google-site-verification=bRF_7Ofs8-iRkrWNNQS-vjRrcIz_PbsaOpWS7ruyOrg

福岡市城南区で浴室の折れ戸の動きが悪いので見て欲しいと言うご相談が入りました。月に1~3件くらいは浴室折れ戸に関するトラブルのご相談を受けます。

と言う事で本日は浴室折れ戸について修理が良いのか?全体的な交換が良いのか?またその費用はどれくらいかかるのか?など解説して行きたいと思います。

福岡市城南区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

浴室折れ戸とは

浴室の折れ戸は中心部分が山折り(谷折り)される事により主に脱衣所から浴室に入る所にある戸の事です。通常の引き戸よりも省スペースで設置する事が出来るため最近の住宅で大変普及が進んでいる商品です。サイズは家々により異なりますが、額縁スペースで高さが1900mm、横幅が760mm程度です。出入りに際には650mm程の空間が出来るので比較的余裕を持って出入りする事が出来ます。

浴室折れ戸のトラブルとは

・折れ戸の動きが悪い

折戸は樹脂製の車が下枠の部分に設置されています。また上部にも吊車が設置されているタイプのものもあります。樹脂製なので経年劣化で消耗してしまい上手く回転しない事や車自体が取れてしまっているものもあります。

・取っ手の破損

毎日の様に開け閉めする折れ戸、使用人数が多いと一日に10回以上可動する事も珍しくありません。取っ手を持って開閉させるのでプラスチック製の取っ手が壊れる事も珍しくありません。

・アクリル板の破損

アクリル板自体は経年劣化する訳ではありませんが、子供さんが遊んでいて破損したり掃除の時に浴室折れ戸を枠から外した所、誤って倒してしまい破損させてしまったなどのトラブルがあります。メーカーによってはアクリル板を交換を行うのに消極的な所もあるようで「アクリル板が破損したら本体ごと交換しなくてはダメです」と言われたと当社にご連絡頂く事もあるほどです。

浴室折れ戸のトラブルは修理?交換?どちらが良いのか?

アクリル板の破損であればアクリル板の入替を行う事でトラブルが解決出来ます。ただ上記に記述しました様にアクリル板の交換に対応してくれる業者を探さなくてはなりません。アクリル板を交換するよりも折れ戸本体を交換した方が簡単で高額になる為にアクリル板の交換に消極的な業者も多くいます。またアクリル板は交換出来るものが殆どですが稀に本体に接着材で接着されてある商品もあります。アクリル板はガラスよりも高額ですので接着されている折れ戸の交換は施工費も合わせると比較的高額となる事が多いです。

折戸の動きが悪い場合は折れ戸の修理か交換を慎重に考える症状です。まずは使用年数を考えます。20年以上使用しているのであれば折れ戸の交換をお勧めします。基本的に部品の供給もなされていない事の方が多いですし折れ戸そのものも傷んでいる可能性が高いです。20年未満で部品の供給が可能であれば修理と言う選択肢も十分に考えられます。

取っ手などの部品が破損の場合も部品が供給されているかどうかで修理もしくは交換を判断されると良いと思います。

浴室折れ戸の修理、交換の費用

・修理

戸車などの部品交換8,000円~20,000円程度

部品代は1,000円未満。施工方法で費用が変わってきます。折れ戸の本体をバラすのか。。。バラさないのか?

戸車交換の場合は原則サッシをバラす事がないので8,000円~10,000円程度と思いますがサッシをバラす作業になれば20,000円近くかかる事もあります。

取っ手の交換6,000円~15,000円程度

取っ手に関しては折れ戸を建て付けた状態で交換できる事も多くありますので10,000円以内に納まる事が多いです。

アクリル板の交換15,000円~30,000円程度

アクリル板の交換はサイズや厚みによりかなり異なって来ます。400mm×900mm程度でもサッシをバラして作業を行うので15,000円程はかかると思います。高さが1900mm横幅が900mmくらいだと30,000円近くはかかると思います。

浴室折れ戸本体交換60,000円~80,000円

比較的新しい商品であれば折れ戸の部分のみ交換が可能なものもありますが、基本的には折れ戸の枠から交換します。枠を取り外すと壁を切ったり費用も多くかかるのでカバー工事(既設の枠の上から新設の枠を設置する方法)で行う場合が主流です。商品やサイズにより価格の差があります。

まとめ

本日は安定的にお問合せのある浴室折れ戸の修理、または本体交換について解説しました。

柳川市のマンションにお住いのお客様よりサッシの動きが悪いので見に来て欲しいと言うご依頼が入りました。伺ってみるとサッシと言うのは網戸のサッシの事で「箱型網戸」と判明。メーカーは不明で適合戸車を探したのですが微妙にサイズが違い交換が不可能だと言う事になりました。

網戸本体の交換でご了承頂く事になったのですが、お客様が疑問に思われた事をブログでも共有して行きたいと思います。

網戸の戸車には比較的に簡単に直るものもありますが適合部品が見つからない戸車も多々存在します。

柳川市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

網戸のタイプによって戸車を選定します。

一般のお客様は特に網戸に関心がある訳ではなく、春先~秋口まで涼しい風を取り入れたり、室内の空気の入替を行う目的で使用されます。なので網戸のタイプなの気に留める事も皆無と言うのがごく自然の事だと思います。

ただ、網戸には種類があり「通常網戸」と言われる網戸と「持ち出し網戸」と言われるもの、「箱型網戸」「ビル用網戸」と言われるものまで種類があり「通常網戸」や「持ち出し網戸」は現在の汎用型の戸車などで代用できる可能性が高いです。

ただ「箱型網戸」「ビル用網戸」の戸車を含む部品交換の場合、年数の古いサッシ網戸では部品が見つからない事も珍しくありません。網戸の戸車を選定するにはどのタイプの網戸か?という事を考えて選定して行きます。

戸車が上手く動かない原因は何?

