google-site-verification=bRF_7Ofs8-iRkrWNNQS-vjRrcIz_PbsaOpWS7ruyOrg

春日市のお客様よりトップライト(天窓)のガラスに”ひび”が入っているので交換をお願いしたいと言うご依頼があり、お伺いしました。

高さは1階部分の屋根なので、高さ的にはそうでもないのですが、屋根の傾斜がそれなりにあって少々ビビりました。

一階部分から脚立を立てて見るとこの様な感じです。

さらに屋根の上から見るとこの様な状況です。

春日市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

ガラスは型網入りペアガラスです。電動式タイプのトップライトで窓の開閉がボタン1つで可動するタイプでした。トップライトと言ってもFIXタイプのものなどあります。当社では何度もトップライト施工を行っていますが、足場を組むケースも多々あります。しかし今回は2ハシゴでどうにかご対応させて頂きました。(お客様のご予算もありましたので)

トップライトガラス交換の施工方法と写真解説

可動式のトップライトのガラス交換を行う場合はサッシ窓を取り外し行うケースが多いです。(屋根の上で作業がしずらいので)ただ春日市のお客様のトップライトは直ぐ横にエアコンの室外機が設置されていて、窓を開けて外そうとすると、エアコンの室外機に干渉してしまいます。

事前の打ち合わせで「2階のエアコンは使用していないので、室外機も外すなり好きにして言いよ」とお聞きしていました。しかし実際に屋根に上って”室外機を外す”行為は大変難しいと判断。足場を組んでいれば可能ですが、さすがに脚立では・・・無理でした。そこで干渉している室外機の土台の足をサンダーで切断する事で、窓を外す作戦に変更。土台の足を切っても、室外機の座りには問題ありません。無駄に出っ張った所なので。。

そうしてトップライトのサッシ窓を外す事に成功しました。

ガラスのサイズとしては600mm×600mm程度なので、そこまで大きくありませんが、網入りペアガラスなので重量は結構あります。

トップライト窓を屋根から下した方法。

最初は手に持って下ろそうと考えていたのですが、実際に傾斜がかなりある屋根でしたので、ちょっと危険かと思い、養生シートで窓を覆ってロープで巻きトップライト窓を下す事としました。

どうにか下した窓が下記写真となります。

続いてサッシ枠からガラスを取り外して新しいガラスに入れ替える作業を行います。

窓枠の内側にビスで留まっている押さえを全て取り外し、まわりのコーキングを切って行くとガラスが取り外せます。

新しい”網入りペアガラスを入れて、押さえを取付けもとに戻して行きます。下の画像は新しい網入りペアガラスです。

”ひび”が入ったガラスは【クロスタイプ】の網入りガラス(網が縦、横、碁盤の目の様に入っている網入りガラス)でしたが、お客様のご要望で【ひし形タイプ】の網入りガラスに変更しました。全く同じものだと変わった感じがしないので、別のタイプの物が良いと言う理由の様です。

ガラス交換を終えたサッシ窓をもう一度ロープで吊るして、屋根上でコーキング処理を行って行きます。

ちなみに、下の画像の左側に少し見えているのが【エアコンの室外機とその土台の足】です。写真の左した側の足を切断しました。

コーキング処理を行う為にまずは、マスキングテープで養生を行います。

コチラが完成したトップライトのガラス交換となります。下側は斜面になっているので雨水が溜まらない様にコーキングで処理を行っています。

(AGCのシールは上下逆についています。一旦剥がして、写真撮影の為に取り付けたら逆につけていました汗。)

トップライト(天窓)設置しない方が良かった

実は、春日市のコチラのお客様宅にはここの場所以外にもトップライトが設置されています。

今回の施工は東側の屋根なのですが、南側には、さらに4枚のトップライト窓がありました。(しかも内2枚は今回のガラスの2倍はあります)もともと南側の空き地に住宅が建った時の明かり採りとして設置されていたのですが南側は思惑に外れ現在は駐車場として使用されています。平の駐車場なので春日市のお客様宅を遮るものは何もありません。そう考えると、メンテナンスを伴うトップライトを「設置しなければ良かった・・・」と、おっしゃてました。

「また、ひび割れしたらお願いしますね!」とお言葉を頂き現場を後にしました。

ご利用ありがとうございました!

