。シリコンを使用する為には、専用の”ガン”が必要です。ガンを持っていない方はホームセンター等で「シリコンを使う為の”ガン”もいっしょに下さい」と言えばお店の方が案内してくれると思います。

養生テープは数百円、シリコンも300円前後、ガンも1,000円未満のイメージです。

ちなみにガムテープでも良いですが、剥がすのが大変になる可能性がありますのであまりお勧めはいたしません。

割れたガラスを養生してみましょう

アイテムも揃い、割れたガラスの回りを綺麗にした所で実際に養生作業をしていきます。いずれのアイテムで養生する場合でもペアガラス(複層ガラス)などで片側しかガラスが割れてない状態以外は両面からサンドイッチ状態で養生をする事が理想です。

段ボールで養生する

段ボールを両面に当てる様に養生を行っていきます。サッシ部分と段ボールを養生テープで貼付け固定して行きます。四方貼り付けて簡単に剥がれない様にします。

プラダンで養生する

プラダンは軽いので段ボール同様に養生テープで貼り付ける事でも大丈夫ですが、割れたガラスの残りがサッシや建具に多くある様であれば、その部分にコーキングを付着させて”べったり”貼り付けるとさらに丈夫に養生が出来ます。

べニア板で養生する

べニア板で養生を行う時は原則、シリコンと養生テープを併用して行います。割れ残ったガラスの部分にコーキングをべったり付着させべニア板を貼り付けさらに四方を養生テープで固定します。これを両面行えばガラスよりも丈夫になりますので防犯上、比較的安心です。ただ部屋の中が暗くなるのでその点はご留意下さい。

まとめ

本日はガラスが割れてガラス屋さんがすぐに対応してくれない場合の応急処置・養生について解説しました。何かのお役に立てれば幸いです。

建築会社様よりマンションの大規模修繕に際し、ガラス交換の依頼を頂きました。殆どが網入りガラス仕様になっていて”熱割れ”箇所のガラス交換やコーキングが切れている窓の補修を行うご依頼です。

網入りガラスの”熱割れ”は10枚ちょっとだったのですが、ルーバー窓のガラス割れが結構多く30枚以上交換する事になりました。ルーバーガラスの場合はサイズを工場に発注し工場で面取りまでしてもらって”取付だけ”を行う事も多いですが、今回の現場は急ぎという事もあり、当社のサービスマンが網入りガラス(WKH)のガラスカット及びグラインダーで面取り加工をしましたので、その様子を記事にいたしました。

若松区のガラス屋。窓ガラス修理交換、サッシ修理交換、玄関ドアリフォーム、窓リフォーム、雨戸修理交換、戸車交換、ドア修理、ドアクローザ交換調整、フロアヒンジ交換、内窓施工、二重窓工事、窓とドアの事ならドアードへ!

ガラスの面取りが必要な理由

ガラスの面取りはグラインダーにガラス用の砥石を装着し行います。ガラス用砥石以外で研磨するとガラス表面が凸凹になったりガラスが割れてしまう事があります。

ガラスの面取りとはガラスの角を落とす作業を言います。グラインダーを使用しガラスの角に対し研磨して行きます。この面取り作業を行わないとガラスの角で怪我をする事がありますので大切な作業です。

ガラスの面取りは直接ガラスの角を触る可能性がある場合に行います。今回の様なルーバー窓のガラスや、テーブルトップ(テーブルの上に置くガラス)、食器棚のガラスで、ガラスの一部が露出している物この様なガラスを設置する時には必ず面取りを行います。

ガラスの面取りが必要な理由は”怪我をしないため”と言う事です。

網入りルーバーガラスの製作方法

網入りルーバーガラスの製作方法は、それ程難しくありません。原寸と言われる実際に必要なサイズを確定しそのサイズにガラスをカットして行きます。通常のガラス定寸は3*6サイズ(約90cm×180cm)なので、この1枚の網入りガラスからルーバーガラスは30枚程とる事が出来ます。

ルーバーガラスのガラスのサイズが仮に横幅45cm×縦幅10cmだとした場合、180÷10=18枚。

90cmー45cm=45cmなので18枚の倍の枚数がとれる事になりますので36枚のルーバーガラスが取れますね。適寸に全てをカットし、そこからはグラインダーで面取りを行いますが、ギリギリと押し付ける感じではなく、ガラスの角を軽く撫でる様に裏表の角を取って行きます。網入りガラスは6.8mmの厚みがあるので面取りで割れる事はまずありませんが、例えば食器棚のガラスの面取りで3mmのガラスの面取りを行う事もあります。3mmのガラスだと下手な作業を行うと”パリ”と割れたり欠けたりする事もあり作業は慎重に行わなければなりません。