・車のプラスチック部分が破損しているケース

最近の戸車はステンレス性の車がしようされている事が一般的ですが、旧式の戸車の車(コロコロ回転する所)はプラスチック製が一般的です。その為、何十年と可動されているとプラスティックが欠ける事も珍しくなくその事が原因で動きが悪くなっている事があります。

・車の芯がグラグラ

戸車は中心に軸があり車輪が回転する様になっているのですが、そ中心のピンが外れたかけたり、甘くなっていて芯がグラつく事でレールを上手く進めなかったり挙句の果てにはレールから脱線してしまったり本来の動作が出来なくなっている故障の症状があります。

・錆びてボロボロ

年数が古い戸車では錆びてボロボロの戸車があります。勿論戸車一式を交換する事になるのですがサッシ枠から外す場合も錆のせいで固着して取り外しに苦労する事もしばしば。。錆びる前に交換する事がベストです。

戸車が悪くなる初期症状

初期症状としてはレールを上手く滑っていかないと言う事で、引きずったり、引っ掛かった感じになります。重くなると感じる事もあります。また網戸戸車不具合の場合であれば、網戸が外れたりする事もあります。

戸車の修理方法

網戸もサッシも同様なのですが、戸車の部分である車輪だけ交換する事はあまりありません。基本的には戸車本体を入れ替える事で戸車の修理とする事が殆どで、費用に関しても車輪だけ交換した方が安くなると言う事もあまりないと思います。なぜなら戸車本体を交換した方が作業的には手っ取り早く、修理方法としても確実だからです。下手に車輪だけ交換すると戸車の車輪とは別の部分との兼ね合いで不具合を起したり、修理が2度手間になり余計にコスト高になる可能性も考慮する必要が発生します。

まとめ

本日は柳川市のお客様に説明する際にお客様にお伝えするべき内容について整理して記事にしました。

網戸の種類や戸車の選定方法、戸車の動きが悪い原因や初期症状、戸車の修理方法では一部分を交換するよりも全体を交換した方が良い事。などです。

結果、適合部品が無く、本体交換をさせて頂く事になりましたが順序だてた説明をする事で、ご納得頂き新規網戸のご注文を頂く事になりました。

ご利用ありがとうございました。

引戸には必ず取付られている戸車。

玄関の引き戸から始まって、室内建具(部屋と部屋の仕切り、または部屋と廊下の仕切り)の引き戸、各部屋にはほぼ間違いなく窓があります。窓のサッシにも戸車は取付られています。また網戸にも戸車はありますね。

福岡市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

戸車の種類

サッシ用戸車

サッシ窓などで使用される戸車です。各サッシメーカーにより多くの仕様があります。また15年、20年以上と経年サッシの戸車には入手困難なモノもあります。純正部品が一番良いですが入手できない場合は取替用戸車を使用します。

網戸用戸車

サッシ用戸車に比べて小ぶりな外観です。網戸用も通常網戸・持ち出し網戸などにもよって種類が多様です。

下の画像は持ち出し用の網戸戸車です。

木枠(建具用)用戸車

室内の引き戸で使用される事が多いです。

ものにもよりますが、木製の建具に釘やビスで打ち付けられているケースが多く築年数の古い家の和室で使用されている所を良く見かけます。洋風の家・和風の家と分けると圧倒的に和風の家で使用されています。洋風の家は引き戸よりもドアの方が多く使用されていますね。

ハンガードア用戸吊車

最近の新築住宅なので見かける事も多くなってきました。店舗などでは比較的よく見かけます。車が下(床)ではなく、上にあるタイプです。洋服を掛けるハンガーの様に吊り下げられているのでハンガードアと言います。吊り戸とも言います。天井の枠の上を戸車が可動してドアの開閉を行います。

戸車の交換方法

サッシなどで品番が分かるものは品番から戸車を調べる事も可能です。もし品番が分からない場合は画像やサイズから部品を探す事になります。種類により部品を探す事に一番時間がかかる事もあります。

部品のあるなしに関わらずどの戸車を交換する場合にも共通するのですが、まずは”戸”を取り外す事です。戸を外したら腰高程の台に寝かします。

サッシ戸車の交換方法

種類によりますが下框を外して既設の戸車を取り外します。その後新しい戸車を取付し元に戻し完成です。

網戸用戸車の交換方法

網戸用は純正部品を探すよりも取替用戸車で代用した方が簡単です。網戸用の純正部品を探そうとしても中々見つからないケースが多く時間を浪費してしまいます。取替用戸車はホームセンターなどで販売されていますので比較的簡単に入手可能です。セレクトポイントはサッシの幅と奥行きです。取替用戸車は網戸サッシの”カチャッ”と嵌め込みますのでサッシの溝幅と奥行きとが取替用戸車と適合していなければなりません。サッシの溝幅と奥行きを間違いないように測り適合戸車を嵌めこむだけで設置完了です。(既設の戸車はドライバーとペンチがあれば簡単に取り外し可能な物が大半です)

木製(建具用)用戸車の交換方法

釘やビスで取付けられている事が多いので釘かビスを引き抜き新しい戸車を取付直すだけで完成です。同じものを探す場合は一度既設の戸車を取り外し現物を持ってホームセンターに向かう事をお勧めします。サイズの間違いもなく同等品を入手する事が可能です。