福岡市中央区でマンションにお住いのお客様より「サッシが思うように開かなくなったので見に来てくれないでしょうか?」とご相談が入りました。結果”オーバーレール”の施工を行い解決しました。実際の写真を掲載します。

サッシ開閉の不具合は戸車の載るレールの部分が上記写真の様に「ぐにゃ」と歪んでいた事が原因です。なぜ、歪んでいたのか?と言う事ですが、レールのこの部分は水が外に流れる様に穴が空いていました。実はこの窓、かなり大きく、横幅1400×高さ2200程はあります。しかもペアガラスなので2人で持ち上げないと対応出来ないレベルの重量です。60kg以上の重さはあります。水切り用の穴が空いている箇所はどうしても弱いので、重量に耐え切れなくなって自然と歪んで行ったのではないかと推測できます。

歪んだ戸車レールを可能な限りペンチを使って真直ぐにして行きます。

福岡市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

基本的にアルミ製のレールなので簡単にペンチで曲がります。ただし、一旦曲がったアルミは、元通り真直ぐなる事はありません。

続いてオーバーレールの施工を行って行きます。

サッシ開閉不具合を解決するオーバーレールとは

オーバーレール・・・あまり聞き馴染みがないワードだと思います。

上の写真の様なステンレス製のUの字部材です。既設のサッシレールの上から被せるだけの比較的簡単な施工で新品のレールが簡単に完成します。上から被せるだけなのでDIYが出来る方であれば朝飯前に出来ると思います。1820㎜のサイズで販売されている所が多く、ネットや金物屋さんで購入可能です。価格も1本2,000円弱の価格帯となっています。

オーバーレールの施工方法

既設のサッシの長さをスケールで測り、5~10mm程短めにカットします。私たちはサンダーで”シャキン”とカットして、カットした面の面取りを行います。DIYで行うのであれば金切りノコなどで切れるのではないでしょうか。後はレールに被せるだけ。。ただしそのまま被せただけでは”遊び”が多くぐらつく事もあります。福岡市のこちらのお客様宅でも若干ぐらつきがありましたので、接着すると言う意味でもオーバーレール溝にコーキングを入れて固定して行きます。

部屋外側のステン色のレールが新規にオーバーレール施工した部分です。綺麗に真直ぐなレールに生まれ変わりました。

DIYで行うオーバーレール施工の注意点

オーバーレール施工を行うとレールの厚みと高さが変化します。少々分厚く、少々高くなるのです。既設のサッシがこの”少々の変化”に対応できるのか?ここの見極めが非常に大切です。別の福岡市のお客様がご自身でオーバーレール施工を行おうとネットで部材を揃えてチャレンジしたそうなのですが、既設の戸車サイズにレールが合っていなくて、サッシの動きが増々悪くなったとご依頼を頂いたケースもありますので、ご自身で施工される場合は”事前調査”だけは確実に行った方が良いと思います。

あと、サッシが重く1人で脱着が困難だったり、サッシが枠から外れなかったりなど初めてサッシを外される場合は色々な事が想定されます。

福岡市中央区のお客様に最終的な確認をして頂きました。

お客様にご満足いただけました!

お客様に最終確認と言う事でサッシを開け閉めをして頂きました。いままではかなりガタガタなってストレスがかかっていたと言う事でしたが、新しくオーバーレールを施工させて頂き”スイスイ”窓が動くようになりました。

「お~すごく動きが良くなったよ!ありがとう」この様な言って頂きました。

ご利用ありがとうございました。

小倉北区の網戸張替えの現場に行って来た時の案件をブログに書かせて頂きます。

天候に恵まれたこの日は朝から網戸張替えを6枚程行っていて結構ヘトヘトの状態です。春先になってくると毎年、網戸の新調や網の張替え需要があります。今回は下の画像の様な特大サイズの網戸張替えを行って来ました。おおよそ、横幅1300mm×縦1900mmのマンションに設置されていた網戸です。

