google-site-verification=bRF_7Ofs8-iRkrWNNQS-vjRrcIz_PbsaOpWS7ruyOrg

大牟田市で網入りガラスの交換を行いました。

大牟田市でもともとはお店だったと言うRC3枚建てのご住宅にガラスのひび割れ対応でお伺いしました。なんとコチラのお宅は室内にエレベーターが完備されていて3階までスーとエレベーターで移動出来ます。

お客様曰く、この住宅は中古で購入したそうで、以前は足腰のご不住な高齢の方が住まわれていた為エレベーターを設置されたようです。との事。立派なお宅でした。

早速、ガラスにヒビが入っていると言う3階フロアにお邪魔しました。成る程成る程、確かにガラスにヒビが入っていますね。

サッシの右側から中央に向かってヒビが入っているのが分かります。お客様としては特に何か物が当たった覚えはないと言う事でしたので熱割れの可能性が高いとお話ししました。

大牟田市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

3階の部屋の網入りガラス交換となりますので1階までサッシごと持って降りる工程になります。もちろん一人では作業が出来ませんので後日二人作業で行う事とし一旦寸法取りをしてこの日は引き上げました。

引き上げる際にお客様に「エレベーターを使ったらサッシの運搬が楽に出来るのではないです?」とおっしゃって頂き一応寸法を測ったのですが、ちょっと厳しい感じです。高さが30mm程入りません。。残念。階段を使って運ぶ事になりました。

網入りガラスの交換作業(外へ運び出す)

別日に改めてお伺いし作業を行いました。

まずは、ガラスをサッシごと外に運び出します。作業台の上に置いた状態です。これからサッシを外してガラスを入れ替えます。

網入りガラスの交換作業(サッシを外す)

こちらの網入りガラスは1枚物と言われるガラスです。サッシの中に1枚のガラスが入っています。このガラス以外では、サッシ内で上下2枚に分かれている物もあります。上下2枚で分かれるアルミの仕切りを”中桟(なかざん)”と言います。中残(なかざん)が入っていないリビングなどのテラス窓を1枚物と言うのです。

ちなみに、腰より高い窓(腰高窓)で、テラス窓の半分程度の高さ(600mm~1300mm程)の窓は”中窓(ちゅうまど)と言います。

1枚物のサッシはL型に外しますので、ビスを2本ないし3本外せば上の写真の様にガラスだけにする事が出来ます。このサッシはビート(グレチャン)で収まっているタイプなのでコーキング作業など必要無く、3階から1階の往復作業以外は比較的簡単な作業でした。

網入りガラスの交換作業(建付け作業)

新しいガラスに交換し再び3階のフロアまで運びました。階段も比較的広くとってあったので普通のご家庭よりも階段の運搬は楽でしたが、それでも網入りガラスは重いので3階まで”よっこらしょ”と言う感じで持って上がりました(ただ私が歳なだけですね苦笑、若手はスイスイ上がって行きます)写真はサッシを設置した所です。

この後、サッシの動きやクレセントの掛りをチェック。最後に網戸を取付けて作業完了となります。

まとめ

お客様から「うわ~作業大変ですね~重いでしょう~すいません~」と何度もお声掛け頂きました。ひとえに私が重そうな顔をしていたのかな~と反省しています。「もっと明るく元気に作業しないと!」と若手の後輩に注意されました。すいません。

いずれにしましても壁や床を傷つける事無く、慎重・丁寧な作業が出来て良かったです。ご利用ありがとうございました。

Posted by doorrd