また今回は網入りガラスをカットしてルーバー用の網入りガラスを製作していますが、網(ワイヤー)の部分がガラスから少々飛び出していたりします。この部分のグラインダーで綺麗にならしておくと見栄えが良くなります。

ルーバーガラスはガラスの種類がほぼ決まっている

ルーバーガラスはガラスの種類が大体決まっています。

網入りガラスの6.8mmもしくは型板ガラス6mm(F6K)です。

網入りガラスは型板のヒシクロス(WKH)と言われるガラスが使用率No1です。まれに網入り型板ガラス縦ワイヤー(WKT)や透明網入りガラス(PHW)と言う種類が使用されています。

網入りガラス以外では前述した型板ガラスの6mmである(F6K)一択です。型板ガラスは通常窓ガラスなどで4mmの厚みのガラス(F4K)といわれる材料が使用される事が多いですが、ことルーバー窓に関してはF4Kが使用される事はまずありません。

このように「ルーバーガラスが割れた!」とお問合せがあれば「網入りですか?網は入っていませんか?」とお尋ねすれば大体の種類は判明します。

網入りルーバーガラス交換料金の目安

ルーバーガラスは複数枚交換する事が多いです。特に網入りガラスの熱割れの場合、全て同じだけ陽が当たりますので概ね3~4枚はひび割れしてボロボロの事が多いです。野球のボールが飛んできて割れた場合も2~3枚は割れています。

そんな事もあり当社では3枚までは1枚あたり5,000円、4枚からは1枚あたり4,000円で料金設定しています。もちろん現地で面取り作業を行ってもコチラの料金で行います。ただ1枚だけの場合や特殊な現場では別途見積りとさせて頂いております。

料金はガラス屋ごとに代わってきますので詳しくは依頼されるガラス屋にお問合せ下さい。網入りガラスだとそれなりに高く設定されているガラス屋さんもいらっしゃるようです。

まとめ

本日は網入りルーバー窓のガラス交換について解説いたしました。ルーバー窓は気密性や防犯性の問題もありサッシ事交換される方も多いですが、マンションなど集合住宅にお住いの方は勝手に交換する訳にもいきません。ただ、網入りガラスを通常の板ガラス(F6K)に交換する事で”熱割れ”防止にはなりますので”熱割れ”でお悩みの方はご検討の余地はいるのかなと思います。

ドアノブの故障でドアが開けられなくなったり鍵のかかりが悪くストレスを感じていらっしゃる方は一度ドアノブ交換を検討してみてはいかがでしょうか?1万円代後半~3万円以内でドアノブ交換を行える事が多く、業者に現地調査(見積り)に来てもらえば当日交換も不可能ではありません。本日は田川市で行ったドアノブ交換の施工実績とドアノブ(握り玉)、レバーハンドルについて記事にしました。何かの参考にして頂ければ幸いです。

田川市のガラス修理、サッシ修理、窓とドアのお困り事は迅速・丁寧に解決します!

ドアノブ(握り玉)からドア レバーハンドルへ交換(施工実績)

勝手口ドアの握り玉をレバータイプのドアノブに交換しました。最初に伺った時は、そんなに古くなっていないのに何故交換を希望されるか疑問でしたが、お客様曰く高齢になったので握り玉を握る握力が低下してドアノブを回すのが一苦労だとおっしゃってました。一番の原因はドアの開閉がスムーズにいかないと言う事。あとたまに鍵のかかりが悪く鍵を施錠するまでに5分以上悪戦苦闘した事もあるので”スッ”とかかる鍵にして欲しいと言うご要望でした。

私の触った感触からお伝えすれば「それほど悪くはないな~」と言う感じです。お客様にももちろんその事をお伝えしましたが、近所のお茶飲み仲間のおばーちゃん(こちらのお客様も女性の方です)が握り玉からハンドルタイプのドアノブに交換してドアの開閉が随分楽になったので自分の家もその様に出来ないかと思って今回ご相談頂いたという事が判明しました。「わかりました。ちょうどバックセットなど適合可能なレバーハンドルが車にのっているので交換しましょう。」部品代と施工費をあわせて23,000円でお見積し交換のご依頼を頂きました。

それでは施工の写真を掲載しましたのでご覧下さい。

【施工前(握り玉)】

【施工中】握り玉ハンドル部分を取り外しました。続けてケース一式、フロントなど取替えて行きます。

【施工完了】

なんだか今どきのドアに早変わりしました。やはり握り玉は少し昭和のレトロな雰囲気がしますがレバーハンドルはスタイリッシュで今どきの感じですね。

心配されていた鍵のかかりも見て行きます。

ディンプルキーなので防犯性能も高いいです。3本ついているのが大変喜ばれました。今は1本しか鍵がなく、もちろん玄関の出入りをメインにしているのですが、今後は勝手口からも家族3人が出入りできるという事でご満足いただけました。

