google-site-verification=bRF_7Ofs8-iRkrWNNQS-vjRrcIz_PbsaOpWS7ruyOrg

2階の大きなガラスはどうやって交換する?本当に交換できるのか?

先日お伺いした中間市の現場ですが、ガラスにヒビが入ったので交換して欲しいと言うご相談です。網入りガラスの大きなサッシが取り付けられていました。お客様からこんな大きなガラスどうやって交換するんですか?とご質問を頂きました。

なぜならここは2階です。サッシをもって1階に降りるのもサイズ的に可能なのか?と思える大きさでした。

中間市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

大きなガラスを交換する方法(階段から降ろす)

ガラスを階段から降ろす方法が一番一般的な作業工程となります。普通サイズのガラスであれば階段からサッシごと1階に降ろしてガラス交換の作業を行います。ここで疑問が?普通サイズのガラスとはどの程度のガラスの事を言うのでしょうか?私たちガラス業者は色々なお宅のガラスを見ていますので一般的(普通のサイズ)か大型のサイズなのか見た感じで見分けますが、あくまでも”感覚”でしかありません。私から見たら大型のガラスでも、そこにお住いの方はそのガラスが”普通”だと思います。

階段から降ろせるサイズとしては、サッシ全体が横幅が1000mm、高さ2000mm程度ではないでしょうか。もちろん階段・廊下の幅や運搬経路によっても異る事となります。

大きなガラスを交換する方法(ベランダから降ろす)

ガラスが多き過ぎて階段から降ろせない場合はベランダから直接1階に降ろす方法も検討できます。そもそもサッシを外す場合は室内側ではなく室外方向に外して行きますので、2階の作業の場合はベランダ側にサッシを外す事になります。であれば、そのまま2階に二人、1階で受取るスタッフ二人合計4名もいれば降ろせる可能性も出てきます。手渡しで降ろせるシチュエーションであれば比較的容易です。手渡しで降ろせない場合は、袋状のシートに包める、またはロープで吊るす様にしてサッシごと1階に降ろす事も可能です。引っ越し屋さんもこの方法で大型の家具家電を降ろしたりしています。

大きなガラスを交換する方法(ベランダで作業する)

サッシを外してガラスだけであれば階段から搬入できる場合にはガラス交換をベランダで行う事も選択権の1つになります。なぜ1階に降して作業がしたいのか?と言うと作業台を使ってガラス交換の仕事をした方が作業がはかどりますし、ガラスのみを運ぶ時には、割れたガラスの細かな破片などを室内に落としてしまわないか非常に気にしなけてはいけません。その様な理由もありサッシに組まれたガラスをサッシ事1階に降ろしたいと考えるのですが、それが困難な状況でガラスだけであれば階段で搬入可能と言う事であれば、ベランダでガラスの入替を行う方法を選択する事になりますね。

まとめ

本日は2階の大きなガラスを交換する方法を検討してみました。中間市のお客様邸では運よく階段でサッシごと運べたのでラッキーでした。2階にガラスを運ぶ時はクロスや壁を傷つけない様に運ばなくてはなりませんのでかなり慎重に運ぶ必要があります。基本的には2階のガラスは階段で運べる寸歩に作られている事が殆どですが、まれにデザイン性の高い住宅やリフォームを行った事で階段で運搬出来ないサイズのサッシが設置されている事もあります。業者によっては2階以上の階のガラス交換をする時には別途費用がかかる事もあります。2階の大きなガラスはなるべく割らない様に気をつけて下さいね。

Posted by doorrd