上の画像がサッシから取り外して車の作業台に持ってきた状況です。押さえのゴムは外れてしまって端の方は網が剥がれている状態です。

網を綺麗に張り直して今から設置に向かう時に撮影しました。

今回は特大サイズの網戸と言う事でしたが、たまたま1階部分だったのでベランダから外に出せましたが2階以上の階層であれば網戸が設置された状況で網の張替えをした方が楽だと思います。1階まで持って降りる方が大変です。

北九州市小倉北区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

ご自身で網戸の網を交換する方もいらっしゃると思います。実際にホームセンターなどでも網戸の網が販売されています。こちらもお客様も自分で網を張ろうかと思ったけど、リビングの網戸は大きいので業者に頼んだ。。他の場所の網戸は自分で網を張るよ。。とおっしゃってました。

仕上がった網戸を設置すると「やっぱりプロやね~どうしたらそんなに綺麗に張れると!?」とおっしゃって頂けました。

網戸を張り替えるコツ

網戸の張替えにはいくつかコツがあります。ホームセンターなどで”網戸の張替え方”と言う様な冊子が無料で置かれたりしていますので、それを参考にするのも良いと思いますが、初めての人がもっと簡単に張れる方法があります。

枠のゴミなどを綺麗に掃除

まずは既設の網(ネット)を外すのですが、まわりが押さえゴムで溝にはまっているのでそれを綺麗に取って行きます。古い網戸の場合は、押さえゴムも固まっている事があり外れにくいケースもあります。私たちは”千枚通し”を道具として持っているので押さえゴムの溝に、千枚通しを差し込み、網を引っ張りながら押さえゴムと網を同時に外して行きます。綺麗に外し終わったら溝に残りは無いかゴミはないか?綺麗に掃除します。

網(ネット)をサッシに対して、真直ぐに置く

平らな台などの上に網戸のサッシを置き、その上に網(ネット)を真直ぐ水平に置きます。網自体に碁盤の目がありますのでサッシに対して真直ぐ水平か確認しクリップで網とサッシを止めます。ホームセンターで購入した網はクルクルと巻かれているので何かで押さえたり止めたりした方が作業が断然やり易いです。

サッシのLの字に押さえゴムを仮止めする

ここからが”初心者でも出来る網戸の張り方”ですが、スグにローラーで押さえゴムを溝にはめて行くのではなく、一旦サッシのLの字に押さえゴムを要所要所溝にはめて行きます。

(赤い所の様に要所要所押さえゴムをローラーで上から押し込んで溝に入れて行きます)

どうしてか?と言う所ですが、一気にローラーで押さえゴムを入れて行くと最初は水平になっていた網目ですが押さえゴムに巻き込まれて段々斜めになって行きます。これが初心者の方が”上手く網戸が張れない”原因で最も多いです。

従って、いきなりローラーで押さえゴムを巻き込んで行くのではなく、ローラーを使ってLの字の要所要所(角と真ん中、真ん中と角の間など)に押さえゴムを【上から押さえて、溝に入れて行きます】

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Lの字.jpg です

それを繰り返し、Lの字の部分は水平をキープしながら完成させます。

ローラーの方向を気にして仕上げる

残りはあと2辺だけです。ここで網を”バシッ”と張って行く訳ですが、ポイントになるのはローラーの使い方です。使い方と言っても特別な事ではなく、ローラー部分の外径が大きな方がサッシの内側、外径部分の小さい方がサッシの外側になる様に持って押さえゴムをサッシ溝に入れて行きます。この時に網を余った片方の手で持ってどちらかと言えば気持ち外側に引っ張る様なイメージでサポートするとしっかり張れて行くはずです。

一度試してみて下さい。

福岡市南区のお客様から朝一でご依頼のお電話を頂きました。「知らない間にガラスに”ひび”が入っているのを発見した。。気持ち悪いので直ぐに入れ替えて欲しい」と言う様な内容でした。

施工前のガラスは赤丸の所に”ひび”が入っています。

2階の明り取りのFIX窓に入っている網入りガラスです。「熱割れ」の可能性が高いので、その様にお伝えすると「あ~だったら少し安心しました。てっきり誰かが侵入しようとしてガラスを割ろうとして入った、ひび割れかと思ったので本当に不安でした」とおっしゃてました。

