google-site-verification=bRF_7Ofs8-iRkrWNNQS-vjRrcIz_PbsaOpWS7ruyOrg

浴室折れ戸は修理?交換?トラブルと、その費用などを解説

福岡市城南区で浴室の折れ戸の動きが悪いので見て欲しいと言うご相談が入りました。月に1~3件くらいは浴室折れ戸に関するトラブルのご相談を受けます。

と言う事で本日は浴室折れ戸について修理が良いのか?全体的な交換が良いのか?またその費用はどれくらいかかるのか?など解説して行きたいと思います。

福岡市城南区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

浴室折れ戸とは

浴室の折れ戸は中心部分が山折り(谷折り)される事により主に脱衣所から浴室に入る所にある戸の事です。通常の引き戸よりも省スペースで設置する事が出来るため最近の住宅で大変普及が進んでいる商品です。サイズは家々により異なりますが、額縁スペースで高さが1900mm、横幅が760mm程度です。出入りに際には650mm程の空間が出来るので比較的余裕を持って出入りする事が出来ます。

浴室折れ戸のトラブルとは

・折れ戸の動きが悪い

折戸は樹脂製の車が下枠の部分に設置されています。また上部にも吊車が設置されているタイプのものもあります。樹脂製なので経年劣化で消耗してしまい上手く回転しない事や車自体が取れてしまっているものもあります。

・取っ手の破損

毎日の様に開け閉めする折れ戸、使用人数が多いと一日に10回以上可動する事も珍しくありません。取っ手を持って開閉させるのでプラスチック製の取っ手が壊れる事も珍しくありません。

・アクリル板の破損

アクリル板自体は経年劣化する訳ではありませんが、子供さんが遊んでいて破損したり掃除の時に浴室折れ戸を枠から外した所、誤って倒してしまい破損させてしまったなどのトラブルがあります。メーカーによってはアクリル板を交換を行うのに消極的な所もあるようで「アクリル板が破損したら本体ごと交換しなくてはダメです」と言われたと当社にご連絡頂く事もあるほどです。

浴室折れ戸のトラブルは修理?交換?どちらが良いのか?

アクリル板の破損であればアクリル板の入替を行う事でトラブルが解決出来ます。ただ上記に記述しました様にアクリル板の交換に対応してくれる業者を探さなくてはなりません。アクリル板を交換するよりも折れ戸本体を交換した方が簡単で高額になる為にアクリル板の交換に消極的な業者も多くいます。またアクリル板は交換出来るものが殆どですが稀に本体に接着材で接着されてある商品もあります。アクリル板はガラスよりも高額ですので接着されている折れ戸の交換は施工費も合わせると比較的高額となる事が多いです。

折戸の動きが悪い場合は折れ戸の修理か交換を慎重に考える症状です。まずは使用年数を考えます。20年以上使用しているのであれば折れ戸の交換をお勧めします。基本的に部品の供給もなされていない事の方が多いですし折れ戸そのものも傷んでいる可能性が高いです。20年未満で部品の供給が可能であれば修理と言う選択肢も十分に考えられます。

取っ手などの部品が破損の場合も部品が供給されているかどうかで修理もしくは交換を判断されると良いと思います。

浴室折れ戸の修理、交換の費用

・修理

戸車などの部品交換8,000円~20,000円程度

部品代は1,000円未満。施工方法で費用が変わってきます。折れ戸の本体をバラすのか。。。バラさないのか?

戸車交換の場合は原則サッシをバラす事がないので8,000円~10,000円程度と思いますがサッシをバラす作業になれば20,000円近くかかる事もあります。

取っ手の交換6,000円~15,000円程度

取っ手に関しては折れ戸を建て付けた状態で交換できる事も多くありますので10,000円以内に納まる事が多いです。

アクリル板の交換15,000円~30,000円程度

アクリル板の交換はサイズや厚みによりかなり異なって来ます。400mm×900mm程度でもサッシをバラして作業を行うので15,000円程はかかると思います。高さが1900mm横幅が900mmくらいだと30,000円近くはかかると思います。

浴室折れ戸本体交換60,000円~80,000円

比較的新しい商品であれば折れ戸の部分のみ交換が可能なものもありますが、基本的には折れ戸の枠から交換します。枠を取り外すと壁を切ったり費用も多くかかるのでカバー工事(既設の枠の上から新設の枠を設置する方法)で行う場合が主流です。商品やサイズにより価格の差があります。

まとめ

本日は安定的にお問合せのある浴室折れ戸の修理、または本体交換について解説しました。

Posted by doorrd