肝心のドアの開け閉めですが、握り玉の時の様にたいして握力もいらないのでこちらもご満足頂く事ができました。「やっぱ、さっちゃん(お友達の様です)が言った様にこれは楽やね~」とお喜びでした。

ドアノブ(握り玉)の種類と特徴

握り玉は、その形状が電球の様に丸っぽく掴みやすそうな取手をしています。握り玉は大きく4つに分類され、室内で使用される事の多い鍵がないタイプのチューブラ錠(握り玉周辺にネジがあるのが特徴)、トイレなどで使用する表示錠(鍵がかかっている時は”赤”鍵がかかっていない時は”青”など一目でわかります)、インテグラル錠はデッドボルトといって、ドア本体とドア枠をロックする鍵(かんぬき)がついている握り玉の事をそういいます。勝手口などで使用される握り玉で、外側からはキーでロックのオンオフができ、室内側からも”つまみ”等でロックのオンオフが出来ます。今回施工した握り玉がインテグラル錠です。そして最後に円筒錠という種類の握り玉があります。インテグラル錠と見分けがつきにくいですが、ラッチの部分にデッドボルト(かんぬき)が無ければ円筒錠と判断できます。

この様に見た目は似たように見える握り玉ですが、その用途にあわせて種類があり、一昔多くの建物に採用されていた名残か、今では少々古めかしく見えるタイプのドアノブと言えます。

ドア レバーハンドルの種類と特徴

レバーハンドルはレバーを下げるだけでラッチが解除されドアの開閉が可能になりますので、今回施工させて頂いた田川市のお客様の様に高齢の方で握力が低下された方にはレバーハンドルの方が使用しやすいと思われます。

レバーハンドルも種類があります。今回のレバーハンドル写真の様なドアノブ本体に鍵の差し込み口があり、ラッチ部分がロックするタイプ。(握り玉で言う所の円筒錠に該当します)また、下の写真の様にドアノブと鍵の部分が別々になっているタイプ(握り玉で言う所のインテグラル錠に該当します)

その他にもトイレや脱衣室など鍵を掛ける必要がある場所で使用する表示錠もあります。

握り玉からレバーハンドルに交換するメリット

デザイン性が今風になる事や操作性が良くなる事が握り玉からレバーハンドルに交換する一番のメリットだと思われます。高齢の方以外にも小さなお子さんや障害を持たれた方など握って回す行為はそれなりに力が必要ですが、レバーを下げる操作は意外と簡単に出来るものです。手荷物をもっているシチュエーションでも肘などで開く事も可能になりレバーハンドルへ交換される方が多くなっています。

まとめ

本日はドアノブ交換(握り玉からへばーハンドル)の施工実績と関連する項目の記事となります。費用的にはそれ程変わりませんので握り玉が壊れかけている方はレバーハンドルも検討してみるのはいかがでしょうか?

窓の交換工事を検討されている方向けの記事となります。窓の交換をサッシ業者に依頼すると”カバー工法”を勧められる事が多いです。既存のサッシ枠全体を取り外して新しいサッシ枠を納める窓の交換は、サッシ屋、外壁屋、大工、場合によっては左官など職人を多数入れなければならなくなりその分コストがかかります。外壁をカットして既存枠を取り出すので音や埃などの問題も発生し近隣への配慮も気になる所です。工期も1窓で1~3日職人の手配などにも影響されます。

その点、カバー工法はサッシ屋が行う工事で、1窓程度であれば半日~1日で施工完了します。職人のスケジュールに左右される事もありませんのでリフォーム需要で売り上げを上げたい業者にとっては取り扱い易い商材です。本日は、カバー工法、従来の工法に関するメリットデメリットなどをまとめましたので参考にして頂ければと思います。

博多区のガラス屋。窓ガラス修理交換、サッシ修理、浴室ドア修理、窓リフォーム、玄関ドア交換、雨戸交換修理、フロアヒンジ交換調整、ドアクローザ修理交換、ドアノブ交換、内窓取付、丁番修理、後付け窓シャッター工事、窓とドアの事ならドアードにお任せ。

カバー工法の作業工程

窓のカバー工法は、主に窓枠に取付けるベース材が“肝”となりますがサッシメーカであるLIXIL(リクシル)、YKKap、三協アミルなど各社はこのベース材を販売しています。

