google-site-verification=bRF_7Ofs8-iRkrWNNQS-vjRrcIz_PbsaOpWS7ruyOrg

合わせガラスと言うキーワードで調べていると「合わせガラス」「防犯ガラス」「複層ガラス(ペアガラス)」などアレコレ出てくると思います。このページでは合わせガラスとは何か?防犯ガラスや複層ガラスとは何が違うのか?他にも似た様な商品はあるのか?

この辺りの疑問をクリアーにしていきたいと思います。

北九州市小倉北区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

合わせガラスとは何か?メリット・デメリットについて

合わせガラスとは、ガラスとガラスの間に中間膜が挟まれたガラスの事を言います。間に入っている中間膜は一般的にPVB=ポリビニールブチラール

と言う素材が使われています。このPBVは接着性の高い樹脂で車のフロントガラスに使われたりしています。事故を起こした車のフロントガラスが粉々になっても飛び散っていないのはこのPBVのお陰なんです。製造方法は、ガラスとガラスの間にPVBフィルムを挟み込み、加熱・圧着で合わせガラスを製造しています。

合わせガラスのメリット

合わせガラスのメリットとしては、前述した「飛散防止」の効果が非常に高いです。また、二重構造のガラスに樹脂が挟み込まれていると言う事で、ガラス割りの泥棒侵入の際に易々とガラスが貫通されないので「防犯効果」もあります。さらには「防音効果」も期待できます。

ビルやマンションなど高層階では万が一のガラス割れの際に地上にガラスの破片が落下しないと言う事で網入りガラス同様に使用される事も多い商品です。

合わせガラスのデメリット

価格が高額。通常の単板ガラスと比較すると数倍の価格差がります。また先程のメリットを受ける為にはある一定の枚数を合わせガラスに変更しなければ意味がないのでさらに費用の負担が重くなります。

もう1つのデメリットが「重たい」と言う事です。そもそも新築やリフォームの計画で合わせガラス用のサッシにガラスを適合させるのであれば問題ありませんが、既存のサッシに対しガラスのみを合わせガラスにすると状況によりガラスの重量がかなり重くなるのでサッシの戸車が対応しきれないと言う不具合が生じる可能性があります。

合わせガラスと防犯ガラスの違い

防犯ガラスと合わせガラスの違い

合わせガラスのメリットとして防犯性を挙げましたが、では合わせガラスと防犯ガラスでは何が違うのでしょうか?

それはズバリPBV(ポリビニールブチラール)の厚みの違いです。

防犯ガラスの中間膜(PVB)は30mil(ミル)=(0.76mm)以上とされています。AGC(旧旭硝子)では防犯ガラス商品としては中間膜が30mil、60mil、90milのラインナップがあります。30mil以下の中間膜の厚みは防犯ガラスとしては存在しません。

ちなみに通常の合わせガラスの中間層PBVの厚みは15mil(0.38mm)である事が多いです。

複層ガラスと防犯ガラスの違い

複層ガラスと防犯ガラスって何が違うの?

複層ガラスはペアガラスとも言われる事があります。どちらも同じ商品を指す言葉ですが、ガラスの構造が

ガラス+空気層+ガラスとなっている商品の事です。合わせガラスは、ガラス+中間膜(PBV)+ガラスなので、ガラスの間に挟まれているものが「空気層」なのか「中間膜」なのかによって”複層ガラス”か”防犯ガラス”に分かれます。

複層ガラスには結露対策や熱効率(遮熱・断熱・紫外線カット)を向上させる効果がありますが、飛散防止や防犯性の向上と言う機能は備えていないと言う違いがあります。

合わせガラスと似た商品

合わせガラスを調べていると、これって合わせガラスと何が違うの?と言う商品がありますので補足で解説しておきますね。

・防音ガラス

合わせガラス同様にガラスとガラスの間に中間膜が入っているガラスです。

この時の中間膜は”遮音中間膜”と言われ通常のPBVに特殊な成分を合わせて特殊PBVとされ商品化されています。商品名こそ防音ガラスですが要は「合わせガラス」と言う事になります。

・遮熱中間膜

防犯ガラスや自動車ガラス、学校や施設などのガラスに使用されている合わせガラスに、さらに遮熱性向上のために中間膜に紫外線吸収剤を混ぜ込んで作られた合わせガラスもあります。

・着色中間膜

合わせガラスに「色をつけたい」と言う発想で中間膜に顔料を混ぜて乳白やブラウンの合わせガラスもあります。そもそも合わせガラスは透明だけではなく、型板ガラスと言う半透明(単板でも浴室や玄関ドアのガラスで良く使用されています)のガラスも一般的にあるのですが、着色中間膜はさらにデザイン性を意識した合わせガラス商品と言えます。

まとめ

本日は合わせガラスに関してゴチャゴチャになった頭をスッキリする為に解説しました。合わせガラスとペアガラスは基本的に違う商品。

合わせガラスや防犯ガラス、防音ガラス、遮熱、着色の合わせガラスはベースは同じ合わせガラスです。ただ、中間膜の厚みが厚くなれば防音ガラス。

中間膜に特殊な何かを混ぜれば、防音ガラス、遮熱や着色の特性を持ったガラスになると言う事です。

ガラスの現地調査

古賀市のお客様よりお問い合わせがあり、原因は分からないがペアガラス(複層硝子とも言います)の一部に穴が空いて割れているので修理をして欲しいとご相談が入りました。お客様のご意向としては、穴の部分だけ塞ぐか、割れている外側の1枚を交換、割れていない内側のガラスはそのまま使えないか?と言う事でした。

