google-site-verification=bRF_7Ofs8-iRkrWNNQS-vjRrcIz_PbsaOpWS7ruyOrg

窓ガラスの厚みは決まっているの?場所ごとのガラス厚みの目安。

窓ガラスの厚みはいったいどのくらいあるのか気にされた事はありますか?建築関連に係わりの無い方では「ガラスが割れて修理をする時」「台風が接近していてウチの窓ガラスは割れないだろうか?」と心配な時。この様なケースではガラスの強度や厚みが気になると思います。ガラスを厚くして防犯対策をお考えの方もガラスの厚みが気になりますね。

また、建築関連、賃貸不動産の管理業務のお仕事をされている方であればガラス交換や修理に関わる事があり”ガラスの厚みってどれくらいが標準?”と気になるかもしれません。

本日はそんな皆様に各場所での窓ガラスの厚みについて解説して行きたいと思います。

博多区のガラス屋。窓ガラス交換、サッシ修理、ドア修理、ドアクローザ交換、ドアノブ交換、戸車交換、網戸交換(張替え・作製)雨戸修理交換、フロアヒンジ交換調整、窓とドアの事ならドアードへ

戸建て住宅でのガラスの厚み

木造の戸建て住宅では、ある程度、窓ガラスの厚みが決まっています。絶対とは言えませんがかなり高確率です。

室内のガラス

窓ガラスではありませんが、一応参考の為に説明しておきますね。室内の間仕切り引戸やドアに入っているガラスは2mmが圧倒的に多いです。引戸では全体の60%~70%は2mmのガラスです。ドアに入っているガラスでは3mm厚で加工された物が使用されている事があります。2mm~3mmが標準となります。

外に面したガラス

いわゆる窓ガラスです。各場所の厚みを紹介します。

リビング・・・3mm~5mm

上下に分かれているサッシの場合は上が透明の3mm、下が型板ガラスの4mmが標準です。

1枚物であれば、横幅90cm×高さ180cmまでのガラスであれば3mmの可能性が高いですが5mmもあります。ただ、サイズがこれ以上になれば5mm厚の可能性がグッとあがります。

居室・・・3mm~5mm

透明のガラスでは3mmの可能性が高いです。半透明(かすみガラス)の場合は4mm厚の型板ガラスが使用されていると思われます。居室でも90cm×180cmを超えるサイズであれば5mm厚のガラスの可能性が高くなります。

洗面所、トイレ、浴室・・・4mm

半透明(透明ではないガラス、片面が凸凹した感触でが築古住宅もう片面がツルツルしています。)のガラスが使用されている事が多いです。その場合は型板ガラスの4mmです。透明であれば3mmです。築古住宅では2mmの梨地ガラスの可能性があります。

玄関・・・4mm

玄関では引戸かドアかによって違ってきます。引き戸の場合は4mmの型板ガラスの可能性が高いです。ドアの場合だと、加工ガラスや合わせガラスの可能性も出てきます。

マンションでのガラスの厚み

室内ガラスは3mmの加工ガラスが使用されている事もありますが、ドアに使われているガラスでは4mm型板ガラスの可能性が高いです。3~4mm厚が一般的です。

リビングガラス・・・3mm~6.8mm

網入りガラスの場合は6.8mm厚になります。高層マンションでは10mmの網入りガラスが採用されている事もあります。

透明ガラスでは3mmもしくは5mm、6mmの可能性も出てきます。上下に分かれているガラスだと下の半透明ガラス(型板ガラス)は概ね4mmです。型板ガラスには6mm以上もありますが使用は少ないです。

居室ガラス・・・4mm~6.8mm

マンションでは居室でも網入りガラスが使用されている事が普通にあります。この場合は6.8mmが一般的です。網入りガラスでなければ3mmか5mm厚の透明、4mm厚の型板ガラス仕様が濃厚です。

洗面所、トイレ、浴室・・・6.8mm

マンションでは洗面所や浴室、トイレに窓が無い事も不思議ではありません。仮に窓があった場合も戸建て住宅の様に大きく取れないので内倒し窓や外倒し窓など引き違い窓以外の窓の使用が多いです。その場合、網入りガラス6.8mm厚が入っている事が少なくありません。

ガラスの厚みはサイズによって決まる!?

窓ガラスの厚みはガラスの大きさにより決まる事もあります。一般財団法人日本建築防災協会(元国土交通省所管の団体で、耐震改修に必要な資金の貸付けに係る債務の保証を行う事を主な業務としています)の「安全・安心ガラス設計施工指針」の内容によれば、ガラスの厚みと最大のガラスサイズは下記の様に記載されています。(一部抜粋)

最大の寸法が記載されていますので、そのサイズ以内であれば原則使用に問題ないとの解釈です。ただし、高層階などでは風圧も関係してきますのでガラスの厚みを選定する際には別のフィルターもかかります。

ガラスの種類ガラスの厚み最大寸法(mm)
フロートガラス(透明)3mm2438×1829
5mm3658×2438
6mm4267×2921
型板ガラス(半透明)4mm1829×1219
6mm2438×1829
網入りガラス6.8mm2438×1829
強化ガラス5mm2400×1800
※標準仕様でフロートガラスに4mmはありません。
※標準仕様で型板ガラスに5mmはありません。

ガラスの厚みは最もよく使用される厚みを掲載しています。その掲載したガラス厚以上のものもあります。

まとめ

本日はガラスの厚みについて具体的に解説しました。実はガラスの厚みを測る道具もありますので「ガラス厚み計測 道具」でググってみて頂ければ色々と道具が表示されると思います。ガラスシクネスゲージと言うガラス計測器はお勧めです。amazonでも販売されています。

エスコ製ガラスの厚み測定器。単板ガラスの厚みが測れます。ペアガラスの空気層の厚みも測れます。価格は2021年1月8日現在の価格です。変更される事があります。

Posted by doorrd