ハンガードア用吊車の交換方法

ハンガードア用の戸車交換は特殊なモノも多く基本的には業者に依頼する方が良いです。ご自分で交換されたい場合はレールに吊るされている戸車が確認出来るように天井の一部、もしくはレールのパネルなどを分解します。(機種により多様なケースあり)一般家庭の吊り戸は戸先のプラスチック部分を操作し吊車と戸を分離し吊車を交換して行きます。

戸車の交換時期

私共も日々戸車交換のご相談を受け付けています。 あくまでも経験値ですが 概ね20年前後で戸車の動きがおかしくなる事が多いようです。一度不具合が発生すると戸車の修理と言うのは現実的ではなく、”交換”を余儀なくされると言うのが実情です。

戸車交換の費用

DIYで交換できれば部品代金のみです。1000円~5000円以内が概ねの価格帯です。一番コストが安くすみます。

業者に依頼すると部品代とは別に8000円~15000円程度の費用が発生するのが一般的です。ただ、難易度の高い作業や入手困難な部品を調査特定する場合は別途費用が発生するケースもあります。

まとめ

戸車について種類・交換方法・費用を記事にしました。難易度の低いものはDIYでも十分可能です。ただその見極め(難易度が高いのか低いのか)が一番難しかったりもします。自分で出来ると思ったら元に戻らなくなったので見に来て欲しいと言うご相談もたまにあります。DIYで戸車交換する場合はあまり無理せずお怪我のないように頑張ってみて下さいね。

八女市にある商業施設の営繕会社から扉がグラグラで通行人がケガをしたら困るので一度見て欲しいと言うご相談がありました。

大きめの扉で横幅3000mm×高さ2400mmほどあります。

基本的な故障原因はフロアヒンジが原因で扉がフリーの状態です。ブレーキが全然かかりません。ただ、このサイズの扉に適合するフロアヒンジも少々特殊なものが使用されているので、営繕会社の方は建物オーナーに扉一式交換するフロント工事を行いましょう!と提案したと言う事でした。

八女市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

フロント工事とは?

フロント工事とは一般的にあまり聞き馴染みが無いと思います。下記の画像をご確認下さい

赤の部分は全てアルミ角材で組み立てます。水色の部分が扉になりフロアヒンジで可動させます。もしくは扉の片側をFIX窓(動かない・可動しない)にして、もう片方をドアクローザーで可動させる方法もありです。要するに、既設のアルミやガラスの枠組みを全て取っ払って新しく、自由に組み合わせる事が出来る工事の事です。もちろん、全ての部材を交換しなくても一部分の工事もフロント工事といいます。

簡単に言えばフロントとはアルミの角材とガラスを組み合わせる事により耐久性を持たせると共にガラス張りにしデザイン性も良い造りにする方法です。コンビニなども前面(入口周辺)はフロントで作られています。

住宅系とビル系

全てのサッシ屋、ガラス屋がフロント工事を出来る訳ではありません。当社も基本的には提携先にお願いします。フロント工事は細かな図面引きやビル系の知識が不可欠です。

当社の様に住宅系のサッシ・ガラスを主に扱っている会社、ビルやマンションのサッシを主に扱っている会社など得意分野が違うのです。ビル系の工事屋は溶接でサッシを取付しますが、住宅系ではビス止めでサッシを取付します。また、ビル系の仕事をしている会社はゼネコンやビルダーなどが絡んで来ます。公共事業を行うサッシ屋も多いですが、逆に一般住宅の仕事は請けていない所もあります。

マンション・ビルのサッシ仕事はどこに依頼する?

当社の様に一般住宅(住宅系)の会社でも、マンションやビルのガラス交換・サッシ不具合の修理など普通に行いますが、フロント工事となれば少々状況が変わって来ます。その場合はビル系のサッシに依頼した方がお安く工事が可能な場合もあります。動きは圧倒的に住宅系サッシ屋が良いですが特殊な工事案件は、ビル系・住宅系を確認した上で依頼するとよいでしょう。

八女市のフロント工事はどうなった?

若干話がそれましたが、上記の様に住宅系・ビル系の専門分野があり、フロアヒンジ交換であれば当社でも対応可能です。フロント工事がご希望であれば当社でも受付出来ますが、提携先に依頼しますので、もしかしたら当社の手数料分少々割高になるかもしれません。

この様に正直にお伝えしました。「わかりました。考えさせて下さい」と言う事でカレコレ1ヶ月程経過しましたが、ご連絡がありませんのでビル系のサッシ屋に依頼されたのかもしれません。

またのお問合せをお待ちしております。お気軽にご相談下さい。

ご利用ありがとうございました!

サッシの動きが悪いのでサッシを外して戸車の動きを確認したい。網戸を外して水洗い洗浄したい。ほこりが溜まっているサッシのレールを掃除したい。

日頃あまり気にならずに開け閉めしている窓のサッシと網戸ですが、ひょんな事で取り外しをしたいケースも出てくると思います。本日は窓枠に納まっているサッシ及び網戸の取り外し方法について解説いたします。

飯塚市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

サッシは外から順番に外していく

まず基本的な事なのですが、一部の例外を除いて窓枠に納まっているサッシ、網戸は外側から外して行きます。サッシが乗っかっている下のレールを確認してみて下さい。室内から屋外に向かって階段状に下がっているはずです。(もしもフラット状態であれば内側から外せるタイプの可能性もあります)この形状のサッシは一番外側の網戸を外して、次に外側のサッシを外す事になります。