車両に網入りガラスの在庫がありますので、その場で作業を開始し完成しました。

こちらが完成した写真です。

同じガラスなので見た目は一切かわりません。

福岡市南区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

この窓はFIXと言って「はめごろし」窓となります。なんだか文字に書くと怖い表現なので、少しでも柔らかく表現するために、あえて”ひらがな”にしました。笑

通常の引き違い窓とは違い、動かない窓なので「はめごろろし」と言います。

はめごろし窓=FIX

です。

FIX窓のガラス交換方法

普通のサッシ窓であれば、障子と言われる「窓」を外して窓枠(サッシと言う言い方をされますね)をL型に分解してガラスの交換を行います。

ただ、FIX窓は取り外す事すら出来ないのでお客様から「これどうやってガラスを入れ替えるの?」と聞かれる事も少なくありません。

今回の様に比較的に小さめのFIXもあれば、店舗やビルなどに取付られている大型(例えば、横幅1200mm×高さ2200なんていうサイズも普通にあります)の窓もあります。基本的な交換方法は同じなのですが、サッシの”押し縁”と言われる部分が外れる仕掛けになっています。

ガラスが、サッシ枠から外れない様に自然な感じでアルミの枠が別に取付られています。上の写真にも、もちろん”押し縁”はついていますよ。

サッシによって、四方”押し縁”があるものもあれば、1か所しかないもの、上下が”押し縁”になっているものなど様々です。

基本的にはコーキングで回りが埋められている(ビートの場合もあります)のでカッターでコーキングを切って「空間を作り」”押し縁”を文字通り”押す”様に外し、ガラスが外れる仕組みです。

ガラスのサイズを出すのも少々知識が必要(慣れれば誰でもわかりますけど)で”押し縁”が外れる状況によってガラスの原寸を算出します。割れたガラスを撤去しまわりのゴミなどを綺麗に片づけ、新しいガラスをはめ込んでいきます。

この時に必要なのが「吸盤」です。↓

吸盤の性能にもよりますが、私どもで一般的に使用しているものでも60kg程度はこの吸盤だけで持ち上げる事が出来ます。FIX窓がガラスの端を手で持って入れる事が出来ないので「吸盤」は必須の道具となるのです。

ちなみに、吸盤もホームセンターに売っていますが、透明ガラス専用のものがあり、型板ガラスの凸凹に対応出来ないものもありますので購入を考えられている方は気をつけて下さい。

ガラスを枠にはめたら仕上げをします。

無事にガラスが枠にセット出来たら70%完成です。あとは取り外した押し縁を元通りにセットし、バックアップと言われるスポンジ的な材料でガラスが動かない様に固定して行きます。仕上げはコーキングで行いますので”シールテープ”でガラス面とサッシ部分に裏表しっかり養生し、コーキング充填。。綺麗にコーキングを仕上げて作業完了となります。

福岡市南区のお客様のガラス交換もこの様な工程でバッチリ施工完了しました。

ご利用ありがとうございました。

北九州市八幡東区のガラス修理に伺って来ました。昨日も今日も晴天です。天気予報ではしばらく晴れの予報。ガラスカット日和です。当社のガラス修理は現地でサッシや木枠の寸法を測り、車両に積んでいる作業台を出してガラスを必要なサイズにカットし、そのままガラスの交換を行います。今日もそんな感じでガラス交換を行ってきました。下記写真が施工前後の写真となります。

作業時間は30分程度で終わりますので”今日はお出かけしないといけなので早くガラス修理を終わらせたい”と言うお客様には大変ご好評です。

施工させて頂いた八幡東区のお客様も、その様なお急ぎのお客様で、お昼からお子さんの家庭訪問があるので、どうにか午前中にガラス修理を終わらせたいと言うご希望でした。

北九州市八幡東区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

たまたまその日は立て込んでいまして、前の作業を終わらせて伺うと最短でも11時30分から12時くらいにはなります。。

お客様「12時に来て頂いたとして、一度会社に戻ってまた来てくれるまでには何分くらいかかりますか?」とご質問されました。。

私「一度会社に持って帰る??いえ、現地で少々作業出来るスペースをお借りして、そのまま作業いたしますよ。」

お客様「え!?持って帰らないでガラスはあるんですか?」

よくよくお話を伺ってみると、以前も和室のガラスが割れた事があり、その時呼んだガラス屋さんは、割れたガラスが入っているサッシごと持って帰って1~2時間後に新品のガラスに入替来てくれたそうです。その印象があるのでこのようなご質問をされている様です。

