google-site-verification=bRF_7Ofs8-iRkrWNNQS-vjRrcIz_PbsaOpWS7ruyOrg

大野城市の学校の強化ガラス修理は仮工事でコンパネ施工。

大野城市の学校からガラスを誤って割ってしまったので至急対応できませんか?と言うご依頼が入って来ました。その日は日曜日で部活中にボールが当たって割れてしまったと言う事です。

早速お伺いし状況を確認させて頂きました。

先生が応急的プラダンで養生されています。プラダンとはプラスティック段ボールの事で引っ越しとかで良く使用される養生シートでカッターで簡単にカット出来るので大変使いやすいですね。

写真をご確認下さい↓

ただプラダンだと防犯上は心配です。簡単に外して侵入されてしまいます。

スグにガラスを入れ替えれば済む事なのですが強化ガラスを入れないとダメなので当日は仮施工を行う事になりました。一旦プラダンを外し粉々に割れたガラスやコーキングを綺麗に取り除いて行きます。

コンパネ9mmを枠のサイズにカットして仮施工を行いました。

大野城市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

上記の写真が仮施工完了の写真です。強化ガラスは受注生産なので、これから本施工まで5営業日前後程、日数が必要です。

コンパネの仮養生は防犯的に大丈夫か?

厚みが9mmのコンパネなので、そうやすやすと破壊する事は出来ません。通常のガラス(3~5mm)よりははるかに丈夫です。強化ガラスと比較しても遜色はないと予測されます。通常のガラスと比較して強化ガラスの耐風圧は3倍と言われています。強化ガラスは先の尖ったものからの衝撃には弱い。と言う弱点もあります。それらの事を総合的に判断すると、一時的な仮養生でコンパネを使用する事は防犯的な側面から考えてもベターかと思われます。

下記は強化ガラスが入荷し本施工を行っている時の写真です。四方が押し縁になっています。押し縁を全て外して新しい強化ガラスをセット。バックアップ材を詰めてガラスを固定。。その後マスキングテープで養生しコーキングを充填している段階です。

コーキング充填が終わり、養生のマスキングテープも剥がしました。仕上げにガラスのクリーニングを行い施工完了となります。

施工後コーキングに注意

たまにガラス施工後の直後に”ガラス注意”とか”ガラス施工中”などの張り紙がされている事があります。一概には言えませんが、コーキング塗りたてのケースが多いです。ガラスの建て込みやコーキング充填が終わってもコーキングが渇くまでにある一定の時間が必要になって来ます。もちろんコーキングの種類にもよりますが、表面が乾くまでに1時間程、内部まで乾くまでに24時間程(夏場・冬場で乾く時間が異なります。また施工箇所の環境によっても異なってきます)がおおよその目安となります。私どもでもその事をお客様に告げて決して触らない様にお願いします。

ガラスを動かすとガラスが動き、コーキングの仕上げが汚くなるからです。さらに衣類や肌につく事も考えられます。

学校の強化ガラスはスクールテンパで完成

旭硝子製のスクールテンパと言う商品を設置し作業完了しました。最後に職員の方に確認して頂き「触らないで下さいね。」とお伝えし現場を後にしました。

ご利用ありがとうございました。

Posted by doorrd