ガラスに空いた穴は1cmぐらいとの事でしたがガラスに空いた穴を塞いでペアガラスの機能を維持するのは無理です。

「お客様、残念ですが、穴を塞ぐと言う事は難しく、ペアガラスは外側のガラスと内側のガラス2枚で1組となっております。その為今割れている外側のガラスのみを交換し内側のガラスを使用すると言う事は無理なんです」

しっかり説明させて頂くとご納得頂けた様子で、「わかりました。そしたら一回見に来て頂けませんか?」との事。

早速、現地調査に伺いました。

古賀市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

ペアガラスの現調ポイント

①ペアガラスの現調はサッシの中に入っているガラスの縦と横の長さが必要です。

見えているガラス面の縦と横の長さを測ってそれに24㎜プラスすればおおよその原寸サイズが分かります。中には24㎜よりもかなり深い呑み込みのあります。今回はグレチャンも交換したいと言う事でしたので、一度サッシ枠を片方だけ外してサッシの溝幅もチェックする事になりました。後で出てくる総厚も確認する必要がありますしね。

②ガラスが通常ペアガラスか、Low-eガラスか確認しなければなりません。

Low-eガラスとは通常のペアガラスよりもさらに性能が良いガラスで空気層側のガラス表面に金属膜が施されている複層ガラスの事です。ガラスの下の方にシールが貼っている事が多く、また見た目でもグリーンやシルバーに反射しているので直ぐに見分けがつくと思います。

③ガラス構成と総厚のチェック

ガラスの構成とは内側の外側のガラスの種類、さらに空気層の厚みを言います。

両方のガラスが透明の3mmであればFL3+A+FL3と言うガラス構成になります。FL3はフロート(透明)3mmと言う意味です。Aは空気層(エアー)で空気層が6mmだと、もっと具体的にFL3+A6+FL3この様な書き方をします。

3mmと6mmと3mmなので総厚は12mmと言う事になります。

➃グレチャン交換の場合はサッシ溝幅の情報も必要

ペアガラスのグレチャンを交換する時はサッシの溝幅情報も必要です。単純にサッシの溝幅を測れば良いので誰でも出来ます。この情報がなければグレチャンの発注が出来ません。

ペアガラス現調時に手抜き工事発見

前述したペアガラスの発注に際して情報を集めるべくサッシの縦框を外そうとしました。

下部2か所、上部1ヶ所にネジで固定されているのですが、下ネジ2本を外して上のネジを外そうとした時、ずず~と上のサッシが反対側の縦框から外れてしまいました。。あれ?通常ではありえない事に一瞬何が起こったのかわかりません。

よくよく考えると、反対側の縦框と上部のサッシがネジ止めされていない事が判明。この事自体あり得ない事なのですが、さらに調べて行くと、本来取付られているべきネジが取付られていない手抜き工事ではなく、一旦は取付られたネジの頭が飛んでしまいそのままにされている事が判明しました。

お客様に事情を説明したと事、築10年程度のご住宅でいままでサッシ修理やガラスの交換をした事もなく、新築時からこの状態だったのではないか?と言うお考えの様です。新築した業者もわかっているので問い合わせをしてみるとおっしゃってました「絶対手抜き工事だ!頭にくる」とひどくご立腹でした。心中お察しいたします。

「ガラス屋さん(私の事)これってどうにかなりますか?

手抜き工事の補修方法

私がご提案したのは、折れ込んでいるネジは取り出すことが出来ないので、新たに縦框と上部サッシを結合する為のビスを打ち込む方法です。一番頑丈に固定されますのでコーキングなどの接着に比べると断然おススメとお話しました。ただビスが外部から見えますので見た目が少々悪い事もお伝えしご了承頂きました。

まとめ

悪質な手抜き工事の事もあり、サッシの補修工事もお願いできるならお宅にお願いするので早めに施工して下さい!と言う事で受注させて頂く事になりました。よくよく聞いてみると住宅の火災保険で適用されると言う事でした。原因不明のペアガラス交換工事だったのでお支払いの手出しがなくて良かったです。サッシの補修もバッチリ終わりご安心頂く事が出来ました。ご利用ありがとうございました。

春先(2月~3月)と秋口10月頃は人の動きが多くなります。要は引っ越しシーズンです。

2月から3月にかけては大学生や新社会人などで通学・通勤に適した場所に引っ越す方が多くなりますし。9月から10月にかけては会社の移動が行われる時期です。”転勤”と言うやつですね。

本日は引っ越しに伴い、現在お住いの賃貸(アパート・マンション)を退去する際の原状回復をお得に行う知恵を解説しています。

引っ越しが決まった時は速やかに行動して退去時の自己負担を極力安くしましょうね!

北九州市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

原状回復とは

借主の責任

賃貸物件で引っ越しをする予定の方は、この「原状回復」と言うフレーズを聞く事になります。原状回復とは今まで住んでいたお部屋を経年劣化以外の自分の過失で行った破損や汚れを元に戻して部屋のオーナーに返す事をいいます。

原状回復ではオーナー(管理会社)の主張と借主(あなた)の主張が異なる事が発生する可能性もあります。原状回復問題は賃貸住宅のトラブル原因となる事が多いので国土交通省では原状回復に関するガイドラインを設けています。

具体的にはクロスの劣化などは借主が直す必要はありませんし、画びょうの極小さい穴も許容範囲。冷蔵庫の裏の汚れも借主負担はありませんが、

例えば、画びょうよりも大きな釘の穴や、テレビボード等のキャスターで発生した床の窪みは借主負担になる事もあります。何が大丈夫で、何がダメなのか良く知る必要がありますね。

退去時の自己負担を軽減するには

コストダウンの方法

例えば、当社はガラス交換やサッシ・ドアの修理を専門に賃貸住宅の退去時の修理をする事も少なくありません。そんな観点から退去時の自己負担を軽減する方法をお教えしますね。

保険の活用を検討しよう!