当社のサービス(現地施工)をご理解頂き、その場で直ぐに修理してもらえるなら家庭訪問までに十分間に合うと思います。と言う事で正式にご依頼を頂きました。

前の作業を丁寧且つ迅速に終わらせ急いでお伺いすると、写真の様に割れていました。。。「どうされたのですか?」とお聞きすると、「大きな虫がいたので主人に『どうにかして!』といって主人が虫を思い切り叩いたらこの状態です・・・。」と悲しんでおられました。

続けて「やっぱり虫でも命は大切にしないと罰があたりますよね・・・」と。。。

「お怪我とかは・・・」とお尋ねすると、「いえいえ怪我とかは全然大丈夫です」と言うこと、一安心です。時間もないので早速作業開始。

ガラス交換の作業時間は約30分

サッシを枠から外して外に準備していた作業台に持って行きます。ガラスが入っている枠を分解して割れたガラスを綺麗に取り除きます。予め測っておいたサイズにガラスをカットします。

種類は型板ガラスの4ミリです。F4K(エフヨンケー)と呼びます。フロート、4ミリ、かすみの略です。

回りにビート(グレチャン)と言われるゴムが巻いておるので、改めて巻き直し、サッシ枠にはめ直せば完成です。もとのサッシにセッティングし「終わりました!」とお客様をお呼びしました。

「すぐに来てもらって、修理もすぐ終わって本当に助かりました!」とご評価頂き現場を後にしました。

ご利用ありがとうございました。

門司区のお客様より、温かくなって来たので網戸を開けて風の入替をしたいのだけど、サッシがガタついて上手く開ける事が出来ないと言うご依頼を頂き戸車交換を行った現場です。

まずは、施工前の写真です。

施工前の戸車は経年劣化で樹脂部分(車部分)がもろくなって来ています。一部は”欠けて”細かい亀裂が入っている状況です。

下の写真は、戸車交換を行い、新品の部品を取り付けた状態となります。

写真は1つだけですが、実際には左右2つの戸車を交換しています。(お客様がお出掛と言う事であまり時間がなかったので少々慌ててしまい全体の写真を取り損ねました。汗)

北九州市門司区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

ご依頼主の方はご年配の女性の方で、リュウマチで手がご不住だったので、特に少しの不具合でも大きな支障をきたす事になります。戸車は戸車で悪いのですが、その他に戸車が動くレールの部分も”歪み”が出ており、せっかく戸車交換をしても”スイスイ”開閉する事は難しい状況です。レールの手直しの必要があるのですがペンチで少しずつ微調整を行いどうにか満足のいく仕上がりとなりました。

戸車が乗るレールがないので網戸が設置出来ない。

ご依頼主のお客様と別の棟に娘さんがお住いと言う事です。基本的に同じ作りでご依頼主様のお部屋の寝室には網戸が設置出来ているのに、娘さんのお宅には寝室に網戸が取付出来ないと言う事です。なんでも知り合いの便利屋さんに一度来てもらって網戸の取付をお願いした所、網戸を設置する為のレールが無いので取付出来ない。。と言われたとの事。実際にご依頼主様の所の寝室網戸を見て見ると確かに後付けのレールが付けられています。「娘さんの所も、同じように後付けの網戸用レールを取付すれば新規網戸を取付出来ますよ」とアドバイスさせて頂きました。

戸車交換の仕事から追加受注を頂きました。

当日はそのまま帰社したのですが、後日、「娘の所も戸車のレールを付けて欲しい」と会社に連絡がありました。「網戸も一緒にご注文するので出来るだけ安くして欲しい」との事、もちろん可能な限りお安くご提供させて頂きます!と言う事で、別の棟の娘さんのお宅にお伺いしました。娘さんに抱かれた赤ちゃんと3歳くらいの男の子がお出向してくれました。