カバー工法の作業工程は既存の不要なアルミ部分をカットし窓枠にベース材を取付けます。窓枠全体をフラットな状態にし新たな額縁を形成する事でこの部分に新たなサッシ枠を設置できる状態にします。

新しいサッシ枠を取付け、ベース材と新たなサッシの取付部分を化粧カバーで覆う事により綺麗な仕上がりとなります。

カバー工法と従来工法の比較

カバー工法にはカバー工法のメリットデメリットがありますし、従来工法にも同じくメリットデメリットがあります。この章ではそれぞれの特徴や良い部分や悪い部分を解説します。

カバー工法のメリット(工期短縮・コスト安)

カバー工法のメリットは“簡単に窓の交換が出来る”と言う部分です。腰高窓(中窓)と言われる2枚引き違い窓であれば概ね半日で工事が終わります。リビング用窓でも1日で工事が終わるイメージです。

外壁に傷をつけないので、防水性が損なわれる事はありませんし、工期が短くコスト安になる事が一般的です。

従来工法では、まずサンダーで外壁周辺をカットします。これは既設の窓枠を取り出す為の作業ですが、この作業中にホコリや塵が発生します。また電動工具を使用するので隣近所の方への配慮も必要となって来ます。

その後、既存の枠を取り出し新規枠を設置するのですが、防水処理をしっかりしていないと窓交換の後に窓枠付近から室内の雨水が侵入してきたり、見えない部分で浸食が進み住宅が知らずに傷んでしまう危険性もあります。これは施工会社の技術不足(施工不良)という事になりますが一般の素人ではそれを見抜く事は容易ではありません。

カバー工法はそういった施工不良のリスクを極力起こさない様に施工マニュアルが用意されています。

カバー工法のデメリット(窓の有効スペースが狭くなる

一方、カバー工法のデメリットは窓の有効スペースが狭くなる事、下枠部分も立ち上がるので、リビング窓など掃き出しが出来なくなる事が懸念点です。

各メーカにより若干は異なりますが、横幅は6cm~8cm程度。上下は10cm~15cm程度窓が狭くなります。

これは、べーズ材を取付けて新しいサッシを取付可能にする額縁を形成する為にその様になるのですが人によってはあまりに狭くなった窓の仕上がりを見てガッカリされる方もいますので注意が必要です。

従来工法では、サッシの枠を取外す為、今まで通りの納まりが再現されますので、有効スペースが狭まると言う事はありません。ただ、外壁部分のカットした所をどのように隠すかはその施工業者のやり方や、お客様との打ち合わせによりますので“外観の見た目”については好みとなると言えます。

それでもカバー工法が選ばれる理由

カバー工法のデメリットは窓が狭くなる事です。木造2階建て住宅などでは外壁を切って既存枠も撤去し新たな枠を設置する事を選択される方も結構いらっしゃいます。ただ、マンションなど鉄筋コンクリート造の住宅の場合、この様な工事は現実的ではありません。なぜかと言うと、マンションなどでは窓枠は溶接で留まっているので外壁を壊して枠を取り除くのはかなり大規模な工事となるからです。

マンションの大規模改修工事として計画されている以外に個別でこの様な工事を行う事はNGだと思われます。

ただ、入居されている人によっては窓の交換を希望される方もいますので、その様な方は、マンションオーナーや管理組合の許可を取った後にカバー工法を選択する事で窓交換が可能になります。

(マンションの窓交換は許可が必要です。詳しくはこちらの記事も合わせてご覧下さい)

まとめ

本日はカバー工法のメリットデメリットや窓の有効スペースの変化について解説しました。もともと窓が広い部分の交換であればそれ程気にならないと思われますが、あまり広いと感じていない窓をカバー工法で交換すると“かなり狭くなった”と感じるかもしれません。その場合は従来工法も合わせて検討した方が良いと思われます。業者主導で窓交換を行うのではなく、ご自身でも情報を得て後悔の無い窓の交換を行って頂く為の参考となれば幸いです。

玄関ドアの下の部分が擦れて困っていると言うお問合せを頂く事があります。戸建て住宅やマンションに限らず意外とドアの下框(したかまち)が床部分に干渉してしまうトラブルは多いのです。本日はそんな玄関ドアのトラブルに見舞われた時のポピュラーな修理方法を解説いたします。

全ての擦れが修理出来る訳ではありませんが、ほぼ8割程度は修理可能かと思われます。

柳川市のガラス屋。窓ガラス修理交換、サッシ修理、ドア修理、玄関ドアリフォーム、雨戸修理交換、網戸作製(修理・張替え)、フロアヒンジ交換調整、ドアノブ交換、ドアクローザ修理調整、窓リフォーム、内窓施工取付、窓とドアの事ならドアードへ!

