google-site-verification=bRF_7Ofs8-iRkrWNNQS-vjRrcIz_PbsaOpWS7ruyOrg

柳川市の網戸の戸車不具合は適合部品がみつかりませんでした。

柳川市のマンションにお住いのお客様よりサッシの動きが悪いので見に来て欲しいと言うご依頼が入りました。伺ってみるとサッシと言うのは網戸のサッシの事で「箱型網戸」と判明。メーカーは不明で適合戸車を探したのですが微妙にサイズが違い交換が不可能だと言う事になりました。

網戸本体の交換でご了承頂く事になったのですが、お客様が疑問に思われた事をブログでも共有して行きたいと思います。

網戸の戸車には比較的に簡単に直るものもありますが適合部品が見つからない戸車も多々存在します。

柳川市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

網戸のタイプによって戸車を選定します。

一般のお客様は特に網戸に関心がある訳ではなく、春先~秋口まで涼しい風を取り入れたり、室内の空気の入替を行う目的で使用されます。なので網戸のタイプなの気に留める事も皆無と言うのがごく自然の事だと思います。

ただ、網戸には種類があり「通常網戸」と言われる網戸と「持ち出し網戸」と言われるもの、「箱型網戸」「ビル用網戸」と言われるものまで種類があり「通常網戸」や「持ち出し網戸」は現在の汎用型の戸車などで代用できる可能性が高いです。

ただ「箱型網戸」「ビル用網戸」の戸車を含む部品交換の場合、年数の古いサッシ網戸では部品が見つからない事も珍しくありません。網戸の戸車を選定するにはどのタイプの網戸か?という事を考えて選定して行きます。

戸車が上手く動かない原因は何?

・車のプラスチック部分が破損しているケース

最近の戸車はステンレス性の車がしようされている事が一般的ですが、旧式の戸車の車(コロコロ回転する所)はプラスチック製が一般的です。その為、何十年と可動されているとプラスティックが欠ける事も珍しくなくその事が原因で動きが悪くなっている事があります。

・車の芯がグラグラ

戸車は中心に軸があり車輪が回転する様になっているのですが、そ中心のピンが外れたかけたり、甘くなっていて芯がグラつく事でレールを上手く進めなかったり挙句の果てにはレールから脱線してしまったり本来の動作が出来なくなっている故障の症状があります。

・錆びてボロボロ

年数が古い戸車では錆びてボロボロの戸車があります。勿論戸車一式を交換する事になるのですがサッシ枠から外す場合も錆のせいで固着して取り外しに苦労する事もしばしば。。錆びる前に交換する事がベストです。

戸車が悪くなる初期症状

初期症状としてはレールを上手く滑っていかないと言う事で、引きずったり、引っ掛かった感じになります。重くなると感じる事もあります。また網戸戸車不具合の場合であれば、網戸が外れたりする事もあります。

戸車の修理方法

網戸もサッシも同様なのですが、戸車の部分である車輪だけ交換する事はあまりありません。基本的には戸車本体を入れ替える事で戸車の修理とする事が殆どで、費用に関しても車輪だけ交換した方が安くなると言う事もあまりないと思います。なぜなら戸車本体を交換した方が作業的には手っ取り早く、修理方法としても確実だからです。下手に車輪だけ交換すると戸車の車輪とは別の部分との兼ね合いで不具合を起したり、修理が2度手間になり余計にコスト高になる可能性も考慮する必要が発生します。

まとめ

本日は柳川市のお客様に説明する際にお客様にお伝えするべき内容について整理して記事にしました。

網戸の種類や戸車の選定方法、戸車の動きが悪い原因や初期症状、戸車の修理方法では一部分を交換するよりも全体を交換した方が良い事。などです。

結果、適合部品が無く、本体交換をさせて頂く事になりましたが順序だてた説明をする事で、ご納得頂き新規網戸のご注文を頂く事になりました。

ご利用ありがとうございました。

Posted by doorrd