「お母さまの方から網戸の新規設置のご依頼を頂きまして現調にお伺いしました。」

「あっはい。聞いています。よろしくお願いします」と言う事でお邪魔させて頂きました。一通り寸法を測らせて頂き、網戸も含めて部材の用意等で10日前後のお時間を頂く事でご了承をして頂きました。部材入荷後、滞りなく作業を終える事が出来ました。

作業日にはお母さまも立ち合いをされましたので、改めてお礼を言って現場を後にしました。

ご利用ありがとうございました。

福岡市西区で内窓施工のご依頼を頂きました。まずは画像をご覧ください。施工前の写真です。

中窓になるのですが、冬場の結露が気になる(サッシまわりの木の腐食やカビなど)と言う事で、まずは試しに一番ひどい寝室に内窓を設置したいと言う事でした。

下の画像が施工後の画像となります。ガラスはペアガラスが入っているので結露対策は勿論、冷暖房の効果もかなり良くなる見込みです。

福岡市西区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

福岡市西区では新聞折込でキャンペーンチラシを配布していました。LIXIL製内窓のインプラスを低価格で施工させて頂く内容です。お陰様で反響は上々、5件程お問合せを頂き、2件はご成約。後の2件はお見積りを提出しご検討頂いています。残り1件は見積りのみで失注となっています。

インプラスの取付時間は1窓1時間が目安です。

窓の工事と言うとどうしても大掛かりなイメージがあると思います。確かにサッシを交換する場合は外壁を切って窓枠を取り外すケースが多いのでそれなりに大掛かりになるのですが内窓施工に関しては写真の様な2枚建ての窓は通常施工1窓1時間程度でおわります。これが4枚建て(障子が4枚)になると少し横幅が長くなりますがそこまで時間はかわりません。

インプラスのふかし枠

通常施工では無い場合は、額縁(窓前面の4方の枠)に木工事が必要な場合やふかし枠を使用する場合です。額縁自体が歪んでいる場合や隙間が空いている場合はレベルをとってやったり隙間を埋める作業に時間がかかります。また、既設のサッシのクレセント長さの関係で内窓(インプラス)を取り付けた時に干渉するケース、もしくは、そもそも額縁の有効寸法は約70mm必要なのでそれ以下の場合は”ふかし枠”と言う部材を使用する必要があります。

ふかし枠とは内窓(インプラス)を取付する為に必要な額縁の”幅”を確保する為に使用します。例えば枠の有効寸法が50mmしかない場合は、20mmの”ふかし枠”を取り付けて、手前に20mm出す訳です。そうする事によって有効寸法が70mmになりますね。

ふかし枠のサイズは20mm、40mm、50mm、70mmが用意されていますので大体のご住宅に対応出来る様になっていますが、ふかし枠を取り付ける時間が必要となりますので1時間では終わらない可能性が高くなります。

こちら福岡市西区のお客様の窓は特に”ふかし枠”や木工事は必要ありませんでしたので1時間以内の施工で終わりました。「もう、終わったんですか?」とおっしゃてました。

「はい。簡単に施工出来ますので効果があれば追加のご依頼お待ちしています!」とお伝えし現地を後にしました。

ご利用ありがとうございました。

お昼の休憩で会社に帰って来ました。現場で動いていると会社には戻らずに近くの公園でお弁当を食べたり、飲食店で食べたりと色々なのですがたまたま近くでガラス交換のご依頼があったので、その現場を終えて「愛妻弁当を会社で食べよう!」と自分の席に座りました。受付のスタッフが電話対応中に「プルルルル・・・」と電話が鳴りました。私しかいません。。。そりゃ~電話にでます。。「お電話ありがとうございます。ドアードでございます。」

と慣れた感じでお電話で出ると、「ガラスが割れてしまって・・・あと網戸も破れて・・・グズん・・グズん・・。。」え!?泣いていらっしゃる??よく事情はわかりませんでしたが取り急ぎ速攻でお弁当を食べて現地に向かいました。弁当分ロスタイム5分。。