サッシを外すには「外れ止め」を知る必要がある。

2枚引き違いのサッシの上部を横から撮影した写真です。①②③の順番で屋外~室内になります。赤で囲った所が”網戸”の外れ止めです。(一番屋外側)左右についていますのでプラスドライバーで緩める事で簡単に網戸を取り外す事が出来ます。プラスチック製の素材で、網戸本体が上方向に上がらない様にする為の物が外れ止めです。これを緩めてフリーの状態にし屋外から網戸を持ち上げ、外側に抜く様にすれば網戸が外れます。網戸の種類によっては本体下の戸車がレールにひっかかる事もありますのでカードなど薄くて比較的固い素材の物で網戸戸車を掬ってあげるとすんなり外れると思います。

続いて②番目のサッシを取り外します。ここにも外れ止めが設置されているケースが一般的です。この部分を外す時の外れ止めは多種類あります。例えば下の画像。

赤〇部分が外れ止めです。こちらもプラスドライバーで簡単に解除できます。ネジを上方向にセットし固定すればサッシの外れ止めが掛かった状態。ネジを下にすれば(写真の状態)サッシの外れ止めが解除された状態です。

他には、サッシ枠に設置された外れ止めもあります。

赤□の部分です。(写真はイメージです)要はサッシが上方向に上がらない様に歯止めの役割として取付されている外れ止めです。多くはビスで固定されていますのでビスを緩めて横にスライドさせます。どこまでスライドさせるか?ですが、外したいサッシに干渉しない所に移動させれば大丈夫です。

木造住宅のサッシは大体この様な感じで外れ止めが付いています。ただ、マンションなどのビル用サッシの場合は多少異なって来る事もあります。

・サッシ上部に小さい穴が開いていてそこを千枚通しの様な細いもので押し込むタイプ。

・先程記載した網戸の外れ止めの様な物がサッシにも取付されているタイプ。

・サッシ上部にプラスチック製の部品がついていて(1~2cmの横長)つまみを引き出すタイプ。

・サッシレールの下に外れ止めが付いていてサッシを動かしてサッシに予め切り込みが入っているので、その切込みとレールの外れ止めを合わせてサッシを取り外すタイプ。

大まかにはこの様なタイプの外れ止めを確認してサッシを取り外す事になります。サッシの本体の上の方に「サッシの外し方」と記載されている場合もあります。

外れ止めは何故設置されているのか?

そもそも何故そんな面倒な「外れ止め」が付いているのか?

1つは滑落防止の為。万が一何かのアクシデントでサッシが外れてしまう事を防止する為です。

2つめは防犯上の対策。屋外から網戸やサッシを外す事が出来ます。もし外れ止めが無かった場合、泥棒に知識があれば引き違い窓で鍵が掛かっている場合でも窓を取り外す事が出来るのです。

サッシを外す時は重量や取付にも注意を

いざ、サッシの取り外しに成功してレールを綺麗に掃除完了。でも取付ける時ってどこの場所に取り付ければいいの?案外重くていつまでもサッシを持ってられない。。この様なご依頼が年間数件入ります。特に網入りガラスはかなり重量もありますので自分一人で取付まで可能なのか・・・この辺りも考えて取り外して下さい。(ガラスの重量に関しての記事です。)取付ける時にどこのレールに取り付ければ良いのか迷わない様に事前にスマホで撮影して置く事をお勧めします。

まとめ

本日はサッシと網戸の取り外し方法について解説いたしました。慣れれば案外簡単なのですが、重くて一人では無理。と言う場合もあります。あまり無理せず専門業者に任せた方が良い場合もありますのでご留意下さいませ。

最近インターネットを使った広告でガラスの”ぼったくり”に遭遇したお客様に出くわす事が多くなりました。

具体的には、透明フロートガラス(リビングなどで使用されるガラス)を1枚交換して4万円、サイズは80cm×180cm程度。通常であれば、15,000円~25,000円が相場です。また、90cm×90cmの型板ガラス(半透明のごく一般的に使用されるガラス)1枚交換で35,000円請求されたお客様もいらっしゃいました。いずれもお客様もネットでガラス修理を依頼されたと言う共通点があります。具体的な会社名も勿論分かっていますが、「ぼったくり=犯罪」では無いケースも多々あります。

ネット広告を観察して行くと(当社もネット広告に力を入れていますので研究しています。)悪徳ガラス業者の特徴が垣間見れます。

全てがここに書かれている通りとは言えませんが少しでも被害者を出さない為の方法を記載いたします。ガラス業者に依頼する時の参考にして下さいね

久留米市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

ガラス業者は2業態から成り立っている

そもそも、悪徳ガラス業者に依頼しない様にする為には、ガラス業者の事を知っておく必要がありますね。ガラス業者は大きく分けて2業態あると理解して下さい。

ガラス業者その1(下請けメインのガラス店)

主な得意先は工務店や建築業者です。新築工事や大型の商業施設なども対応しており、反面、一部のガラス屋はこじんまりと主人と息子など個人経営を行っている業者となります。比較的ぶっきらぼうで対応もあまり良くない事も・・・。

ガラス業者その2(緊急ガラス割れ対応)

主な得意先はネットで集客する一般のお客様です。コールセンターを持っている所もあり、全国対応を大々的に銘打って、明るく清潔感のある広告を出しています。低価格で素早く対応する事を全面的にアピールしていますね。全国対応はしていますが自社スタッフではなく、ほとんどが外注です。地元のガラス屋と提携するか、業務委託で個人と契約して作業を手配します。要するに集客を行っているだけで、中間マージンを抜く業態となっている場合が殆どです。