賃貸住宅に入居する際に多くの方は借主用の保険に加入する事になります。この保険は実は契約内容や保険会社によっては大変充実した内容だったりします。例えばガラス割れですが、”網入りガラスの熱割れ”(網入りガラスに自然とヒビが入る現象)は、結構な保険会社が保険適応としています。また、水道管の凍結による破損や、転倒したために起こった設備の破損も適応としている保険会社もいます。

または、台風による損害は多くの保険会社で一般的に保険対象として認められていますので突風によるドアの破損なども状況によっては保険で直せます。最近ではドアの鍵の紛失も保険適応としている会社もあります。ただしその場合は1回までしか適応できないなどになっている様です。

自分で修理業者を探す!

退去時に管理会社経由で修理をする事が最も楽でスムーズに事が運びます。ただし、管理会社お抱えの業者でもしかしたら管理会社に手数料が支払われる為、相場よりも割高になっている可能性も否定できません。まして、管理会社と取引のない修理屋は特に相見積もりも出来ないので、そもそも相場程度の修理代金かすら分からないのではないでしょうか?

そう言った意味でも、ご自身で2~3社から修理見積りを取る事をお勧めします。

まとめ

本日は、賃貸住宅退去時の原状回復自己負担を軽減させる為の方法について解説させて頂きました。保険適応かを考える。自分で修理業者を探して相見積もりをする。

この2点です。

ただ、それを行う為には、かなり早くから行動を起こさなないといけません。引っ越し数日で全てを終わらせる事はできないので、退去日の最低でも1ヶ月以上前から行動して下さいね。

当社へお問合せされる方でも、3日後に引っ越すので早く修理をして下さい!とおっしゃる方は毎年いらっしゃいますが、もともと引っ越すの繁忙期なのでご予約で埋まっている事も少なくありません。最終的にすぐに動いてくれる業者(管理会社も含め)が一番高額だった!なんて事にならない様に注意しましょう。

サッシの修理費用をお問合せ頂く事も多くあります。

ただ一口にサッシ修理と言っても色々なケースがあります。本日はサッシのトラブルにまつわる各部分の故障症状とその故障に伴う修理費用を解説して行きたいと思います。サッシ修理費用は業者によってもマチマチですので大体の相場としてご確認下さい。

福岡南区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

サッシに不具合が生じる年数

サッシは主に窓枠の事です。リビング・居室・トイレや浴室などの窓もここ最近の住宅ではすべてサッシが使用されていると思います。サッシが普及する以前は木製の窓もありましたが、かれこれ40~50年前の造りの住宅だと思われます。

サッシに不具合が生じる年数は15年~20年前後だとサッシ屋の仕事をしていて感じます。

サッシの不具合を生じさせる部品は、戸車・クレセント、その他にもサッシ接合ネジの緩みやサッシ本体の痛みがあります。部品は一定の動作(窓に鍵をかける時はクレセントを動かします。引戸を開閉する時は戸車が動くと言う意味です。)で動く部品なのでやはり経年劣化で痛んできますね。

サッシの修理費用(異物が引っ掛かった)

サッシのトラブルとしてはお子さんの玩具や異物がサッシのレールに引っ掛かっている事もあります。

その場合はその物を取り除けはトラブル解決となりますが、戸車部分で異物等が詰まっている時は一旦サッシを外して異物を取り出す事になります。女性の方などでは大変な作業になるので業者を呼ぶこともあるかと思われます。サッシを取り外してトラブルを解決する費用は5,000~8,000円程度が相場です。

近所のおじさんでも出来る事があるので、その時は缶ビール2~3本のお礼で十分かもしれませんね。

サッシの修理費用(戸車)

それではここからは、各部分ごとの修理費用について見ていきましょう。

サッシの戸車修理費用ですが12,000円~18,000円前後が一般的な修理相場となります。もちろん特殊な部品や施工方法(2人以上の作業員が必要など)もありますのでこの費用よりも高くなる可能性もあります。サッシの戸車の場合は純正の戸車とはめ込み式のマルチ戸車があります。(マルチタイプ戸車についてはこちらの記事を参考にして下さい)

はめ込みタイプの方が割安になる場合が多く、純正の戸車の場合だと戸車を探す事に対して「調査費用」を請求される事もあります。実際に純正戸車を探すのは少々面倒な場合もありますので手間代と言う所でしょうか。

サッシの修理費用(クレセント)

クレセントとは引き違いの窓を開かない様にロックする鍵の事です。比較的故障が少ない部品ではあります。この部分はネジで止まっていますのでネジが緩んでクレセントのかかりが悪くなったとご相談を頂く事もあります。また、半回転して鍵をかけますが、半回転しようとするも回転する動きが悪い(ひっかかった様な感じ・まったく動かい)と言う故障の症状があります。

じつはクレセントはホームセンターでも販売されています。ある程度の寸法に適応可能なクレセントがありますので器用な方はご自身でもクレセント交換は可能です。ただし注意点もありますので「クレセント錠を自分で交換。絶対に注意するべき、たった1つの事!」こちらの記事は是非見ておいて下さいね。

さて気になるクレセントの修理費用ですが、8,000円~15,000円程度が一般的な相場です。

サッシ修理費用(サッシ接合ネジの緩み)

戸車とクレセントはサッシについている部品ですが、今度は、サッシそのものの不具合修理費用を確認して行きます。

サッシ接合ネジの緩みと言われてもあまりピンと来ないと思います。

ただサッシの不具合で伺うと以外にもサッシ枠を固定しているネジが緩んだ為にサッシの開閉不具合を起こしてるケースもたまにあります。サッシ枠は横の框と縦の框(かまち)を4本(もしくは6本)のネジで止めています。初期の締め込みが甘かったのか理由は定かではありませんが、そのネジが緩んでしまってサッシが斜めに傾いている事がります。