大牟田市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

ロスタイムの5分を取り返せたかどうか分かりませんが、裏道を安全運転で滑走してお客様宅へ到着。。マンションの1室です。”ピンポーン”インターフォンを押すと目を赤く腫らした20代くらいの女性の方が出て来てくれました。「あっありがとうございます。どうぞ・・・」割れているのはベランダのF4K(型板4mm厚)のガラスです。その外側にある網戸の破れています。。「これなんですけど今日直りますか?」「はい。通常在庫で車両に積んでいますので、お見積り後すぐに作業に取り掛かれますよ」1つ不思議な事に散乱したガラスに混ざってお茶碗も割れていました。。「お茶碗、どうされたのですか?」「主人と喧嘩してつい投げてしまって・・」

お~なるほどなるほど。。涙と茶碗の関連が分かりました。「ご主人様は・・・」私も聞かなきゃいいのについ。。

お客様「あ、向うの部屋でゲームやってます。。」と言う事で、その話しにはもう触れもせずに作業に取り掛かりました。お部屋の目につく所に、結構式の写真や、たまに見かける”カップル2人が書かれたイラスト”など「若いご夫婦だな~」と思わせるものがアチラコチラに飾られています。。

戸建て住宅のガラス交換であれば一度サッシごと外に持ちだして車の所で作業を行うのですが、マンションの4階なのでサッシを車に運ぶのは少々リスクが高くなります。なのでベランダをお借りして養生シートで回りを保護し作業を開始しました。サッシをバラして新しいガラスを持って来る所までの工程が終わったタイミングで、別の部屋でゲームをされていたご主人様がお見えになりました。「あ~こんちわ。すいません。。。」茶髪で長身なイケメン旦那さんです。奥様が旦那様に向かって「ガラス終わったらイオン行くよね、、たか子達の行くらしいよ・・・」と言う話し声が・・・???「えっじゃ~向こうで合流しよっか」

なるほど。。喧嘩のあとの仲直りは終わっていたようです。

イオンで待ち合わせ・・かぁ~じゃさっさとガラス交換を終わらせないと。。と言う感じで幸せそうなご夫婦の所の作業を終えました。

ご利用ありがとうございました!

網戸の張替え作業を行っていると会社から電話がなりました。「今から久留米市諏訪野町までどれくらいかかりますか?」と言うお問合せです。「そうですね。。準備してお伺いするので40~50分くらいですかね~」

手配スタッフ「わかりました。では一旦お客様にお時間を確認して改めてご連絡します」その後5分ぐらい後に「除草作業中にガラスが割れてしまった様です。5時までしかいらっしゃらないので至急お伺いして下さい!」時計を見ると、15時10分です。。お~結構ギリギリだな~と思いつつ現地へ向かう準備をしました。

久留米市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

15時48分に現地到着。”ブウォ~ブウォ~”と草刈り機が爆音を鳴らしてします。近くまで駆け寄って「すみませ~ん!ガラス屋ですけど・・・ガラスの修理で伺いました!!!」ここ最近では一番大きな声が出ました苦笑い。草刈り機のエンジンを切ってくれて「あ~ゴメンね~忙しい所!」ワイルド系の中年の男性がガラスが割れた場所まで案内してくれました。(後にこの方が社長さんである事がわかりました)割れたガラスは撤去されていて近くのバケツに入っており、割れている所は段ボールで塞がれています。バケツに入ったガラスですぐに分かったのですが”強化ガラス”です。。強化ガラスは粉々に砕けますので通常のガラスと割れ方が全く異なります。「お客様、これ強化ガラスですね~同じガラスでないとダメですよね?」

お客様「強化ガラス?俺は素人やからわからんけど、、同じじゃないとダメやろ~ちょっと聞いてみる」と言う事で体育館の管理されている所にお電話をされていました。

お客様「あ~やっぱ同じじゃないとダメみたい。。どうにかなるかね?」私「勿論、工事は大丈夫なのですが、強化ガラスと言う事になりますとガラスを用意するまでに10営業日くらいかかります。大丈夫ですか?」

またまた管理者にお電話で聞かれていました。。お客様「取り敢えず大丈夫やけど、この状態じゃ(段ボール養生)まずいき、どうにかなるかな??」私「そうですよね。。じゃ仮工事でコンパネ入れましょう!強化ガラスと変わらんくらい強いですよ!」と言うやりとりを行っている時の時間が16:15分。。「17時にはここの作業終わりと聞いたのですが。。あと45分しか時間がありませんか?」