悪徳(ぼったくり)ガラス業者はこうやって量産される

悪徳(ぼったくり)ガラス業者が量産される仕組みにはネット広告が大きく関わっています。ネット広告は比較的安価に全国的に集客できますので、業務委託の作業員を募集してその人に作業代金の40%~60%で作業を委託します。

ネットで集客している会社の利益は売上の60%~40%程度です。案件を受注して「右から左に流すだけ」で利益が発生する旨味のある事業と捉えられて大勢の集客だけする会社が量産されている訳です。

この事が悪徳(ぼったくり)ガラス屋を増加させているのです。業務委託を受けている作業員は自分の手元に残る金額を計算しなくてなりません、例えば売り上げの50%が自分の取り分。50%が集客会社の取り分とします。

売上1万円=自分の取り分が5,000円。その中で、材料費や移動費(ガソリン・高速代)を賄わなければなりません。実質的な手残りは2,000円程度でしょう。商売として成り立ちません。

売上2万=自分の取り分10,000円。実質的な手残り5,000円~7,000円。

売上4万円=自分の取り分20,000円。実質的な手残り15,000円~17,000円。

一人ひとりが請負う仕事量は月に20~30件もあればいい所。 商売をしているのなら1件あたり15,000円程度は手残りが必要です。車両の維持費、家賃代、もしかしたら事務員の給料、諸々の経費が必要です。そう考えると4万円程の仕事を無理やりにでも行い相場よりも高額な請求を行うのです。

通常のガラス屋よりも2~3倍の料金を請求しないと成り立ちずらいビジネスモデルと言う事になります。これが悪徳(ぼったくり)ガラス屋を増加させているカラクリと言う事なのです。

悪徳ガラス業者の手口

ネット広告では、安い・早いを謳っていますが、実際に現場にくる業務委託の作業員はそんな事はおかまい無しです。ろくに見積もりも行わずに作業を開始する業者や、作業を始めて追加工事が必要と言ってくる業者もいます。

紹介案件となっているケースには注意が必要です。ガラス修理の全国対応業者では、案件(お客様から受注した仕事)を全国の業者に手配する、紹介すると密かに書かれている場合があります。その場合、ネット集客会社にクレームを言ってもダメです。ネット集客会社は仲介(紹介)をしただけなので、作業を請負った人物と解決して下さい。と言われて責任転嫁されてしまう恐れがあります。

キャンセル料金を請求するケース。見積りや出張費は無料だけどキャンセル費用は別!と言う業者もいるようです。

悪徳ガラス業者に騙されない為のチェックポイント

悪徳(ぼったくり)ガラス業者に騙されない様にするには、発信元のホームページしっかり確認する必要があります。

会社の所在地に注目

例えば福岡県のガラス修理を行う場合、ホームページの会社概要を確認して、会社の所在地が「福岡県」になっている事を確認して下さい。会社所在地が東京都や他県になっている場合は少々疑ってみた方が良いです。

大幅な値引き金額に注目!

3,000円値引きや初回お客様値引きなど、魅力的な文字が書かれています。でも、同じページに「基本料金+作業費+部材費 コミコミ 5,000円~」とも書かれています。

5,000円から3,000円を値引いてくれるなら2,000円でいいの?

いえいえ、そんな事はありません。~(から)とついているので30,000円かもしれませんし50,000円かもしれません。逆に3,000円も値引いてくれるのであれば、そもそも料金が高いのではないの?と疑ってしまいますよね。注意して下さい。

全国対応に注意!

先程も書きましたが、全国対応の業者さんは地元のガラス業者、もしくは個人の業務委託先と提携しているケースが殆どです。その場合は必然的に中間マージンがかかっています。全国対応と言う響きは良いのですがその殆どはネット集客を専門にやっている業者なので「ガラス屋ではないです!

まとめ

悪徳(ぼったくり)ガラス屋の成り立ちから騙されない為のポイントをまとめて見ました。何かのお役に立てたら幸いです。

ガラス交換の作業を行っているとお子さんが寄って来て「どうやってガラス切るん?」と興味深く観察して来ます。大人の方でも「ガラスを切る所見た事がないので見せてもらってもいいですか?」と見学される方も珍しくありません。(特にDIYなどに興味のある方は、知っておきたと言う探求心があるのでしょうね)

私共では現場(現地)で切台と言う作業代をセットして、そこに3×6(サブロク)サイズ、たたみ1畳程のガラスを乗せてガラスカットを行います。工場ではもっと、もっと大きなサイズのガラスから定寸サイズに切り出しますが、そこは”カット”して一般のガラス屋が行うガラスのカットについて記事にしてみました。

筑紫野市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

ガラスは”切って”いるのではなく”割って”いるんです。

ガラスをカットする。。とか、ガラス切断・・・とか。言うのでガラスって”切って”いるとイメージしがちなのですが、実際の所、ガラスは”割っている””折っている”と言う表現の方がしっくりきます。後で詳しく説明しますが、ガラスカッターと言う道具を使ってガラスに切れ目(傷)をつけます。そして傷がついた線を下から突き上げるイメージで”割る”と切れ目に沿ってガラスが切断されます。もちろん、しっかり切れ目が付いていないと斜めに割れたり意図しない割れ方をします。そういう意味では職人の技術が問われる所です。いずれにしましても、ガラスをカッターで”切る”と言う事では無いとご理解下さい。切れ目(傷)をつけているだけです。

カット出来ないガラス

住宅用の通常板ガラス(単板)ガラス厚は3~5mmの物が殆どです。中には6mm、網入りガラスで6.8mmの物もあります。高層マンションでは10mmのガラスもありますが、大抵はガラスカッターで切り出す事が可能です(網入りガラスもカット出来ます)。ただ、全てのガラスがカット出来るのか?と言うと、そういう訳でもありません。現場や店舗でカット出来ないガラスを見て行きましょう。