この場合の故障の症状ですが、サッシを閉めてもサッシの枠にぴったりに閉まらずに隙間があいたり、クレセントの閉まりが悪くなったりします。あとは明らかにサッシにグラついた症状を発生させます。

この場合の修理費用は12,000円~15,000円程度が相場です。

修理方法としては、一旦サッシを取り外して、再度組み直す作業になります。もともとあったネジ穴が広がってしまって使えない事もありますので、その場合は別の箇所にタッピングビス等で固定する事になります。サッシをばらさずにビスだけ閉める事も可能ですが、このトラブルの場合はビートがサッシの中に入り込んでしまっている事が大半です。その為、ビートも巻き直す意味でも一旦サッシをばらして組み直す事になるかと思われます。

サッシの修理費用(サッシ本体交換)

最後にサッシ本体が痛んでいるための修理費用です。

要するにサッシを交換すると言う事になるのですが、それこそ築40~50年のサッシは表面がデコボコになってネジもグラグラ、ネジを閉め直しても無理。クレセントや戸車も傷んでいて代替部品すら無い場合も実際にあります。

そんな時はサッシの交換工事となるのですが、現在の主流はカバー工事でのサッシ交換です。サッシ交換の場合、1枚の窓だけ交換する事は基本的に出来ません。もちろん、新しい窓で品番やサイズが合えば不可能ではないと思いますが、多くの方は築20年以上経過した窓サッシを交換されますので、その状況においては、基本的に窓サッシと窓枠のすべてを1セットとして交換します。

サッシ交換費用に関してはサッシの大きさや使用するガラスの種類により価格は大きくブレますが通常の2枚引き違いのサッシ交換で20万円前後が相場となります。(引き違いサッシ2枚と枠全体)

まとめ

本日はサッシのトラブルにかかる費用について記事にしました。まずは業者に症状をみてもらい見積りを取る事をお勧めします。

その際、見積りや出張にかかる費用が無料なのか忘れずに確認して下さいね。

築年数が経過したご住宅ではドアの開閉不具合と言うトラブルが発生します。”ドア”は必ず開閉しますのでドア開閉に深く関係する部品、ドアクローザが経年劣化の為に故障するトラブルも少ないありません。

ドアクローザーのトラブルの場合はドアクローザーを交換する事により解決しますので、今回はドアクローザー交換について解説して行きます。

福岡市博多区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

RYOBI取替用ドアクローザーS202PとS203Pについて

RYOBI(リョービ)と言うメーカーが万能タイプのドアクローザーを販売しています。このドアクローザーは業者の人も使う商品で、勿論一般の人もネットで購入可能です。そんな中、もっとも使用する場合は多いS202PとS203Pのドアクローザーですが、何が違うのでしょうか?

S202Pは木製ドア・アルミドア用

S203Pはスチールドア用

この様な違いがあります。もう少し詳しく説明すると、S202Pはドア重量が45Kg以下で、ドア幅が900mm以下のパラレル型ドアクローザーの取替に使用できます。また、S203Pはドア重量が65Kg以下で、ドア幅が950mm以下のパラレル型ドアクローザーの取替に使用できます。

補足ですが、S202、S203と言う商品もあります。品番末に「P」がついていない商品ですが、これはスタンダード型のドアクローザー取替用となります。重量やドア幅は「P」が付いている品番と同様の違いです。

万能取替用ドアクローザーは本当に万能なのか?

実は、リョービの万能ドアクローザーは解釈のしようで万能ではないです。既設ドアクローザーに対して取付出来ない形状のドアや加工が必要なケースがあるからです。

ただ、広い視野で見るとかなり万能に近いと個人的には感じています。私たち業者は大勢のお客様に対応しますのでS202P、S203Pがあれば7~8割のお客様のドアクローザー交換に対応できます。こういった意味ではかなり万能です。

ただ、一般のお客様が自分の自宅のドアを修理しようとドアクローザーをネットで購入して取替をする時にはリョービ万能取替用ドアクローザーS202PもしくはS203Pが適合するか否かは0か100です。

適合するば100点

適合しなければ0点

私どものお客様でもS202P、S203Pをネットで購入したが取付出来ないとご相談頂く事もあります。そもそも既設ドアクローザーがS202P、S203Pに適合出来ないものだった事も少なくありません。

この点に関しては事前に適合可能か確認する事が必要となります。

RYOBI万能取替用ドアクローザーS202PとS203Pの取付け方法を解説

RYOBI(リョービ)のドアクローザーS202P、S203Pの取替方法は同じです。前述したように対応出来るドアの重量とドア幅が違うだけです。従って今回はS202Pを取付けた現場の写真で解説して行きたいと思います。商品を購入したら取付説明書も同封されていますので、説明書と合わせて見て頂ければより理解できると思います。

既設ドアクローザの取り外し

既設のドアクローザーが壊れていましたので、取り外します。詳しい取外し方法は「DIY必見!ドアクローザーの取外し方、たった3ステップで完了。」で解説していますので参考にして下さい。

ドアクローザーを取り外した状態です。

ブラケットの取付け

次にブラケットを取付けて行きます。

ブラケットは写真の様にその本体が室内側に飛び出す方向が正しいです。逆に取付するとドアに当たってしまい、ドアが閉まりません。赤〇で囲っている所がブラケットを固定するビスです。4か所ビスを取付けるのですが、ここの部分はフリーになりある程度の範囲で調整可能です。取り外した既設ネジ穴を利用して同じ所にビスを打ちます。中には既設ビス穴が3ケ所しかないものもありますが、その場合は別に1か所ビスを打つ事になります。木製枠であればそのままビスを打ちます。スチール枠であればタッピングで下穴を開けた上で新たにビスを打ちます。

