google-site-verification=bRF_7Ofs8-iRkrWNNQS-vjRrcIz_PbsaOpWS7ruyOrg

内倒し窓の網戸はどうやって付ける?内倒し窓のメリット・デメリット

内倒し窓とは、書いて字のごとく、内側に倒れて来る窓の事です。最近では戸建て住宅での採用される機会も増えて来ましたが、以前は、団地やマンションなどの集合住宅がメインで使用されていた窓です。

本日は、内倒し窓についてメリット・デメリット、そして意外とお問い合わせの多い内倒し窓の網戸取付について解説して行きたいと思います。

太宰府市のガラス屋・ガラス修理・ドアノブ交換・ドア修理・網戸張替え専用ページ

内倒し窓のメリット

内倒し窓のメリットは

・防犯性

内倒し窓は基本的に”小窓”です。小窓は建築基準法の採光確保や換気の為に必要とされる事が多いです。だた引き違い窓などは開錠され泥棒侵入の危険性が伴いますが内倒し窓では余程の事が無い限り泥棒の侵入経路とはなり得ません。内倒し窓を外から壊すのは容易ではなく且つ開口部分が狭いので人が侵入するにはかなり無理があります。

・省スペース

引き違い窓と違って1枚のサッシ枠が室内側に倒れる内倒し窓は非常に省スペースな開口部分に設置可能です。浴室やトイレなど比較的間取りの狭い部分で使用されるケースが多いのもこう言った省スペースな利点が生かせる故だという事です。

内倒し窓のデメリット

・掃除がしにくい

実際にお客様から聞いた事なのですが内倒し窓は掃除がしにくい様です。通常のサッシは窓を取外す事が出来ますが内倒し窓を外すにはコツが必要です。私達サッシ屋は仕組みが分かっていますので取外してガラスの交換など行う事もあります。ただ一般の方にはちょっと難しく、それ為細かい溝など掃除はしにくいと言うお話しをお聞きする事があります。

・網戸がついていない

内倒し窓には網戸が取付られていないケースが多いです。マンションなど廊下部分に設置されている内倒し窓であれば下の画像の様に網戸が取付られます。

ただ廊下など足場がない場合、例えば2階以上の階層では内倒し窓の外側は空中と言う事なので網戸の取付が極めて困難です。内倒し窓で網戸が取りつけれない。とおっしゃるお客様が多いのはこう言った事が理由です。

引き違い窓であれば窓を取外し網戸から順番に取付ける事も出来ますが内倒し窓では窓を外す事が困難な上に網戸を固定するサッシ部分が無いケースも多々あります。

内倒し窓の網戸取付方法

通常では取付困難な内倒し窓の網戸を取付ける方法もございます。もっとも全ての内倒し窓に当てはまるとは限りませんが、私どもサッシ屋では一旦内倒し窓を外して網のみをサッシ枠に接着するか、通常の網戸(回りがサッシで作り込まれている網戸)を現場で工夫して設置する事があります。

もっともマンションなどの廊下で足場がある箇所の内倒し窓であれば比較的網戸の設置は容易かと思われます。

まとめ

本日は内倒し窓についての特徴や網戸が取付出来ない理由など説明しました。高層階で内倒し窓に網戸を設置する為には滑落しない様に十分な注意を払う必要があります。DIYでお考えの方はご注意下さいませ。

Posted by doorrd