・ペアガラス

複層ガラスとなっていてガラスとガラスの間に乾燥空気、アルゴンガスなどが密封されています。または真空状態の商品もあり、ペアガラスはそれらも含んだ商品なのでカットする事はできません。

・防犯ガラス(防音ガラス)

ガラスとガラスの間に特殊フィルムが挟まれています。ガラス自体を割る事は出来ますが中のフォルムはそう簡単に切る事が出来ません。私も何度か挑戦しましたが、フィルムをヒートガンであぶり、ヤワヤワにした状態であればフィルム自体をカッターで切る事が出来ます。ただ、やはり両面のガラスのカッターを入れる位置を間違える事無く入れなくてはなりませんし、非常に難易度は高いです。そもそも現場でカットする想定で作られているガラスでは無い事も付け加えさせて頂きます。

・強化ガラス

強化ガラスはカット出来ません。試した事はありませんが、カットしようとすれば粉々に割れると思います。

ガラスをカットする為の道具

ガラスをカットする時に必要な道具を書き出してみました。

・スケール

必要なサイズを測る為に不可欠ですね。

・ペン

サイズを測った後に印をつけます。

・定規

ガラスの上に置いて使用しますので切りたいサイズより長い定規が必要です。ガラスに対して滑りにくい素材の物がベストです。

・ガラスカッター

ホームセンターや通信販売で売られています。カットしたいガラスの厚みを基準にガラスカッターをセレクトして下さい。以前はダイヤモンドカッターと言われるガラスカッターが主流でしたが、最近ではローラーカッターと言われるものが主流となっています。ガラスカッターの持ち手も部分にオイルが入れられる構造となっていてオイルの効果でガラスカットの失敗がかなり軽減されます。初心者の方にもお勧めのガラスカッターです。

・ヤットコ(ペンチ)

必ず必要と言う訳ではありませんが、カットの余りが10mm程度しかない場合に使用します。ペンチでも代用が効きますが、要はガラスを掴んだり、砕いたりする道具です。「ヤットコ」で検索して見て下さい。例えば900mmのガラスに対して890mm必要だった場合10mmの部分を切り離さなければなりません。10mmを指で摘まんで力を入れるの現実結構大変です。そんな時に「ヤットコ」があれば比較的簡単に10mm分のガラスを切り離す事が出来ます。

ガラスのカットで失敗するケース

実際に現場で作業しているとガラスカットに失敗してしまうケースもあります。「猿も木から落ちる」と言う事でしょうか。私が不得意な環境はガンガンの直射日光をガラスが浴びている。。夏に多いケースですが、日差し強い状況でガラスカットする場合熱によるものなのか、いつも通りガラスをカットしても途中で意図しない方向に割れ目が走ったり、「バリッ」と割れてしまったり失敗する事があります。また雨の日のガラスカットにもかなり気を使います。お客様のお宅に車庫があれば良いのですが、雨が降っていいる状況でガラスをカットする場合、切り出したいサイズに印を付けるマーカーも滲みますし、表面にオイルが乗らないので通常よりも力強く切れ目を付けないと、これまた上手くカット出来ません。

ガンガン晴れと雨の日は現場でガラスカットをする際、かなり気を付けなければならないシチュエーションです。

まとめ

本日はガラスのカットについて記事にしました。あまり目にする事のないガラスのカットだと思いますが、身近にある窓ガラスが割れた時にはガラス屋はこんな風にガラスをカットして修理するのだな~と感じて頂ければ幸いです。

永い事ガラス屋を営業していると「ガラスが割れたので直ぐに来て欲しい」とご依頼を頂く事が非常に多いです。室内のガラスであればガラスを綺麗に片づけて数日はガラス屋の対応を待てると思いますが、玄関のガラスや、リビングのガラスなど外に面したガラスが割れた場合、少なくとも当日中には新しいガラスに入れ替えて欲しい、と言うのがお客様のご希望です。当社でも緊急ガラス対応を基本としていますので、最短30分で現地に到着します。車両には一般のご住宅で使用されているガラスから、店舗で使用される事の多いガラスまでストックしていますので到着後すぐにガラスの交換作業が可能な仕組みとなっています。

そうは言っても、外に面したガラスを割れたまま放置しておくのも見かけ的にも悪い(恥ずかしい気持ち)ので少しでも見かけを良くしてガラス屋を待ちたいと言うお気持ちもあると思います。

また、室内ガラスなどあまり人目につかない場所の場合(特に賃貸住宅など)は「とりあえずお金も掛けたくないしこのままの状態でどうにか凌げないものか??」とお考えの方もいらっしゃると思いますので、本日は突発的なガラス割れが起こった時に”どの様な対処方法”があるのかを記事にしてみました。

ガラス屋の選別方法も書いていますので参考にして下さいね。

福岡市早良区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

ガラスの養生方法

ガラスが割れてしまった場合は、まずは安全にガラスの破片を取り除きます。以前記事にした「割れたガラスの処分方法は・・・どうする!?」を参考にして下さい。

その後ポッカリあいた空間を養生して行きます。室内ガラスが割れてしまった場合の養生方法としては、段ボールや新聞紙で養生すると良いです。特に人目も気にならないと思いますし、必要性といえば”冷暖房の効果維持”と言うシチュエーションの時くらいではないでしょうか?

