google-site-verification=bRF_7Ofs8-iRkrWNNQS-vjRrcIz_PbsaOpWS7ruyOrg

網入りガラスの熱割れリスクを高める2つの事。知ってれば良かったと後悔する前に!

網入りガラスがひび割れて交換の依頼を頂く事が月に数件はあります。このひび割れの多くは「熱割れ」と言われる症状です。

ガラスの中に入っているワイヤーは太陽光の日射の熱で膨張しますが、一方サッシ内に組み込まれている部分のガラスは直接日射されていないので膨張せず現状を維持しようと言う力が働きます。直接日の当たる部分の膨張と日の当たらない部分の拘束力の均衡が破られた時にガラスの角からヒビ割れを起こしガラス自体に割れを生じさせます。これが熱割れと言う症状です。

行橋市のガラス屋。窓ガラス交換、サッシ交換修理、ドア交換修理、ドアクローザ交換、ドアノブ交換、網戸新規作製(張替え)、浴室ドア交換(折戸修理)、雨戸修理交換、玄関ドア交換修理、戸車交換、内窓取付、窓修理交換、窓とドアの事ならドアードにお任せ。

網入りガラスの熱割れを起こしやすい季節と時間

熱割れが起こりやすい状況として一般的に知られているのが冬の時期の晴れた日です。時間帯は午前中が一番熱割れのリスクが高まるとされています。その理由は冬場の夜、温度が低い状態から朝日がガラスに差し込むに連れガラス部分の温度が急速に上がります。一方、日差しが当たっていないサッシの飲み込み部分は夜の温度の名残があり低温のままです。この様に温度差が生まれやすい環境下でもっとも網入りガラスの熱割れは発生します。日差しが当たる事が熱割れ条件の1つとなりますので建物の東側、南側に網入りガラスが設置されている場合は要注意です。

網入りガラスの熱割れリスクを高めるつの事

時期や網入りガラスが設置されている方角を変える事は基本的に難しいです。ただ知らず知らずに行っている事で網入りガラスの熱割れリスクを高めているとしたらいかがですか?改善したいと思われませんか?

網入りガラスにフィルムを貼っていると熱割れリスクが増加する

もちろんフィルムの種類にもよりますが、熱を集めやすいフィルムは要注意です。網入りガラスの熱割れメカニズムから考えてガラスの露出面とサッシの飲み込み部分の温度差がその原因ですのでフィルムを貼る事によりガラス表面の温度が上昇する様なフィルムは控えておくべきでしょう。

ガラスの前のソファーで熱割れ

これは私が実際に遭遇した現場です。門司区の高層マンションで熱割れの現場のガラス交換に伺いました。明らかに熱割れの症状だったのですが特に原因と思われる事もなく作業を終わりました。その後1ヶ月もしない内に又ガラスにヒビが入った・・・。と連絡がありました。「施工不良ではないですか?」と若干クレーム気味のお問合せでしたので直ぐに状況確認に伺うと、確かに熱割れの症状です。前回と室内の様子が違うと感じ、よくよく考えてみると引き違いのガラスの前にソファーが置いてあります。「お客様、前回工事に来た時にはこのソファーはありませんでしたよね?」とお聞きすると、お客様は「工事をされると思って別の部屋に置いていました」との事でした。そのソファーはレザー製のソファーで背もたれの高さの丁度上部の位置とガラスの熱割れの位置が、ほぼほぼ一緒です。さらにソファーはガラスに密着していた状態です。「お客様、おそらくこのソファーが熱をガラスに放出しガラス面の温度が上昇した結果熱割れした可能性が高いですね。」とご説明しました。

ガラスの前に熱を反射する物がある、又はガラスに密着している状態はその部分がガラス局部の温度を上昇させて熱割れを発生させてしまうリスクが高まります。

【番外編】経年劣化によるワイヤーの錆からひび割れ

熱割れにも少々絡んできますが、網入りガラスのヒビ割れでは、ガラス内部に入っているワイヤーの錆からガラスにヒビ割れを発生させる事もあります。熱割れの条件と複合的に関係してくる事もあれば、熱割れの条件とは無関係にガラスにヒビ割れを発生させる事もあります。窓ガラスが外部の雨風を防ぎますが長年使用しているサッシは少なからず水分がサッシ内部に侵入する事がありその水分によって網入りガラスの端の部分の網が錆びを発生させます。網入りガラスの断面は網が外部(ビートやコーキングで覆われてはいますが)に晒されている状況ですのでここから錆が発生する事になります。スチール製の網は錆を発生すると膨張するリスクが高まりその膨張によりガラスがヒビ割れを起こすと言う現象を発生させてしまいます。

まとめ

本日は網入りガラスの熱割れをテーマにガラスのヒビ割れについて記事にしました。一部遮光カーテンなども熱割れの原因になると言われていますが熱をガラス前面で反射する事が理屈的に熱割れの原因として可能性を示唆したものでしょう。私は実際に遮光カーテンの熱割れ現場に伺った事はありません。今回例にしたソファーの熱割れ現場も冬時期でしたし、やはやガラス全体で温度差が生まれる冬場の時期は熱割れのリスク増加の季節と言えますね。雨戸や日よけがあるご住宅であればガラスの外側で日差しが当たらない様にすればリスクは軽減できるかと思います。ただ宅内が暗くなってしまうので、それはそれで考え物ですけどね。

Posted by doorrd