固定金具の取付け

続いて、ドア本体に固定金具を取り付けして行きます。

この固定金具を取り付けは重要な部分です。同封の説明書に記載がありますが、ドア上部から既存ネジ穴までの長さによって、写真の赤〇の穴を使うか、今、実際にビスを打っている穴を使うか決まります。この工程を間違えるとドアクローザー本体の取付けられる位置が変わってきますので上手く動かない事になります。説明書を見ながら慎重に行って下さい。

スライド取付板の取付け

ドアクローザー本体を取付ける為の板を先程取付けた固定金具に取り付けます。

この板は最初軽めに仮止めして位置を合わせて固定する必要があります。その合わせる位置とはスライド取付板に刻印されている矢印とブラケットの中心部分を合わせる位置の事です。

ドアを閉めて室内側から矢印とブラケットの中心を合わせて、スライド取付板を固定します。

ドアクローザー本体の取付け

ドアクローザーは天地が同じです。どちらが上か下か決めるには”吊元”がどちらにあるかで決めます。吊元とは丁番が付いている方です。

吊元側と書いていますのでそちらが吊元側になり、ドアクローザーのスピード調整部分が吊元と逆側になる様にドアクローザー本体を取付けます。

本体の上部にアームも取付けます。

アームの結合

ブラケット側のリンク(棒の部分)は長さの調整が可能です。本体に取り付けたアームと丁度良い所で結合(アームの先端をリンク先端の穴に差し込みます)します。

専用のネジで接合部分を固定し完了です。

ドアストップ位置及び開閉スピードの調整

最後に、開いた状態でドアを止めるストップ位置をブラケットの部分のネジを閉める事により調整します。

方法は簡単です。ドアを止めたいお好みの位置までドアを開き、付属の工具でブラケット部分の所定のネジをキツク閉めるだけです。ドア開閉のスピードをお好みに合わせて調整すれば完了です。

まとめ

今回は、RYOBI(リョービ)の取替用万能ドアクローザーS202P、S203Pの取付け方法について解説しました。”万能”と銘打っていますが100%どんなドアクローザーも取替可能と言う訳ではありませんので注意が必要です。商品に実際に付属している取付説明書を合わせてこの記事を見て頂けるとスムーズに取付出来ると思います。

先日お伺いした中間市の現場ですが、ガラスにヒビが入ったので交換して欲しいと言うご相談です。網入りガラスの大きなサッシが取り付けられていました。お客様からこんな大きなガラスどうやって交換するんですか?とご質問を頂きました。

なぜならここは2階です。サッシをもって1階に降りるのもサイズ的に可能なのか?と思える大きさでした。

中間市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

大きなガラスを交換する方法(階段から降ろす)

ガラスを階段から降ろす方法が一番一般的な作業工程となります。普通サイズのガラスであれば階段からサッシごと1階に降ろしてガラス交換の作業を行います。ここで疑問が?普通サイズのガラスとはどの程度のガラスの事を言うのでしょうか?私たちガラス業者は色々なお宅のガラスを見ていますので一般的(普通のサイズ)か大型のサイズなのか見た感じで見分けますが、あくまでも”感覚”でしかありません。私から見たら大型のガラスでも、そこにお住いの方はそのガラスが”普通”だと思います。

階段から降ろせるサイズとしては、サッシ全体が横幅が1000mm、高さ2000mm程度ではないでしょうか。もちろん階段・廊下の幅や運搬経路によっても異る事となります。

大きなガラスを交換する方法(ベランダから降ろす)

ガラスが多き過ぎて階段から降ろせない場合はベランダから直接1階に降ろす方法も検討できます。そもそもサッシを外す場合は室内側ではなく室外方向に外して行きますので、2階の作業の場合はベランダ側にサッシを外す事になります。であれば、そのまま2階に二人、1階で受取るスタッフ二人合計4名もいれば降ろせる可能性も出てきます。手渡しで降ろせるシチュエーションであれば比較的容易です。手渡しで降ろせない場合は、袋状のシートに包める、またはロープで吊るす様にしてサッシごと1階に降ろす事も可能です。引っ越し屋さんもこの方法で大型の家具家電を降ろしたりしています。

大きなガラスを交換する方法(ベランダで作業する)

サッシを外してガラスだけであれば階段から搬入できる場合にはガラス交換をベランダで行う事も選択権の1つになります。なぜ1階に降して作業がしたいのか?と言うと作業台を使ってガラス交換の仕事をした方が作業がはかどりますし、ガラスのみを運ぶ時には、割れたガラスの細かな破片などを室内に落としてしまわないか非常に気にしなけてはいけません。その様な理由もありサッシに組まれたガラスをサッシ事1階に降ろしたいと考えるのですが、それが困難な状況でガラスだけであれば階段で搬入可能と言う事であれば、ベランダでガラスの入替を行う方法を選択する事になりますね。

まとめ

本日は2階の大きなガラスを交換する方法を検討してみました。中間市のお客様邸では運よく階段でサッシごと運べたのでラッキーでした。2階にガラスを運ぶ時はクロスや壁を傷つけない様に運ばなくてはなりませんのでかなり慎重に運ぶ必要があります。基本的には2階のガラスは階段で運べる寸歩に作られている事が殆どですが、まれにデザイン性の高い住宅やリフォームを行った事で階段で運搬出来ないサイズのサッシが設置されている事もあります。業者によっては2階以上の階のガラス交換をする時には別途費用がかかる事もあります。2階の大きなガラスはなるべく割らない様に気をつけて下さいね。