私が伺ったお客様宅では、そのままポッカリ空間が空いているケースが大半です。中には長期的にガラスが割れたままにされていたのでしょう、好きなアニメのポスターなどビニールテープや画びょうで貼り付けてあるケースもありました。

次に、外に面したガラスが割れた場合、一番ポピュラーなのは段ボールです。多少雨が降っても大丈夫なのでガラス屋が来るまでの数時間であれば十分用を成すと思われます。「見かけが・・・」と思われる方は、

「プラダン」がお勧めです。

正式には「プラスティック段ボール」と言ってホームセンターなどで販売されています。910mm×1820mmサイズ(たたみ一畳分)が350円程度で販売されています。養生テープと一緒に購入してくれば、かなり見栄えの良い養生が出来ます。割れたガラスのサイズにカットするのもカッターで易々と出来ますのでお勧めです。

またはべニア板と言う方法もありますが施工性を考えると個人的には「プラダン」をお勧めします。

もしも仮に、ガラス屋が来た状況でガラス屋が「仮施工」として”養生”を行うのであれば、「プラダン」でも「べニア」でも無く、最低でも「コンパネ」をサッシ枠に入れてもらうようにして下さい。コンパネをサッシ枠に入れてもらう方法が防犯上もっとも良いです。プラダンやべニアでは外部から簡単に破られてしまいますので。。ケースとしては、複層ガラス(ペアガラス)や防犯ガラス、もしくは特殊ガラスの場合です。当日すぐに入替を行う事は困難で、どこのガラス屋に依頼されても基本的にオーダーメイドとなりますので受注生産の後日施工となります。

自分でガラス修理が出来るか考察

自分でガラス修理が出来ないものか??DIYをされる方であれば板ガラスだけを入手してガラス交換を行う事は可能です。注意点としてはガラスの発注寸法を間違えない事です。最近ではネットでガラスを販売している業者さんがいますので自信がある方は挑戦する価値はありますね。寸法の取り方ですが、一般的なサッシでは、ガラスが見えているサイズにプラス12mmすると良いです。四方6mmづつ飲み込みがあると言う事ですね。

もしもサッシを外す事が出来ればサッシ事ガラス屋に持って行ってガラスを入替てもらう方法もあります。この場合はガラス代の他に工賃も必要となりますが出張で来てもらうよりはお安くガラス交換が可能です。ただ、個人で行っているガラス屋は留守にしている事も少なくありませんし、ガラスの店舗販売自体を行っていないガラス屋も多くあります(当社も店舗販売は行っていません)出張専門だったり、取引先のお客様のみの販売だったりと、それぞれの会社毎の事情がある事もご留意下さい。事前に「店舗でガラスカットしてもらえますか?」と連絡の上訪問する事をお勧めします。

ガラス屋に依頼する時の注意点

インターネットやタウンページなどの広告を見て、ガラス屋にご依頼する場合、2タイプのガラス屋があると思っておいて下さい。

1つめの形態として、当社の様に自社のスタッフで広告活動と現場作業を全て自社で行っているガラス屋。

2つめの形態として、広告は広告代理店が行い、ガラス工事は地元のガラス店が行うケース。

どちらが良い、悪いと言う訳ではありませんが、全国対応と謳っている会社さんは「2つめの形態」である事が大半です。もちろん広告代理店への手数料が必要なのでコスト高にはなる可能性が高いです。

また、昔ながらのガラス屋は、軽トラックで依頼先に伺い、一旦サッシを会社の持って帰ってガラスを交換する所も少なくありません。もちろん持って帰っている最中はサッシは無いフルオープンの状態です。万が一車の事故でもあった場合はサッシが戻ってくるのがいつになるやら・・・と言う状況が無い訳ではありません。

車にガラスのストックがあり、お客様宅で直ぐにガラス交換を行えるガラス屋がベターではありますね。

まとめ

急なガラス割れが発生した事を想定して最善の行動がとれる様に材料をテーブルに乗せて見ました。もしもの時どう対処する事がベストなのか事が起こる前にイメージしておいて下さいね。遠くにいるご家族にも的確なアドバイスが出来ると思いますよ。

ガラス屋としてガラスが割れたのでガラスの交換をお願いします!と、この様なご依頼が入るは極一普通なのですが、その際に割れてしまったガラス、ひびが入って交換をしなければならないガラスがあります。私共は扱いなれたガラスなのでケガ無く割れたガラスに触る事が出来ますが、

お客様ご自身で割れたガラスを処分される時にどの様に処分すればいいの?と聞かれる事も良くあります。今日はそのあたりを記事にして行きたいと思います。

佐賀ガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

ご家庭での処分方法

基本的には燃えないゴミで処分しますが地域によっては「危険物」としての処分方法もある様です。お住いの地域によって割れたガラスの処分方法は若干異なりますので市役所などに問合せをし、出し方や出すタイミング等を事前にお問合せする事をお勧めします。

私がお伺いして見かけた状況では新聞紙や厚手の紙に割れたガラスをつつみ燃えないゴミと一緒に捨てる。という処理をされている方が大変多かったです。

ガラスをまとめる事前準備

ご自身で窓ガラスの割れたガラスをまとめる場合は、スリッパと手袋(滑り止め付)をご用意下さい。窓ガラスは非常に細かく割れている事が多い為、素足や靴下のまま付近に近づくと足に刺さる事があります。またくれぐれも素手で触らない様に気を付けて下さい。普通の軍手では誤ってガラスが滑る可能性がありますので滑り止めの付いた軍手や手袋を使用するべきです。