お客様「そうやね。。ま~少しくらいやったら大丈夫やけど。。門が閉まるみたい。。」なに~~至急コンパネを用意せねば!と言う事で近くのホームセンターに向かいました。仮工事自体は原寸サイズのコンパネがあれば5~10分で終わります。なので17時45分までコンパネを用意して作業にかかれれば問題ありません。ホームセンターに到着し8mm厚のコンパネがありました。必要なサイズが797×689で、販売されているコンパネは900×900です。ふつうはホームセンターのサービスで木材カットがありそれを利用させて頂き適寸にカットしてもらうのですが、なんと!木材カットの機械が故障してると言う事。一旦体育館に戻り、ノコギリでコンパネをカットしました。機械だと一瞬でカット出来ますがノコギリだとまっすぐ切るのが結構大変でした。

そんなこんなでどうにか17時までには仮工事完了です。後日強化ガラスが会社に納品されましたので施工に向かいました。最終的な立ち合いもして頂き無事工事完了しました!

ご利用ありがとうございました!

小倉北区の商業施設を担当する管理会社様からご相談が入りました。

「共有部分のサッシ扉の開閉が調子が悪いのですが、ご対応可能ですか?扉は結構大きくて横幅75cm高さ2メートルちょっとあります。そのサイズの扉が2つついているのですがその内、右側の扉が開け閉めする時に”ガクン、ガクン”なる感じなのです。」

「わかりました。では一度拝見させて頂いて状況を確認させて頂いて宜しいでしょうか?故障の内容を特定してお見積りを出させて頂きます。。」この様なお話をさせて頂き現地にお伺いいたしました。

北九州市小倉北区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

早速当日現地で管理担当の方と待ち合わせをして問題の扉を現調しました。共有部分と言う事もあり通行される方も結構いらっしゃいます。お客様の通行してない僅かなタイミングを見計らって現調をして行きます。。フロアヒンジケースの蓋を外してみると結構なサビ具合です。ヒサシはあるのですがちょっと水がかかる所に在る為か、もしくは掃除の度に水を流すのか定かではありませんが水気もあり基本的にフロアヒンジの本体を交換した方が良い状態でした。

「フロアヒンジのBOXごとの交換になると回りのタイル補修など必要になります。拝見するとBOXはそのまま使えそうなのでフロアヒンジ本体のみ交換される方が費用的にも施工の規模も少なくて済みます。勿論、フロアヒンジのBOXごとの交換も出来ますけど。。いかがいたしましょうか?」

管理会社様「できれば、コストを安く済ませたいと思うのですが一度施設の方にも確認してみます。フロアヒンジの”本体のみ”と”BOXごと”の両方の見積りを出してもらう事は出来ますか?」

この様なご要望でした。見積りは後日メールで大丈夫と言う事でしたので。会社に帰って見積り書を作成し管理会社の担当の方にメールさせて頂きました。

翌日その担当者様より連絡がありました。「早速見積りを頂いてありがとうございました。施設の方と話したのですが、やはりフロアヒンジの本体のみ交換して頂こうと思います。また施工日が分かったら教えて頂きたいです」私「ありがとうございます。承知しました。ちなみにそちらの施設はお休みの日などございますか?前回の現調の時、結構人の通りが多かったので休館日とかで工事が出来ればありがたいなと思いましたもので・・・」

「いや、、あそこは休みってないですね。。もしアレだったら施工中は通行止めにしましょうか?別の通用口もあるので施設側にいってみますよ」この様な感じで大変ありがたいご提案を頂きました。

施工当日、「時間は9時から12時まので通行禁止で大丈夫だったですか?施設にはその様に伝えています」と言う事で3時間のお時間を頂きました。早速工事スタート、扉を外して中のフロアヒンジを外して行きます。少々やっかいなレベル、倒れなどもスムーズに調整する事が出来き11時過ぎには施工完了です。

管理会社の担当者様「お~結構早く終わりましたね。。あ~やっぱり開閉の感じが全然違いますね!バッチリです。ありがとうございました」しっかり施工も終わりご満足頂く事が出来ました。

ご利用ありがとうございました!