google-site-verification=bRF_7Ofs8-iRkrWNNQS-vjRrcIz_PbsaOpWS7ruyOrg

ドア修理施工実績|那珂川市、室内ドアの化粧べニア上張り作業と襖張替え!

那珂川市のお客様より室内の建具ドアに室内で飼っている犬が”おしっこ”をかけてドアの下の部分が「ブヨブヨしている」修理出来ないか?と言うお問い合わせがありました。あと襖の張替えをして欲しいものも3枚ぐらいあるので一度見て欲しいと言うご相談です。「承知しました一度拝見させて頂きましょう!」と言う事で那珂川市の現場にお伺いしました。

家の中を案内して頂き建具のドアや襖など拝見しましたが結構古くなっていて、「ご主人様、これって全部新しく作り直した方が良いのではないですか?」とお聞きまし所、室内を指さして「見てご覧、どこもかしこもボロボロやろー?ドアや襖だけ新しくしたって一緒やろ?取り敢えずドアは上から何か貼ってもらうか、塗ってもらえばいいと思ってるんよね!」

この様なご意向です。取り敢えず予算は5万円しかないと言う一点張りでドアの上張りと襖3枚の張替えをご希望されています。「できたら網戸もサービスで張ってくれんやろか?」とのご要望。。。なかなか手強いお客様です苦笑い。

那珂川市のガラス屋。ガラス交換・ガラス修理、ドアクローザ交換、ドアノブ交換、ドア修理、サッシ交換・網戸作製が得意です。

ドア修理は化粧べニアの上張りで見違える美しさ

低予算で取り敢えず見た目を良くしたいと言うご希望出来たのでドアのブヨブヨや汚れの修理は”化粧べニア”の上張りをご提案しました。

塗装だと”ブヨブヨ”が解消出来ませんが、化粧べニアだと厚さが3mmあるので”ブヨブヨ”が解消されます。ただ1点、ドア建具の中に厚さが少々(1mm程度)収まらない可能性がありその点だけご了承して頂く事になります。お客様曰く「そんくらい大丈夫!全然気にせんから」と言う事でしたので上張り作業をお請けする事にしました。

ドア修理(化粧べニアの上張り)の作業ポイント

ドア表面に付着した汚れやホコリ、油脂成分を綺麗に除去します。

表面に付着したホコリや油脂成分がそのままだと上張りした際に接着が効きにくくなるので表面は出来る限り綺麗にする必要があります。化粧べニア上張りの極めて重要なポイントです。

ドア修理(化粧べニアの上張り)の作業写真

実際の写真です。施工前と施工後をしっかり撮影していなかったのですが、上張り状況はご確認頂けると思います。

【施工前】

下の写真は施工前の写真です。ドアのラッチ部分を取外しています。結構汚れや傷が目立つのがご確認頂けると思います。

【施工中】

しっかりドア表面のホコリや油脂、汚れを取り除いた後に接着材を添付して行きます。

【施工中】

予め適寸にカットした化粧べニアを左右上下ピッタリに合わせて行きます。

同じ様な柄を希望されていましたので同等の化粧べニアで上張りしました。かなり古いドアでドア本体の左右の寸法が微妙に違っており上張り用の化粧べニアはそのサイズに合わせて少々斜めにカットしました。

【施工中】

上の赤○の部分をご覧下さい。クリップで留めています。3mmの化粧べニアは接着してもすぐにくっ付く事はありません。逆に反る事も多々ありますので反りそうな部分はクリップ等でガッチリ押さえておく必要があります。ドアの取っ手部分を取付ける為に穴をあけている画像です。その後ドアの取っ手ラッチと取付けて作業完了となります。

ドアの修理と一緒に襖の張替えもご注文頂きました

襖もついでに綺麗にして欲しいと言うご要望でしたので襖の張替え作業も行いました。3枚の襖は全て上張りで張られていてこれ以上は上張りできそうもなかったので、一旦襖を剥がして貼付けします。

【施工中】

襖を剥がしている写真です。綺麗に剥がした後に上から襖を貼って行きます。

【施工中】

今回張り替える襖以外の襖にも柄を合わせたいと言うご希望もあり下の写真の様な柄になりました。

【施工後】

襖3枚の張替え完了です。

まとめ

本日はドアの修理と襖張替えの施工実績を掲載しました。後日、那珂川市のお客様邸にドアと襖を納品する為に伺いました。「お~出来た出来た!綺麗になったね~上出来じゃね~」と大変お喜び頂きました。本当は枠の部分なども塗装して差し上げたかったのですが予算的な事もあり「そんな所は気にしないのでイイですよ!」との事でした。ドアと襖の建付けを完了し現場を後にしました。

Posted by doorrd