割れたガラスが大きくて包めない場合

ガラスが細かく割れていれば新聞紙などに包むのも楽なのですが、大きく割れている場合はどの様に処分したらよいのでしょうか?答えは「細かく割る」です。

ガラスの大きさによって細かく割る方法は異なりますが、バケツに入るぐらいの大きさであれば、バケツにいれて上から買い物袋などを軽く掛けます。これはまわりに飛散しない様にする為の処置です。可能であればお庭などあまり人が来ない所で行うと良いでしょう。ハンマーなどで叩いて粉々にします。半袖はNG。出来ればゴーグルも掛けた方が良いです。くれぐれもハンマーを振り下ろした時にガラスが手に刺さらない様に気をつけて下さい。大きく振りかぶらずに細かく叩くようにすれば比較的安全にガラスを細かくする事が出来ます。

バケツに入らない大きさの場合は、ガラスを新聞紙などの上に寝かして養生テープを貼って行きます。そしてある程度養生テープが貼れたら先程と同じようにハンマーでガラスを叩いて細かく砕くと良いです。養生テープ事折りたたんで新聞紙やゴミ袋に入れて行きます。

後片付け

割れたガラスをキレに包む事が出来たら最終的に掃除機で周辺を掃除します。特に小さなお子さんがいらしゃるご家庭の場合はお子様がガラスを踏んだり、触ったりしてケガをする恐れがあります。心配な場合は掃除機を掛けたあと、コロコロテープでも念入りに掃除し、視点の角度を変えて床をチェックして行きましょう。ガラスは結構光って見えるので角度を変えてみる事により見逃していたガラス片を見つける事もあります。

まとめ

以上がご家庭で窓ガラスが割れた時のガラス処分方法となります。ご自分でガラスを処分するのが不安な方は廃品回収業者などプロに依頼するのも1つの方法思います。とにかくケガの無いように慎重に行いましょう!

ガラス工事に使用するガラスの吸盤。一般の方にはあまり馴染みの無い業者専用の道具といっていいですね。

窓ガラスの修理や車のフロントガラスなどの修理の時に使用する道具ですが具体的にどの様なケースで使用するものなのでしょうか?また種類的にはどの様なガラス吸盤があるのでしょうか?

私がガラス屋なので窓ガラスに使用する吸盤をベースに解説して行きます。

北九州市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

ガラス吸盤の種類

ガラスの吸盤には大きく分けて2種類の吸盤があります。

1つめは、「平板用」ガラス吸盤。通常のガラスは表面がツルツルしています。それを「平板」と言うのですが、透明なガラスをイメージしてみて下さい。その様な表面がツルツルのガラスに使用される吸盤を「平板用」ガラス吸盤といいます。

ガラスで表面がツルツルしているもの以外にガラスってあるの?と疑問に感じられる方もいると思います。「平板用」ガラス吸盤以外の吸盤が2つめの吸盤で「型板用」ガラス吸盤と言います。

「型板用」ガラス吸盤は、表面が凸凹したガラスに吸着する専用の吸盤です。具体的には窓ガラスの透明では無いガラスがあると思います。そのガラスの室内側を触ってみて下さい。凸凹した感じがしませんか?「平板用」のガラスでは、そういった凸凹部分には吸着しません。「型板用」のガラス吸盤を用いる事により凸凹面でも吸着可能となりました。これはガラス屋にとって大変ありがたい事なのです。後ほど詳しく説明しますね。

ちなみに「型板用」吸盤は「平板用」吸盤の吸着面を改良する事により凸凹面での吸着を可能にしています。

ガラス吸盤を使用するシチュエーション

吸盤を使用するシチュエーションについて解説します。

まずは、大板と呼ばれる大きなガラスの工事を行う時。この場合は2人以上で作業を行いますが、片方の手は”ガラスの端”を持ち、もう片方の手で、ガラス吸盤を持ちます。ガラス吸盤を取り付ける事で持ち手の場所が自在に調整出来ますので運搬や設置が非常に行い易くなります。

特にFIX枠に取り付ける際にはサッシ枠にガラスの”端”を入れ込まなくてはならないため、ガラスの”端”を手で持つ事が出来ません。従いまして「ガラスの吸盤は必須」の道具となり、ガラス吸盤が無ければFIX枠にガラスを収める事は限りなく困難となります。

同様に、型板ガラス(解説ページにリンクされています)を室内から作業する場合FIX枠に入れる為には「型板用」吸盤が必須となる訳です。「平板用」では型板ガラスの凸凹面には吸着してくれませんので必ず「型板用」吸盤が必要になります。

吸盤の最大荷重

ガラス吸盤はどれ程の重量を持ち上げる事が出来るのでしょうか?

ガラスの吸盤にもグレードがあります。ホームセンターなどで販売されているガラス吸盤は比較的価格帯が安いものが多く、それに伴って最大荷重も変わって来ます。

上記の平板用ガラス吸盤は町のガラス屋が良く使用している商品です。価格帯もリーズナブルで12,000円~16,000円程度です。最大荷重は60kgですので基本的には殆どの現場がこなせます。ガラス重量に関してはリンク先で早見表を確認できます。

また、商業施設のガラス工事を行う業者はプロ用のガラス吸盤が必須になってきます。

吸盤ゴムとガラスの設置部分を真空にする事により強力に吸着します。取っ手横のゴールドの部分がポンプとなっていて5~6回プッシュすればOK。最大荷重288kgと言うとてつもない重量を持ち上げる事が出来ます。

まとめ

今回はガラスの吸盤について記事にしてみました。DIYをされる方でガラスや表面がツルツルした物を運ぶ事がある方は1つ持っておくと大変重宝するアイテムです。使用方法や最大荷重をしっかり確認し安全に使用して下さい。