ドアの下部が擦れる原因

一体なぜドアの下部分が床や沓摺(くつずり)に擦れてしまうのか原因を知る事は大切です。(ちなみに沓摺(くつずり)とはドア本体が枠に納まる時の下枠の事を指します。)

丁番の不具合による下枠の擦れ

見落としがちですが、玄関ドア本体とドア枠を連結している丁番の不具合で下部が擦れる事があります。経年劣化が原因でネジの緩みや金具の変形などを起こしている事もあれば、時には強風で逆方向にドアが煽られそのはずみで丁番に支障をきたし下枠が擦れるようになった現場もありました。この様に連結部分である丁番が玄関ドアの下枠擦れの原因になる事があります。

沓摺部分の錆膨張

マンションで多く発生する原因に沓摺部分の膨張や変形により玄関ドア本体と干渉してしまう事があります。戸建てでもその様な現場に当たった事はありますがマンションとの比率で考えれば7:3ぐらいでマンションの現場が多いです。鉄筋コンクリート構造なので開口部分に使用されている金属が影響しているものと考えられますが、はっきりとした原因は不明です。

ただ、間違いないのは明らかに金属の錆が膨張・変形をした事が原因で玄関ドアの下枠と干渉しています。

ドア枠の倒れや歪み

木造住宅で時折発生する事があるのがドア枠の倒れ等によりドア枠に干渉してしまう症状です。建物の老朽化や玄関ドアの経年劣化により発生する事になりますが、下枠の擦れもそうですが、全体的にドアの開閉がしずらくなり、下枠、横枠などいろんな部分が擦れてしまう状態となります。

玄関ドアの下枠の擦れを修理する方法

玄関ドアが擦れる原因を細かくみて行きました。では、どのようにすれば修理が出来るのでしょうか?気になる修理方法について解説いたします。オーソドックスな修理方法は3つです。これで約8割のトラブルが解決出来ます。これでも解決できない時は玄関ドアの交換しか選択の余地がないと思われます。

丁番の交換や変形の修正

玄関ドアとの連結部分である丁番を新しくする事で下枠の擦れを修理する事が出来ます。丁番は形や大きさ、ビスピッチなどにより多様な種類がありますが、玄関ドアであればメーカーや品番が分かるものも多いと思いますので、メーカーに問い合わせを行うなどし丁番を特定、交換する事で解決する可能性があります。またメーカーや品番が不明な場合は”丁番おこし”などを用いて修理する事も検討します。(丁番おこしの詳しい説明は「ドアの丁番修理方法。丁番交換か丁番起こしか!判断基準は何?」でも解説しています)

丁番リングを入れてドア本体の高さを上げる

丁番に関してはもう1つ修理方法があります。丁番の種類にもよりますが上記の写真の様に、ドア枠側の丁番とドア本体側の丁番で分かれるタイプのものがあります。この丁番の場合は”丁番リング”と言うスペーサーを噛ませる事により数ミリドア本体を上げる事で下部分の擦れを修理する事も出来ます。

丁番を交換するか、丁番起こしで修理するか、丁番リングを噛ませて高さを上げる事により修理するか。丁番に関しては適切に調査を行い修理方法を決めて行きます。

ドア本体または下枠をグラインダーで削る

丁番ではどうにもならない場合は、グラインダー(サンダー)と言う電動工具を使用して、ドア本体又は、ドア枠を削る事で、擦れを解消する事が出来ます。築古のマンションなどでよく行う方法ですが、建物も古いので玄関ドアを交換する予算も出ない。入居者さんも「生活に支障をきたす」と言っているのでどうにかならないか?とマンションやビルオーナーからのご要望にはこの方法で解決する事が多いです。

削った部分は金属色になりますので塗装を施したり後処理も行います。ドア本体を削る場合はドアの脱着が必要になるので二人以上で作業をする事をお勧めします。DIYが得意な方はチェレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

本日は玄関ドアの下部分が床、沓摺に擦れて困っている方向けにその修理方法を解説しました。丁番を扱うにしても玄関ドアは意外に重量がありますので二人以上で作業を行った方がよいと思います。ドアを外して丁番を交換しようと思ったが、取付出来なくなった・・・などとならない様に注意して下さいね。

窓のリフォームを検討されている方は、いったいどんな窓がどれくらいの値段になるだろう?色々調べてみても良くわからないと言う方向けの記事となります。窓の値段を決める一番の要素はガラスの構成とサッシの種類です。

それでは分かりやすく解説していきますね。

行橋市のガラス屋。窓ガラス修理交換、サッシ修理、窓リフォーム、玄関ドア交換、浴室ドア交換、ドクローザ修理交換、網戸作製(修理・張替え)、フロアヒンジ交換調整、ドアノブ交換、戸車交換調整、アクリル板交換、窓とドアの事ならドアードへ!