福岡市城南区でサッシの調子が悪いというご相談がありました。

新しくテナントを借りるショップ店長様からのご相談で、サッシの戸車がサッシの中に入り込んでしまう。サッシが重くてどうにかできませんか?と言うお悩みでした。早速現場にご訪問させて頂き状況確認しました。

福岡市城南区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

マルチタイプの戸車について

戸車と言うのはサッシや、室内建具など引戸に設置させているケースが大半です。サッシ・建具を楽に動かすためのタイヤ(車)なのですが、これが困った事に多種多様に種類があります。ひと昔の建具は種類も少なかったのですが、最近はVレール用の戸車を始めモダンな住宅の建具もオシャレになってきていて、それに伴いバリアフリーに合わせた建具など多く選択できます。その分、戸車の種類も増えており、サッシ用戸車に関しては以前から多様性に富んだ部品の数があります。

今回はサッシ用の戸車に焦点をあてて解説しますが、その多様化に合わせる部品としてマルチタイプの戸車が販売されています。

こちらの商品はサッシの溝幅と奥行きさえ合えばある程度どの様なサッシにの適合出来るのが特徴で、メーカーや品番が分からない場合でも適合可能なケースが殆どで大変重宝する商品です。

マルチタイプ戸車のメリット

マルチタイプ戸車のメリットとしては前述した様に、その互換性ではないでしょうか。住宅用のサッシには80~90%(経験値)は対応可能でコストも非常に安いです。1個1,000円前後が実売価格で、ネットやホームセンターなどで購入が可能です。網戸サッシ用の戸車も販売させており、戸車の修理方法は、既存の戸車を取り外しワンタッチでマルチタイプの戸車を取り付けるのみ。仕組みをわかっている人であれば5分~10分で作業が終わります。

コスト・作業性・互換性が何よりのメリットです。

マルチタイプ戸車のデメリット

一方、デメリットです。

大変優れているマルチタイプの戸車ですが、万能と言うわけではありません。

1.ビル用サッシではトラブル頻発

一般住宅でも時々あるのですが、ビル用サッシはもっと顕著にデメリットとして再現されます。ビル用サッシとは住宅用サッシとは創りが異なります。そもそもの重量も違いますし、1番問題な点はレールの大きさ(太さ)が違うのです。マルチタイプの殆どの商品は住宅用を想定して作られている様でレールの太いビル用のサッシにマルチタイプの戸車を取付すると戸車の車がレールから滑り落ちてしまう(サッシがレールから外れてしまう)と言うトラブルが多発します。

2.サッシの溝にはまり込む

マルチタイプの戸車は”つば”がサッシに引っかかる様にして取付られているものが多く普及しています。正常に取り付けられているはずの戸車の”つば”がサッシからずり落ちて戸車ごと、サッシの溝にはまり込んでしまうトラブルも多くあります。特にサイズが合っていない訳ではありません。サッシの重みに耐えられないのか、詳しいことは不明ですが純正の戸車でなのでこの様なトラブルが発生してしまうと言う事です。

上の写真がマルチタイプの戸車が実際に取り付けられている写真です。サッシに”つば”が引っ掛かっているのが分かると思います。この”つば”が外れてしまうと言う事なのです。

まずは純正の戸車を探そう!

サッシ用の戸車を交換する場合は、まずは純正の戸車に交換する事をメインに考えた方が良いです。

実はマルチタイプの戸車は純正の戸車よりも価格も安く直ぐに交換可能なので業者の修理代金も純正の戸車より安く済みます。純正の戸車に交換する場合、品番から部品を洗い出さなくてはならず、サッシ屋も2度足を運ぶ事になるので移動経費が2倍かかります。その分、修理費用に転嫁されるので修理代金もマルチタイプより割高になるのです。

ただ、戸車は一度交換したらそれこそ20年程度は交換する可能性がありません。仮に低コストに抑える目的でマルチタイプの戸車を採用した場合、不具合が発生してしまうと、元の戸車の品番さえ分からなくなって大変困った事になります。

まずは、純正の戸車交換をメインに考えて、廃盤などの理由で入手困難な場合にマルチタイプの戸車に交換する方向で考える方が良いと思います。

ちなみに、網戸サッシの戸車であればサッシそのものがとても軽いのでマルチタイプの戸車を使用した場合でも殆どトラブルがない様です。

まとめ

本日はマルチタイプの戸車について記事を書きました。福岡市城南区のこちらも現場もそうだったのですが、既に純正戸車がマルチタイプの戸車に変更されている事があります。こうなってしまっては純正部品の品番は分からないので、マルチタイプの戸車がサッシの中に入り込む場合は、サッシの中に詰め物をするかマルチタイプの戸車をビス等で固定するしか方法がありません。「戸車は出来るだけ純正を取付するべき」と覚えておきましょう。

お店や会社などのドア(扉)の可動部分にはドアクローザもしくは、フロアヒンジと言う部品が取り付けられています。ドアクローザはドアの上部に取り付けられていますので一目で確認できますが、フロアヒンジは床に埋め込まれていますので中々馴染みがない部品だと思います。

上の写真はドアの所の床を撮影したものですが、この様なステンレスのカバーで覆われた部分がフロアヒンジとなります。このカバーと取り外すと下の写真の様な本体が姿を現します。

ドアそのものも取り外した写真です。こちらの現場ではフロアヒンジの調整も難しく本体交換を行いましたが、比較的新しいフロアヒンジであれば、スピードや傾きの調整も可能なので、本日はドアの閉まりや鍵のかかりが悪くなった時の為に知っておくと為になるフロアヒンジの調整方法について解説したいと思います。

