google-site-verification=bRF_7Ofs8-iRkrWNNQS-vjRrcIz_PbsaOpWS7ruyOrg

サッシのレール交換、修理。サッシレールがガタガタで困っている方向けの記事です。

サッシのレールがガタガタで困っている方も少なくありません。サッシのレールがガタガタになる原因はサッシの重量や戸車にあります。サッシを開閉する時の重くなって来たな~とレールを見てみると表面がデコボコしていたり明らかに削られている状態の場合もあります。この様な状態ではサッシの戸車も相当に傷んでいる可能性が高くサッシレールの修理と戸車交換を同時にした方がメリットが大きいです。例えばサッシレールだけ修理した場合はレールは新品でもその上を走る戸車が正常でない場合、戸車との摩擦でまたすぐにサッシレールが痛む事も考えられます。、逆然り、戸車だけ交換してもサッシレールがガタガタしていると戸車も通常より早く痛む可能性が高くなります。この様な理由からサッシのレールを修理交換する場合は戸車もセットで考えた方が良いでしょう。

サッシレールの修理や交換ってどうやって行うの?

サッシのレールがガタガタ、デコボコの状態でサッシレールを修理する場合”レールの交換”をしない事の方が多いです。

この場合はレールの交換ではなくオーバーレールと言って、サッシレールの上に新しいレールを被せるようにしてレールの修理を行う事になります。ネットで「オーバーレール」とキーワードを入れて調べてみて下さい。上の写真の様なアイテムが沢山表示されると思います。その中から適切な物を選択しレールの修理を行う事になります。

サッシのレール交換をした方が良いのでは?

サッシのレール交換をすればサッシ全体が新しくなるのでその方が良いのではとお考えの方もいらっしゃると思います。もちろん、サッシのレールからガラスが入っている障子(ガラスが入ったサッシの枠組みを障子(しょうじ)と言います)を交換すれば窓が新品になりますので、戸車も新しくなり最も理想的な修理方法です。ただし、オーバーレールを用いて行う修理に比べかなり高額になりますので、予算との兼ね合いも出て来ると思われます。さらに戸建ての住宅であれば窓の交換は自由に出来ますがマンションの場合では、それが例え自己所有の物件であっても勝手に窓の交換は出来ない事が原則です。(マンション窓が勝手に交換出来ない理由は”マンションの窓リフォームは許可が必要って知ってます?二重窓はどうなの?”の記事で詳しく説明していますので参考にして下さい。)

サッシの交換とオーバーレールDIY費用の比較

サッシの交換を行う場合はその窓の大きさや種類によって変わって来ますが、10万円~30万円程度が相場になります。小窓や腰高窓で10万円~15万円程度。リビングなどの掃き出し窓で15万円~25万円程度4枚建てサイズや高さが1900mmを超える大きさの窓では20万円~30万円もしくはそれ以上になる事が多いでしょう。

一方オーバーレールであれば自分でサッシ修理を行う事が可能です。部材代だけを考えれば2,000円~3,000円程度でサッシ修理が可能です。戸車を合わせて交換する場合でも、戸車代も2,000円~3,000円程度。合計で4,000円~6,000円の部品代で修理が可能となります。

ちなみにオーバーレール交換を業者に依頼する場合は部品代のみとは行かないので、オーバーレール交換だけで15,000円~25,000円程度。戸車交換でも同様の費用が掛かります。オーバーレールと戸車交換を同時に業者に依頼した場合、30,000円~50,000円が相場となります。

オーバーレールの購入ポイント

オーバーレールをネットで購入しサッシを修理する方法が最もコスパが良い事は分かりました。では実際にどこをポイントとしてオーバーレールを入手すればよいのか説明して行きます。

オーバーレールは形状と太さを考えて購入しなければなりません。網戸用や小窓用、テラス窓用、玄関用などその種類は多くはないものの適切なアイテムを選ばなくては実際に取付する際に上手く行きません。ネットで購入する場合はサイズや形状が記載されているサイトで購入する様にしましょう。その際に太さと形状をしっかり確認すれば誤った商品を購入せずにすむと思います。分からない時はお問合せフォームからショップの方へお問合せしてみて下さいね。長さに関してはご自宅のレールの長さを測っておきましょう。販売されているサイズは一般的に1820mm~4020mmの長さの物が多いです。

オーバーレールの取付け方法

形状と太さがあっていれば取付方法は至っって簡単です。適寸にカットします。工具のお持ちの方はサンダーでカットすれば手っ取り早いです。工具が無い場合は”金切りのこぎり”で切断する事が出来ますのでこちらもホームセンター等で事前に揃えておきましょう。

仮で上から被せる様に取付けて綺麗にハマる様であれば、コーキングをオーバーレールに薄めに付けてレールにはめ込めば完了です。

下記の写真はサッシのレールが変形しておりレールをある程度真っすぐに戻した上でオーバーレールを取付けました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG-0224.jpg

【オーバーレール取付完了】

まとめ

本日はサッシのレールがガタガタ、デコボコでサッシの動きが重たいとお困りの方向けにオーバーレールと言うアイテムをご紹介しました。サッシ窓交換は費用が高額になるので当社の修理では結構お喜び頂いているサッシ修理方法です。特にマンションなど、そうそうサッシ交換など出来ない住宅ではそのメリットは大きいのではないでしょか。参考にして頂ければ幸いです。

Posted by doorrd