サッシの種類とは?

そもそもサッシメーカーは新築建築の時が一番大量にサッシが売れるので新築住宅に注力してきました。ただ、今後の市場の動きといして少子高齢化等の要因もあり新築物件の建築件数は減少すると予測されており2019年が88万戸だった建築件数は2021年には74万戸、その後も右肩下がりの推移となる見通しです。そんな中、リフォーム需要は底堅く”リノベーション”という言葉が一般的に認知されてきた様に、機能性の向上するリフォームを求める方が増えて来ました。サッシに関しても従来型のアルミサッシ以外に、樹脂サッシやアルミ樹脂複合サッシなど、より断熱性能の高いサッシの開発が進んでおり、この素材(種類)をどれにするかによってサッシの値段が変わってきます。

通常のアルミサッシが5万円とした場合アルミ樹脂複合サッシは75,000円(アルミサッシの1.5倍)、樹脂サッシは10万円(アルミサッシの2倍)が目安となります。(サッシの材料代のみの価格です)

取付費用や諸経費は殆ど変わらないと思いますのでサッシの種類だけでも約2倍の値段の差が出るという事です。

ちなにみ、窓のリフォームを検討しようと考えられている方は長期的にその住宅を利用する予定だと思われますが、一度窓のリフォーム工事を行えば30~50年は問題なく使用できます。見方によっては断熱性能が向上し冷暖房の電気代も節約できますので、初期費用は高くなりますが長期的視点で考えれば樹脂サッシやアルミ樹脂複合サッシも十分に検討の余地ありですね。

ガラスの種類とは?

窓はここ数年、断熱性能の向上を重点的に研究改良をされてきました。住宅の中で窓の占める面積範囲は大きく、外気温の影響はもろに窓の性能によって宅内の気温に影響を及ぼします。窓ガラスは最たるものでサッシは勿論、窓ガラスの機能性を高めれば高断熱な住宅として過ごしやすい住宅となります。従来は単板ガラスと言われる1枚のガラス板で室内と屋外を仕切っていましたが、最近の新築ではペアガラス(PG)仕様の窓が一般的になってきました。また窓のリフォームとして単板ガラスをペアガラスに交換される方や、窓の内側に内窓を設置して住宅の断熱性能や防音効果を高める工事も人気が出ております。

ガラスには単板ガラス、ペアガラス、Low-e(ローイー)ガラスがあります。(ペアガラスやLow-eガラスの詳しい解説は以前の記事「画像あり|ペアガラスと複層ガラスの違いは何?Low-e(ローイーガラス)の見分け方。」でご確認下さい」

例えば、単板ガラスが5,000円とするとペアガラスは7,500円(単板ガラスの1.5倍)、Low-eガラスは1万円(単板ガラスの2倍)が目安となります。

(ガラスの材料代のみの価格です)

通常はサッシの種類を選ぶ時にガラスの種類も選ぶ事になります。その際に、単板ガラスにするか、ペアガラスまたはLow-eガラスのいづれかの種類で業者に見積りを出して貰う事で窓の材料代が算出されます。

窓の値段(窓リフォーム価格)

窓の値段は工事費も考えておく必があります。ご自身でDIY工事を行うとおっしゃる方のいらっしゃると思いますが、窓リフォームは現調も含めて専門性が高い工事です。ここでは業者に依頼した場合、材料代以外の費用について考えていきたいと思います。

養生代、窓交換工事代、運搬諸経費、設計費、廃材処分費、この様な費用が見積書の項目に乗る事があります。

それぞれ個別の詳細金額については業者に見積りをして頂く必要がありますが、イメージとしては、

掃き出し窓で13万円~18万円程度

中窓で10万円~13万円程度

小窓で5万円~8万円程度

が目安です。あとは前述した様に、サッシの種類、ガラスの種類で多少は前後する事となります。

まとめ

本日は「窓の値段」「窓リフォーム」をテーマに材料の種類による価格差などを記載しました。参考にして頂ければ幸いです。

夏が近づくにつれ、雨戸の修理や新規窓シャッターの設置など窓の防災対策に対するご依頼が増えて行きます。今回は北九州市のお客様より前回の台風で壊れた雨戸のパネルを修理して欲しいとのご依頼がありご訪問しました。

現場に到着してみると、敷地に入った所に3枚の網戸パネルが閉まっていました。「あれ?、雨戸の修理ってことだけど雨戸しっかりしてるな~別の雨戸かな~」と思いながらお客様をお呼びする事に。中から「はい、は~い」とお客様が出て来られ、「どこの雨戸の調子が悪いですか~」とご案内して頂く事に。雨戸の動きが悪く合わせてパネル(戸板)その物が変形しているとおっしゃってました。よくよく見て見ると確かに雨戸のパネルが変形しています。

北九州市のガラス屋。窓ガラス修理交換、サッシ修理、雨戸修理交換、後付け窓シャッター取付、ドア修理、ドアノブ交換、ドアクローザ交換調整、フロアヒンジ交換、網戸作製(張替え・修理)、玄関ドアリフォーム、窓交換、窓リフォーム、窓とドアの事ならドアードへ!