小倉南区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

フロアヒンジの調整方法(ドアの閉まりスピード調整)

ドアの閉まりが早くて困っている。もしくはドアの閉まりが遅くて困っている。業者を呼べば修理調整は行ってくれますがその分費用がかかってきます。「自分で出来ないかしら?」比較的簡単にフロアヒンジ側でドアの閉まるをスピード調節する機能がありますので一度トライしてみてはいかがでしょうか?下記の写真をご覧ください。

親切にスピード調整方法が図解入りで解説してあります。これなら安心ですね。このフロアヒンジはニュースター製なのですが、他のフロアヒンジも同様にマイナスドライバー又はプラスドライバー1つでスピード調整が可能となっているものが多いです。写真の説明を補足しますね。ドアを全開に開けた状態から、2段階にスピード調整が出来ます。初動の閉まりを早くしたい場合は上側のマイナスネジを左方向に回します。逆にドアが閉まる初動の閉まりを遅くしたい場合は、右方向に回して下さい。

次に、ドアが閉まり始めて中盤以降のドアの閉まるスピードを調整します。今よりも早く閉めたい場合は下のネジを左方向に、今よりも遅く閉めたい場合は右方向に回して下さい。

回す度合いですが、結構少しでもスピードが変わってきますので、極僅か1~2mmずつ回す感じで調整してきます。くれぐれも一気に片方に回さないように注意して下さい。

フロアヒンジの調整方法(鍵のかかり、ドアの傾き)

フロアヒンジの故障で多くご依頼を頂く内容で「鍵のかかりが悪くなった」と言うものがあります。一見「鍵のかかりになんでフロアヒンジが関係あるの?」と思われる方もいらっしゃいます。実際フロアヒンジが原因でない事もありますが、フロアヒンジが影響して鍵のかかりが悪くなるケースとしては、鍵の受座(ストライク)とデッドボルト(ストライクに嵌る部分)の位置がズレている為に鍵のかかりが悪くなったと言う事があります。

本来は0位置でドアが止まらないといけないのに、-1や+1でドアが止まってしまうケースです。要するにドアの止まる位置がズレてしまった為に、受座(ストライク)とデッドボルトが”サクッ”と噛み合わないのです。

先程のスピード調整よりは難易度が上がりますが、この様な場合もフロアヒンジで調整する事が可能です。

①側と②側のボルトでドアの止まる位置を調整できます。①の方のボルトを多く出せば、②の側にドアの止まる位置がズレます。逆に②のボルトを多く出せば①の側にドアの止まる位置がズレます。①のボルトを多く出す為には②のボルトを引っ込めて下さいね。この様に、フロアヒンジ側で鍵のかかりを調整する事が可能です。さらにドアの傾きも微調整可能となっており、①②の上下にもボルトが見えますが、ボルトを多く出した方にドアが傾いていきます。慎重に作業をする必要がありますが、微調整でドアの傾きや鍵のかかりが解決可能であればチャレンジしてみて下さい。(どうにも手に負えなくなる可能性もありますので、絶対に鍵がかからないとダメな場所などは業者に依頼した方が良いかもしれません。自己責任でお願いします)

フロアヒンジが故障したらどうなる(故障の症状)

そもそも、フロアヒンジを調整しなければならないシーンはフロアヒンジが故障しかかっている可能性高いです。フロアヒンジが故障するとどの様な症状が現れるのでしょうか?

・ドアのストップが効かなくなる。

・ドアの閉まりがメチャクチャ早くなって挟まれそうになる。

・ドアがドア枠もしくは観音開きのドアに干渉する。

・鍵の受座とデッドボルトの位置が合ってない。

・ドアと床が擦れてしまう。

・ドアを閉める時に異音がする。

この様な症状が出来ましたらフロアヒンジの故障の可能性が高いです。スピード調整や簡易的な傾き調整で上手く行きそうにない時は早めに業者に相談した方が良いかもしれません。

まとめ

本日はフロアヒンジの調整について記事にしました。作業・調整をする時は安全確認した上で無理のない様に行って下さいね。変な所を扱ってドアが外れる事も考えると二人以上で作業する事をお勧めします。もしも20年以上使用されているフロアヒンジであれば調整が効かない可能性が高いので交換も検討して下さい。

このブログを書いているのは2020年3月4日です。毎年2月~3月にかけては賃貸住宅の退去に伴うお仕事のご依頼が急増して来ます。

今まで放っておいたガラス割れやドアや壁のヘコミ・穴・傷、退去時には現状回復を行う義務が生じる為、退去される方が修理しなくてはなりません。基本的に管理会社にお願いすると”高くつく”と思ってらっしゃる方が多く、自分で業者を探して修理をしてもらおう。。とお考えの方が当社にご連絡を下さいます。

もちろん、管理会社からのご依頼も増加するのですが管理会社さんが入居者に請求する際に、いくらか上乗せしているいかは不明ですね。

そんな住宅メンテナンスの需要増加の時期なので、それに因んだ記事にしてみました。実際にお客様宅にお伺いした時に「これって、本当に入居者の私が負担しなければならない修理ですかね~?」と聞かれる事もたびたびあります。なので本日は、

その修理は本当に賃貸住宅入居者の負担?というテーマでお届けします。

福岡市東区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

賃貸住宅で入居者負担の修理になるケース

ズバリ、入居者が故意・過失によって破損させてしまった物。

これは確実に入居者の修理負担と思って間違いないです。

・何か物をぶつけてガラスを割ってしまった。

・夫婦喧嘩でパンチ(ものを投げて)して壁やドアにヘコミなどつけてしまった。

・飼っているペットがひっかいて傷がついてしまった。網戸を破ってしまった。

この様なケースは入居者に現状回復の義務が生じますのでご自身で業者を依頼するか、管理会社に相談して修理を行う必要があります。

賃貸住宅で入居者が修理しなくても良い可能性があるケース

・ガラスのひび割れ

網入りガラスでは「熱割れ」と言う症状が発生し入居者が意図せずガラスにヒビが入ってしまう事があります。部屋の内側と外側の温度差等により生じるガラスのヒビ割れなので賃貸入居者の負担でガラス修理するケースはあまりないようです。

