google-site-verification=bRF_7Ofs8-iRkrWNNQS-vjRrcIz_PbsaOpWS7ruyOrg

北九州市小倉北区でフロアヒンジの交換工事を受注しました。

小倉北区の商業施設を担当する管理会社様からご相談が入りました。

「共有部分のサッシ扉の開閉が調子が悪いのですが、ご対応可能ですか?扉は結構大きくて横幅75cm高さ2メートルちょっとあります。そのサイズの扉が2つついているのですがその内、右側の扉が開け閉めする時に”ガクン、ガクン”なる感じなのです。」

「わかりました。では一度拝見させて頂いて状況を確認させて頂いて宜しいでしょうか?故障の内容を特定してお見積りを出させて頂きます。。」この様なお話をさせて頂き現地にお伺いいたしました。

北九州市小倉北区のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

早速当日現地で管理担当の方と待ち合わせをして問題の扉を現調しました。共有部分と言う事もあり通行される方も結構いらっしゃいます。お客様の通行してない僅かなタイミングを見計らって現調をして行きます。。フロアヒンジケースの蓋を外してみると結構なサビ具合です。ヒサシはあるのですがちょっと水がかかる所に在る為か、もしくは掃除の度に水を流すのか定かではありませんが水気もあり基本的にフロアヒンジの本体を交換した方が良い状態でした。

「フロアヒンジのBOXごとの交換になると回りのタイル補修など必要になります。拝見するとBOXはそのまま使えそうなのでフロアヒンジ本体のみ交換される方が費用的にも施工の規模も少なくて済みます。勿論、フロアヒンジのBOXごとの交換も出来ますけど。。いかがいたしましょうか?」

管理会社様「できれば、コストを安く済ませたいと思うのですが一度施設の方にも確認してみます。フロアヒンジの”本体のみ”と”BOXごと”の両方の見積りを出してもらう事は出来ますか?」

この様なご要望でした。見積りは後日メールで大丈夫と言う事でしたので。会社に帰って見積り書を作成し管理会社の担当の方にメールさせて頂きました。

翌日その担当者様より連絡がありました。「早速見積りを頂いてありがとうございました。施設の方と話したのですが、やはりフロアヒンジの本体のみ交換して頂こうと思います。また施工日が分かったら教えて頂きたいです」私「ありがとうございます。承知しました。ちなみにそちらの施設はお休みの日などございますか?前回の現調の時、結構人の通りが多かったので休館日とかで工事が出来ればありがたいなと思いましたもので・・・」

「いや、、あそこは休みってないですね。。もしアレだったら施工中は通行止めにしましょうか?別の通用口もあるので施設側にいってみますよ」この様な感じで大変ありがたいご提案を頂きました。

施工当日、「時間は9時から12時まので通行禁止で大丈夫だったですか?施設にはその様に伝えています」と言う事で3時間のお時間を頂きました。早速工事スタート、扉を外して中のフロアヒンジを外して行きます。少々やっかいなレベル、倒れなどもスムーズに調整する事が出来き11時過ぎには施工完了です。

管理会社の担当者様「お~結構早く終わりましたね。。あ~やっぱり開閉の感じが全然違いますね!バッチリです。ありがとうございました」しっかり施工も終わりご満足頂く事が出来ました。

ご利用ありがとうございました!

Posted by doorrd