雨戸パネル(戸板)交換は可能?

お客様「2~3日前にもサッシ業者に来てもらったんやけど、雨戸の修理で呼んだのに、部分的な交換は出来ないので全部交換しないとダメって言われるんですよ。出来るだけ安く済ませたいので枠はそのまま使いたいんですけで、このパネルだけ交換できませんか?」とおっしゃってます。もちろんパネル(戸板)だけの交換も可能ですが、やはり経過年数により雨戸枠に合わない事もあるので「一度持ち帰りお調べさせて下さい」とお伝えし調べるに当たって現調をさせて頂く事にしました。

・パネル(戸板)の横幅、高さはもちろん厚みや枠の幅など細かにチェックし適合可能なパネル(戸板)を調べました。その結果LIXIL製の雨戸パネルで取替が可能だと確認し、パネルの交換を行いました。

現調の時には特にパネルを取り外さずに現調を行いましたが実際に取替となると雨戸枠に余裕がなく上に持ち上げてもパネルを抜く事ができません。収納部分の納まりの方からパネルを抜き出す事に施工方法を切り替え納まりの背面板を一度取外しパネルを抜き出しました。”H寸法(高さ)は大丈夫かな~”と少々不安になりましたが、特に問題なく新しいパネルと入れ替え出来ました。

雨戸の修理はパネル(戸板)交換で完了しました!

【施工前の雨戸パネル(戸板)の写真】

横から見るとパネルの変形が確認出来ます。これでは動かすにも一苦労です。他のパネルも動きが固く。お客様はお困りでした。

雨戸パネルを交換するには厚みの情報も必要です。メーカーや商品によって厚みの違いもあります。雨戸の枠に納まらないといけませんし、逆にだぶつきがあってもいけません。

【施工完了_雨戸パネル交換】

ピッタリサイズでロックもしっかりかかります。これで次の台風到来にも安心できますね!雨戸枠は交換しなくてもパネルが視界の殆どを占めますので雨戸リフォームしたのと変わらない見栄えですね。

雨戸修理代の目安

今回は雨戸のパネル(戸板)交換を行いましたが、雨戸の修理相談を頂く事も多くあります。ご依頼が多い雨戸修理の参考価格を掲載しましたので参考して頂ければと思います。

雨戸の戸車交換、1個4,500円~

もっともよくご依頼を頂くのは雨戸の戸車交換です。昨日もパネル(戸板)の動きが悪いという事で使用頻度が同じだからと家中の雨戸戸車を全て交換しました。その数36個。一個あたり4,500円(材工込み)で交換させて頂きました。

戸車交換の目安は数によっても大きくコストが変わります。戸板の動きが悪くなったらほとんどが戸車交換で修理可能です。

ロックがかからない 調整費用5,000円~

パネル(戸板)を閉めると最後にロックを掛けて戸板を動かなくするのが一般的です。ロック(鍵)を掛ければ防犯上の安心ですし、強風でパネル(戸板)が動く事もなくなります。ただ、この鍵の部分はバネと連動して簡単な作りの物が多く結構傷んでいるケースも見受けられます。固着している場合は潤滑剤等で動くようにしますが、どうしてもダメな場合はやはり鍵の交換をご提案する事になります。

雨戸枠の破損・腐食 レール枠交換25,000円~

雨戸の枠が破損したり腐食している事もあります。当社の方では以前コチラの記事でその様子を紹介しています。

まとめ

本日は、雨戸のパネル(戸板)交換の施工実績と雨戸修理の代金について参考価格を紹介しました。”備えあれば患いなし”台風シーズン前に雨戸の点検を行い悪い所があれば早めに修理しておきましょう!台風が発生し上陸の確率が高くなると毎年ご依頼が急増します。対応にもそれなりに時間がかかりますのでご留意下さい。

新規でお店を開店されるお客様よりご依頼があり店舗用引戸の工事依頼が入りました。内装はスケルトンで今から大工や電気工事店を入れてお店を仕上げて行く段取りです。何はなくても入口ドアが無い事には、防犯上も良くないので一番最初に必要な工事ですね。本日は店舗用引戸を施工した施工実績となります。よろしくお願いします。

大牟田市のガラス屋。窓ガラス修理交換、サッシ修理、窓リフォーム、店舗引戸工事、内窓取付施工、玄関リフォーム、雨戸修理交換、窓シャッター後付け施工、フロアヒンジ交換、丁番修理調整、ドアノブ交換、ドアクローザー修理調整、窓とドアの事ならドアードへ!