・網戸の経年劣化

常に外に面している網戸は紫外線や雨風にさらされ続けています。当然、建物の年数が経過すれば網戸の網はボロボロになり、網戸の車(戸車)もプラスティック製なので朽ちて行きます。その結果、建付けが悪くなったり網戸がレールからすぐに外れたりする現象が起こります。基本的には経年劣化による症状の為、入居者負担で修理する事は考えにくいです。

・サッシの動き

入居時は快適だったサッシの動きもその内悪くなります。状態としては重くて開閉するのが大変。。レールを引きずっている感じがする。。というもの。ゴミや埃の塊が溜っている事もありますのでサッシを取り外し”掃除”を行いましょう。それでも良くならない時はサッシの戸車に原因があるか、サッシのレールに原因があります。また、その両方かもしれません。

使い方が悪い!と主張される管理会社やオーナーもいるかと思いますが、業者の立場で考えると”経年劣化”の可能性の方が高いという印象です。

・ドアの故障

ドアの故障で考えられるのは、室内ドアであればレバーハンドル・丁番。玄関や勝手口ドアであればドアクローザや丁番、錠前などです。いづれも経年劣化により故障する部品なので故意に壊した覚えが無い時は、「経年劣化ではないでしょうか?私が壊した証明はできますか?」と、やんわり、しつこく主張した方が良いと思います。もともと余程入居者に不利な契約でなければ、普通はオーナー負担で修理すると思います。

まとめ

新しい生活に向けた賃貸住宅退去にはいろいろなトラブルや金銭的負担も潜んでいます。事前にしっかりとした情報を入手して出来るだけ無駄な出費は抑えたいものですね。賃貸住宅の修理は故意・過失があったのか、どうなのか。と言う事に照準が当てられます。また時間の経過と共に劣化して行くものは原則、賃貸住宅のオーナー負担となる事は一般的と覚えておきましょう!

福岡市中央区の店舗経営者の方からお問い合わせを頂きました。「お店の外に音が漏れて困っている。何か窓の対策はありませんか?」

クラブ系のお店を経営されているオーナー様からのお問い合わせでした。早速現場にお伺いし現状を確認させて頂きました。防音対策にお悩みのコチラの店舗は丁度改装中で私が伺った際にオーナー様もお立合い下さい色々とお話をさせて頂く事が出来ました。そもそも何故、防音対策をされたいのか?率直にお伺いした所、商売柄、大音量で音楽をかけるので外に音が漏れて近所から苦情が来るそうなのです。ある時は警察も呼ばれたらしくオナー様にとっては防音対策は近々死活問題の課題とおっしゃってました。

中央区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

防音対策に効果的な窓のリフォーム

中央区のオーナー様から問合せ頂いた様に建物から外部に音が漏れる原因は”窓”である事が大半です。窓ガラスに振動が伝わり音漏れする訳ですが、防音対策を考えた時に大きく分けて下記の対策があります。

・今のガラスを防音ガラスに入れ替える

防音ガラスとはガラスとガラスの間に特殊フィルムを挟み込んだガラスの事です。例えばガラスメーカーであるAGCであれば、ラミシャットと言う商品。日本板硝子ではソノグラスと言う防音ガラスがあります。

・複層ガラス(ペアガラス)に変更する

複層ガラスにする事によりガラスが2重になります。当然1枚のガラスよりも2枚のガラスの方が外部に振動も伝わりにくくなり防音効果も期待出来ます。AGCでは複層ガラスにレゾネータと言う防音構造を搭載しT-3等級相当の防音性能実現しています。(防音等級はT-1(最も低い)からT-4(最も高い)まで等級がありT-3は上から2番目に良い等級となります。

・内窓を設置する

LIXIL製インプラス、AGC製 窓窓(マドマド)、YKKap プラマードU、大信工業 プラストなど各メーカーが内窓を販売しています。2重サッシにする事は勿論、内窓のガラス構成を複層ガラスにする事によりさらに防音効果が期待出来ます。

防音対策の注意点

防音対策を行う上で忘れてならないポイントがありますので注意して下さい。それは実際に防音対策をしようとする音の3大要素を加味すると言う点です。防音と言えば音の大きさ音圧(デシベル)をイメージしがちですが、騒音の伝わり方は音圧(音の大きさ)・周波数(音の高さ)・音色(音の波)が大きく関わってきます。

低音域~高音域のどの音(周波数)を防ぎたいのか。それに伴って選択するべき防音対策のアイテムが変わってきますし、複層ガラスで同じ3mm厚みのガラスは音を反響しあってかえって騒音になる。逆に5mmの単板の方が防音効果が向上した。と言う事も言われています。

単に音量を防ぐだけではなく騒音の3大要素にも気をつけて現場に適した窓を選ぶ様にしましょう。

まとめ

本日は防音対策について記事にしました。ガラスの厚みを替えるだけの簡単な対策で効果のあったご家庭(こちらの方は小学校の子供の声が騒音と聞こえていたそうです)もあります。DIYで出来る防音対策では防音シートと言うモノも販売されています。ちなみに、中央区のオーナー様は当社でアドバイスもさせて頂き内窓設置で効果的な防音対策が出来ました。ご利用ありがとうございました。