店舗には引き戸が良い?ドアタイプが良い?

店舗を新たに開店する場合、物件によって入口にドアや引戸が取付けられている事は極一般的です。しかし、店舗のコンセプトやイメージと異なる”入口”を変更したいと希望される方も少ないないと思います。今回の現場の様に商店街のケースであれば入口ドアがそもそも設置されておらず入居者がリフォーム工事を行う前提のスケルトン仕様も意外に多く存在ます。

この時に悩むのが、入口を引戸タイプにするかドアタイプにするかです。費用面や耐久性、お店のイメージ等を検討する事になると思いますが、業者としての参考意見を述べてみますので参考にしてみて下さい。

お店のイメージ

使用する部材により大きく変わります。一般的には引き戸は和風、ドアは洋風のイメージですが、予算が限られてくると選べる商品も見た目が安っぽくなってきます。ターゲット層にもよって異なりますが高級感を演出するのであればデザイン重視のドアが良いと思います。引き戸もデザイン重視で選ぶ事が出来ますが意外と種類が限定されています。イメージを演出される場合はドアがお勧めです。

費用面

今回採用した店舗用引戸は費用的にも抑える事ができ且つシンプルで意外と人気です。ドアや引戸を設置する部分の間口もドアにするか引き戸にするかを決める重要なポイントとなります。今回の現場は下記の様に間口が広く開いています。

この様な間口の現場に入口ドアを設置しようと考えると、大工さんに造作してもらい壁を作らなければならなくなります。そうなると新たなコストが発生してしまうので、このくらいバーンと開口が開いているのであれば迷わずに引戸で検討される事をお勧めします。退去時の原状回復にもコストがかかりますのでできればあまり手を加えずにおくほうが良いのではないでしょうか。

耐久性

新たに設置される入口なので10年程度は特に故障もなく使用出来ると思われます。ドアの場合はドアノブやドアクローザ、丁番が故障しやすい部品です。また引戸の場合だとサッシの開閉が重くなる故障があります。戸車と言われる部品が原因ですがやはり10年未満で故障する事は稀です。

業者としての経験則でお伝えすると引戸の方が故障は少ないと思います。特に店舗用引戸は重量も軽いのであまり部品に負荷がかかりません。”長持ち”と言う部分では引戸に軍配があがりそうです。

店舗引戸の新規設置工事代金は?

今回の店舗用引戸の工事費は約14.5千円(税込み)でした。3枚建ての引戸でLIXIL製を使用しました。店舗用引戸は引き戸の枠と障子(横に動くサッシ)がセットになっていて、障子の中身であるガラスやアルポリックと言う素材は別途の費用となります。

見積り項目としましては

1.店舗用引戸枠・障子セット(3枚建て)

2.障子上部、4mm型板ガラス(3枚分)

3.障子下部、アルポリック(3枚分)

4.サッシ枠、障子組立費

5.取付施工費

6.障子建て込み調整費

7.諸経費

この様な項目になってきます。

店舗引戸施工

【店舗用引戸、枠の取付け】

コンクリート用ビスでレール部分を設置している写真です。

手順としては、もともと大工さんが入口用間口を作製くれていたのでそのサイズで商品を発注し枠を取付けます。引き戸部分の障子を組み立てるのですが、別途用意したガラスとアルポリックをグレチャン納まりで組立3枚の障子を作って行きます。

下の写真がその障子と言われるものです。

枠をしっかりと取付次に障子を枠に建て込んで行きます。

戸車の調整や鍵のかかりの調整を行います。障子を開け閉めして問題なく動くかなど細かくチェックし工事完成です。

まとめ

本日は店舗用引戸の設置工事の施工実績を掲載しました。こちらのお店では飲食店を始められるという事です。複数店舗経営されているらしく新規オープンの段取りも慣れていらした様で色々な業者さんと打ち合わせの電話がひっきりなしにかかっていました。工務店を入れればコスト高になるのでご自身で業者を手配し分離発注されてるのではとお見受けしました。新規オープンには数百万円~数千万円のコストがかかると言われています。この辺りの経費分配も成功には欠かせないノウハウなんだろうな~と思いながら作業をしていました。商売繁盛・成功をお祈りしています。